先週のおでかけ

水曜には休みを取って、貴族の館へ・・・。
a0094449_20204286.jpg

a0094449_20214725.jpg冬のソナタにこういう場所を歩くシーンがあったらしいですね(この木は「ゆりのき」だそうです)。
a0094449_2023883.jpg
a0094449_20255863.jpg

a0094449_20235381.jpgバラ園なぞもありまして・・・


なーんちゃって。コレは公営の公園です。行き着いた先は、公園の端にある博物館でおこなわれていた、円仁という9世紀のお坊さんの中国旅行記(『入唐求法巡礼行記』)をはじめとする彼の生涯の展覧会。

a0094449_20322196.jpgこのお坊さんは比叡山座主(ようはトップですね)まで務めた高僧。で、曼荼羅塗り絵の体験コーナーもありました。この日は平日で大人ばかりの観覧でしたが、童心にもどり、私も一枚。
a0094449_20333797.jpg
私が選んだのは、太陽を意味する日天という神様です。これにしたのは、他のが妙に大きくて時間がかかりそうだったのと、「馬を愛する」うさラムたんにちなんでです。
この塗り絵、ある程度たまると博物館員さんがファイルにまとめてくれるそうです。すでに3冊ぐらいまとまっていたので写真に撮りたかったのですが、デジカメが壊れてしまい、シャッターが押せなくなりました(涙)。私、時々なんですが、キリスト教以外の宗教施設関連の写真を撮ると大失敗するんですよねー。一度なんぞ、中国のイスラム寺院の入口の写真を撮ったのですが、ボケボケ。寺の中なんかもあまり満足したものが撮れないです。

さてさて、肝心の展示。
ものすごくよかったです。6月3日閉幕だったので、ギリギリになって行ったわけですが、平日なのでそれほど混んでなかったし(でも思ったよりは人が多かった)、国宝やそれに準じたものが多かったこと。また、円仁の一生がよくわかるだけでなく、浄土教との関わりなどについてもわかりやすいパネルになっていた点など、私には大満足の展示でした。二つほど所有者が明記されていないものがありました。しかも、その一つが目玉の国宝『入唐求法巡礼行記』だったんですね。各部屋の隅に座るアルバイトさんも「図録にものってないからわかりません」と。うーん、個人蔵とも思えないので、宮内庁かなあ・・・。気になるぅ~!

まあ、こんな展示をしてくれた博物館は、円仁生誕の地(下野国都賀郡)も行政区にある
a0094449_20404824.jpg
栃木県立博物館でした。最寄駅である餃子の町宇都宮までは新幹線を利用したので近かったですが、交通費、メチャクチャ高くつきました(涙)。
帰りに餃子(焼き・水)食べました。一皿6コで345円は、良心的な値段と思いますが、アンが小さく、味も感動するほどのことはありませんでした・・・。これだったらラーメン屋の直久の餃子のほうがずっと美味しいような。

デジカメ後日談
土曜午後にカメラを取りに行きました。Canonに預けた時に新しい電池にしたら動き出し、またか(以前も似たようなことになったので)と修理に出すのを辞めようかと思ったのです。ところが、もともと私の機種は一部に不具合が出るかもと言われている機種。そこも見たいと持って行かれたのでした。結局、どこも悪いところはないようですが、念のため基盤を全部取り替えてくれたそうです。で、約1万円。中身が新品と思えば安いと考えるべきでしょう。レンズも磨いてくれたようですし・・・。
社員の方の話によると、使っている電池がいけないのではないかと。デジカメ用の単三電池です、と言ってみても、「メーカー推奨じゃないものを使うのがよくないんですよ」と平行線。よくよく聞くと各メーカーの最高種の乾電池でいいと。うーん。それに私は原則として充電可能な電池を使っているし・・・。本当はその充電電池もメーカーを合わせたほうがいいのだとか。
まあ、とにもかくも直ったのでよかったーと思ってます。ホント気に入っているもので・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/5689496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by greenagain at 2007-06-05 04:24
あぁ、気になってました、この企画展。遠いから諦めていました。貴重なレポート、有難うございます!
最近、地方の美術館、博物館、頑張ってますよね。自然もバックにあるし。東博は全く同感です!
マンダラ作成のワークショップ、今までに全国各地で開催された仏像関連企画展でありそうで無かったなぁと振り返りました。なるほど、と激しく膝を打ちました。
マンダラといえば、「マンダラ図はパチンコの台に似ている」と漫画「ファンシィ・ダンス」で描かれていたのをつい思い出します(苦笑。至言です)。
目玉の展示物、出典記載がないとはミステリアスですね。
Commented by eastwind-335 at 2007-06-06 02:06
greenagainさん、こんにちは。
地方の博物館、がんばってます。今回は時間をお金で買い新幹線に乗りましたが、次回はタラタラ行ってみようかなと思ってます。
そうだ、曼荼羅はパチンコ台そっくりですよね。あのファンシィ・ダンスをはじめ、岡野玲子さんのマンガは面白いですよねー。いまもPR誌(平凡社でしたっけ?)で連載されているのがあって、本屋でもらえるときはしっかりもらって読んでます。
by eastwind-335 | 2007-06-04 20:49 | 日常 | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る