うさラムたん、金ぱつようせいとインタビューに出る

*うさラムたんネタのため、ひらがな多用のタイトルとなっています*

うさラムたんは金髪妖精ことヤンゼンとプレスカンファレンス(PK)に出ました。
a0094449_22224058.jpg
なぜ、金髪妖精にピントがあっているのっ?!という声が聞こえてきそうです。ワタクシは、別にかまいませんのよ。うさラムたんは謙虚がいいところなんですもの。きっと後輩を立てた会見になったでしょう。(写真はDFBより)

しかもこのPKはライブで世界へ配信!!RTL内のSports.deで見ることができます。すでに、メッツェルダー、それから夜の帝王ヨギもPK済みで、こちらはビデオとしてみることができます。

そのことに気付いたのはライブが終了して10分。今日はツイていないものですわー。

うさラムたん、金髪妖精とうまくやれましたか?写真を見る限り、初々しさはうさラムたんの方が上みたいです。知らない人が見たら、新人を見守るヤンゼンと書くのでは?
どうも、土曜の試合、左は金髪妖精、右はうさラムたんでスタートとのこと。
一日おいたらRTL.deでこのPKが配信されることを期待します。


今日中に仕上げてメールしなければならない仕事があるので、それがすんだら、もう少し詳しいことをUPしたいと思います。終わりました・・・(疲)。






6月1日追記:ビデオがUPされていました。コチラで見られます。
相変わらずうさラムたん、早口でナニを言っているのだか、わかりません。ま、記者の関心は「左が二人、しかも同じチームになってしまったけれど、それって納得すみ?」という世界中のバイヤンファンやうさラムたんファンが気になっていることだったようですね。質問事項は全く聞こえてこない、答えの部分だけをカットしてつないだ作りになっていることもあり、ちょっと前後を推測しにくいところもあるのですが、知った単語をつなげるかぎり、「今回の2試合では、ぼくたち二人とも一緒のピッチに立つんです。右だろうと左だろうと、勝つためにそっちがいいというのだったら、ボクはやります」という感じでした。RTL内のSport.deのアップされた記事によると、今回のように金髪妖精が左、うさラムたんは右、という使い方をバイヤンはもちろんのこと、代表としても続けるかどうかは未定とのことですが・・・。確かに、うさラムたんは両利きを生かして左をやっているわけで、攻撃などの面でも左から来る方が意外性がありますよね。
このビデオは金髪妖精だけが答えている部分も編集されています(コチラ)。
二人とも、サン・マリノ戦はスロバキア戦のための調整になるでしょう、みたいなこと言ってます。ま、確かに前戦は大量得点でしたものねー。でも、サンマリノのみなさんこそナニをしだすかわからないわけで(なんてったって、「憧れのドイツのみなさん」と試合するんですものね)、怪我したりしないでねーと心配をしています。あんまり力の差があるチームとの試合は、弱いチームのリズムにいつの間にかのっちゃって、勝つのも大変~ということになるんですよねえ。
さてさて、うさラムたん。冷静にみたところ、プレゼン能力は金髪妖精のほうがちょっと上みたいですよ。
でも、私もコドモのときちゃんと自分の考えていることや、どうしてそう考えたかをわかってもらいたいから、一生懸命話そうとしてああなってました。私もパパやママに「もっとゆっくりはっきりお話なさいね。すぐに答えなくてもいいのよ。頭の中で一度考えてからでも間に合うの。ごにょごにょ話していたら、せっかくよい話をしても、台無しになってしまいますよ。」っ言われてたもの。だからよく気持ちはよくわかるんだけどね!
a0094449_651497.jpgそしてやっぱり代表としては先輩。ユーモアのある答え方はうさラムたんの方が上だったようです。チームとしては散々な結果に終わった今シーズンですが、来シーズンにむけて、Bayern Blockと表現されるように、この二人のほかにもオナガオコジョ、コブタ、ポ王子と、バイヤンはたくさんの代表選手を抱えています。'Es ist ein kleiner Vorteil, wenn viele Nationalspieler bei einem Verein spielen und jeden Tag miteinander trainieren'(こんなたくさん代表選手がいて、毎日一緒に練習できるんだから、ちょっとトクだよね) (写真はRTL.deより)

このPKと関係あるかわかりませんが、サンマリノ戦開始前に、うさラムたんは、金髪妖精と一緒にバイエルン地方のサッカー協会の"Keine Gewalt im Jugendbereich"に参加するそうです。記事はこちら
a0094449_136321.jpg
(写真はDFBより)
"Ich kenne die Probleme im Jugendbereich gut. Meine Mutter ist Jugendleiterin beim FT Gern und berichtet auch immer wieder über ihre Erfahrungen. Daher finde ich die neue Aktion gut und dringend notwendig"ボクも少年たちの問題はよく知ってる。うちのおかあさんもFT Gernで少年チームで指導してるし、しょっちゅうこの手の話は聞いてるよ。だから、ボクはこの新しい活動って良いことしてるし、間違いなく必要だと思うけど
とお仕事に前向き。
この活動は、親にも「もっと自分でもプレーして、楽しんで、文句ばかり言うのはやめようよ。いつも勝たなきゃいけないことはないんだ。そうすれば、Schiedsrichter(審判)にも相手チームにもフェアでいられるますよ」というアドバイスも提言するのだとか。やっぱり親がカーっとなると子供にもそういう感情が移りますものね。

a0094449_0443582.jpg
最後にうさラムたんの公式にEM08予選に向けてのコメントがをご紹介。
「代表チームで試合ができるって、ぼくにとってとっても名誉なことだな。」サンマリノ戦とスロバキア戦は是非是非勝ちたいところ。「6点(つまり2試合勝つ)のは義務。そのことをもう一度チームにわからせたい」とヨギ監督も話してます。うさラムたんは「この2試合は大切だし、ゼッタイに勝ちたい。勝ったらうまく勝ち抜けるし、いい体験をして(いい気分でニコラちゃんと)休暇旅行にいけるしね」と,さすが、よい子。監督の言いたいこと、わかってますね!
私、この写真が気に入りました!でも今回の招集は白ジャージだったようですね。(うさラムたん公式HPより)
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/5670795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by コリアンダー at 2007-06-01 23:48 x
おぉお詳細ありがとうございます。アタシはドイツ語ができないので毎度ありがたいです。ラムたんも心中穏やかではないかも知れませんが、いつも笑顔でエライですね。
一番下の写真はなんだか、男前路線ですね。明日も男前なプレーを見せてくれるとうれしいんだけど♪
Commented by 東風 at 2007-06-03 05:48 x
コリアンダーさん、こんにちは。
サンマリノ戦でも金髪妖精は1点いれちゃったそうですし。うさラムたん、右確定、かも・・・。身長差は大きいです。
ちゃんと右で仕事をしたのか、録画を見終わったあとのコリアンダーさんのコメントが楽しみです。うさラムたん、男前でしたか?
by eastwind-335 | 2007-05-31 22:26 | バイヤン | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る