もし自分と同じ服を着た人に会ったら・・・

生まれて初めて、自分と全く同じ格好の人を見かけました。

私はインナーと呼ばれるもの(シャツ、Tシャツなど)はユニクロかGapで買うことが多いです。これは、土日でも着られ、手入れも楽だし、値段も安いからです。
ここ数年、GapではヘソがでるピチピチしたTシャツやポロシャツが多かったのですが、今年は、私でも大丈夫な丈のものが増えました。で、GWにまとめて購入しました。

で、その時購入した茶のストライプのポロシャツにジーンズで買い物に出かけたところ、信号待ちしていた横断歩道の向こう、ほぼ真正面に、私と全く同じ格好をした同年代の女性を発見。
これまで私は人と同じような服を着ることはほとんどありませんでした。もちろん、白シャツ・紺(または黒、グレー)などのスカートを着用しているという人が何人もいるってことはありますよ。でも、アクセサリーが違うわけで、それほど気にしたことはありませんでした。

真正面で似た格好の人を見かけた衝撃!しかも彼女のほうが似合っていたような気がします。

ストライプの色と幅が気に入って即決して購入したポロシャツとはいえ、ありふれた格好だし、そりゃあGapが東京に何店あるかを考えれば、別に動揺するほどのことではないのですけれどもね。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/5619555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 筍母 at 2007-05-21 23:51 x
同じ服・・・ドッキリしますよね。そして見なかったことにしたくなるというか。
うちの体験談ですが、昨年の筍娘の入学式で、なんとまったくおんなじワンピの子が同じクラスに!
一瞬ひえ~~~と思いましたが、筍娘の方が似合ってて可愛かったからいいやと思いました(バカ親)
Commented by anthonberg at 2007-05-22 03:19
Gapやユニクロだと絶対同じ服を着ている人がいそうですよね。そういえば私の姉は札幌にGapがない頃は必ず東京に来た時はGapでした。(まぁ今でも買ってるけど。)
私も通販で買ったコートを着て出かけたら同じコートを着ている人に会った事があります!それ以来そのコート着れなかった。(笑)そして今デンに持って来てます♪
私は日本に帰ったら絶対ユニクロに行くぞー!と張り切ってます♪ユニクロのインナーって結構いいですよね!私大好きです。
Commented by akberlin at 2007-05-22 06:09
ウチの母は昔、某有名デパートであつらえてもらったお気に入りの
服と同じ柄のパンツをコインランドリーで洗っている人を見つけて
しまったそうです・・・。
Commented by 東風 at 2007-05-22 07:14 x
筍母さん、こんにちは。
うわー、びっくり、ですね!しかも入学式で!!
親ばかじゃなくて、ホントに筍嬢ちゃん、かわいいはず!絶対に似合っていたに違いない。
確かに小学校の入学式や卒業式で同じような服にならないよう、母親がかなり気を遣っていました。
Commented by 東風 at 2007-05-22 07:18 x
anthonbergさん、こんにちは。
自分が着てないときに「あ、同じ服、ワタシも持ってる♪」ですむんですけれど、信号待ちで真正面に首から上だけが違う人にあった時・・・。
今年はユニクロよりGapのほうが私の好みに合うかな。あ、銀座のユニクロは雑誌や海外のデザイナーとコラボレーションした服があるんです。これは、オシャレなデザインですよ。
Commented by 東風 at 2007-05-22 07:27 x
akberlinさん、こんにちは。
パンツってどっちでしょうか?(私の世代はこの言葉、子供のころは下着だったのに、成人してからは洋服になっているから、時々失敗してしまうんです)
いずれにしても、お母様のショック、お察しします。でも、ステキなデザインの布だったのかなあ。「おあつらえ」いい響きー。この前、銀座でお誂えをするお店のショーウィンドがあまりにもステキだったので、思い切ってお店に入って話を伺いました。確かに布地はステキ、デザインもステキ。それ以上にお値段もステキでした。ワンピース一着が、私の年間予定服装代の3倍ぐらいしていました。
Commented by akberlin at 2007-05-23 04:44
銀座でお誂え。いいですねぇ。着道楽、なんて言うところから
はるか彼方、遠いところにいる私でも一生に一度くらいはあつらえ服を
着てみたいと憧れます。着道楽の女流作家がパリのシャネルで服を
誂えたら地方のOLの年収くらいだったそうですが、そこまでは行か
なくても・・・。でも着るものよりも旅行を優先したこれまでの人生、
おかげでイングランドプレミアのサッカーも2度も見ましたが、その分
を服にまわしてナンボっていう女心も捨てちゃいかんですな・・・。

・・・あ、ちなみに母の話↑のパンツはホントに下着だったそうで・・・。
Commented by eastwind-335 at 2007-05-23 06:02
akberlinさん、こんにちは。
あまりのお値段のステキさに「よーく考えて伺いマース」と出直した私です。
私も着道楽には程遠く、旅行にお金を使ってしまいます。
私、学生時代にお世話になった先生のお友達の関係で、4,5年前まで一年おきぐらいにネパールへ行っていた時期があるんです。ネパールへ行けばそれほどお金はかからないのですが、それでも1週間あまりの滞在で出発から帰国後のお片づけ(写真現像)を含めたトータルの費用は、カルティエのタンクなんちゃらという腕時計一本分に相当したようです(先輩が急遽いけなくなったときに、腕時計を買ったのがきっかけで、我々の間では、1旅行=1カルティエというコトに)
あの女流作家さんのシャネル体験記、私もリアルタイムで読みましたよ。うちの母親は「この人、お金の使い方がわかってない」と憤激してました。どれもこれも彼女は芸の肥やしにしているので元手を取っているようですが、バブル、でしたよね!
by eastwind-335 | 2007-05-21 17:14 | 日常 | Trackback | Comments(8)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る