シュペッツェレはママの味♪

元プロテニスプレーヤーの伊達君子さん。
以前、「家の中は誰が来ても困らないように、いつも片付いていないとイヤなの」と朝日新聞で紹介されていて、通勤車内で「こういう風に律することができるから、世界のダテになれたんだわ」と感心したことがあります。人が来ないからいけないのか、だから人を呼ばないのか、考えるだけなんだか空しくなるので、考えないようにしていますが、ま、片付いていないとイヤと言い切れないことだけは自信を持ってます。

さてさて、土曜の午前中の民放の放送に、生活を豊かにするためのヒントを伝えるほんの5分ぐらいのミニ番組(暮らしのレシピ)があります。土曜の午前中は時計代わりに、この番組前後を点けっぱなしにすることが多いので、結構好きで見ています。今月は、その伊達さんの日常を伝えてます。。

彼女のパートナーはミハエル・クルム(レーサー)です。
彼女がクルム氏と結婚するに当たり、クルムさんのお姉さんから渡されたお手製クッキングブックが紹介されていました。彼の出身である南ドイツの料理をおばあさん(お母さん?)の料理中の写真や、お姉さんが描いたらしきイラストで紹介した、ステキなクッキングブックでした。

いっとう最初のページに「Ich esse alles, aber・・・」という文章の下に、
料理に関する10か条が書かれていました。レーサーとして減量する必要もあるでしょうし、いろいろな注意事項があるのでしょう。
その中の一つに「今まで見たことのないもの、おじいさんが食べたことのないものは食べない」とかいうのがあるんですって。面白い表現だなあーと思いました。レポーターさんが「うわ、偏食なんですね」と正直な感想を述べたら、伊達さんも「そうなんですよ」と苦笑い。

今日は、彼の好きなシュペッツェレを作る伊達さんでした。ソースとシュペッツェレの生地の大部分は伊達さんが、ゆでるのはクルム氏のようです。オフクロの味なのでしょう。ダテさん、「無理はしませんよー」と言ってました。

さっき、うさラムたんがコドモたちの質問に答えるFCBtvのビデオ(この時は一度も紙芝居にならなかった!)を見ていました。7,8歳ぐらいのコドモがインタビュアーなんですよ。だから、質問用紙がスラスラ読めないんです!つっかえつっかえ読む子供たち(ラムたんはあたたかい表情でとっても嬉しそうに見ていて、ああ、この人ホントにコドモ好きなんだなと思いましたが)が、
「すきな食べ物はなんですか?」と質問したら
「ザワークラウト付きのシュペッツェレ(何度聞いてもSchnitzelには聞こえない)。おばあちゃんがつくってくれるやつだよ」と。
え?ザウワークラウト付きのパスタっちゅうことでしょうか?そういうのってあるのかしらん?

「何かおまもりマスコット(Gluecksbringerと聞こえました)もってますか?」と聞かれ「ううん、何も」とうさラムたんが答えたら、もうひとりの子が「ボク、持ってきた。あげるよ」と何やら小さな人形キーホルダーを。ベルニーでもゴレオでもありませんでした。すっごく嬉しそうに受け取るうさラムたん。その後でサインをするときもずーっとこれを握ってましたよ!

4月の「今月のバイヤンガール」さんはうさラムたんファンの身長約162センチ(推測)の健康的なお嬢さんなのですが、お仕事が終わってトップチームの選手はもちろんヒッツ監督とまで写真を取り終わったのに、うさラムたんは現れない。やっと来たラムたんですが、
「今日の試合、そんなに良いデキじゃないのにな。ここでニッコリって、やだなあ。えー、ぼく、お家へ帰ってニコラちゃんに早くあいたいなー。サクサク写真をとってくれないかなあ。」
という感じの「お付き合い程度のにっこり」でびっくりした私です。

あ、あれ?伊達君子さんの料理の話だったのに・・・うさラムたんネタに・・・。

ま、とにかく、シュペッツェレはママの味♪ってことです。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/5608197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anthonberg at 2007-05-19 16:47
久々に伊達公子さんの話題だー。私彼女のファンでした!
しかも夫のミハエルも好きですー。話題が一気にうさラムたんになってますね。(笑)
『何度聞いてもSchnitzelには聞こえない』というのは方言とか訛りがあるって意味ですか?場所に寄って呼び方が違うとか?
ドイツ広いから北と南ではわかるけど全然違うって言いますよね。
ママの味があっていいなー。
Commented by nyf1403 at 2007-05-19 19:14
>「今まで見たことのないもの、おじいさんが食べたことのないものは食べない」・・これはシュヴァーベ人間、老若男女、ありますよ。でも、これを「偏食」というのは間違いですね、日本人。偏食じゃなくて保守的なんです。そこんとこ、ちょっとひっかかりましたわ。
それから、Sauerkrautつきシュペッツレ、というか、一緒に炒めるのがありますよ。シュペッツレじゃない、他のを使う事が多いんですが。ニョッキに似たものを使います。
Commented by greenagain at 2007-05-19 22:33
最初の5行ですっかりへこんだワタクシです。
伊達さん、ファンです。好きな人にきつい事を言われると効く~(号泣)。多分、日頃出入りが多い環境だと自然ときちんとするようになるのでしょうね。
Commented by akberlin at 2007-05-20 00:20
シュヴァーベン風のパスタの一種でショプフヌーデルンという
糸巻き型のニョッキ、というかジャガイモの入ったパスタ
(ヌーデルン)があるんですが、これはザウアークラウトとともに
炒めて食べるものなんだそうです。(←ウチのドイツ人談)
・・・パック入りのヌーデルンとザウアークラウトを買ってきて
炒めるだけ。究極の手抜き!でもドイツ人ウケは下手なものよりも
ずっといいので私のなによりのお助けメニューかも(^^;)。
Commented by nyf1403 at 2007-05-20 00:27
akberlinさん、それそれ、私が言いたかったのはそれです。手抜き料理ですが、ザウワークラウトでなくても、キャベツを細く切って、ベーコンとかと炒めて白ワインで蒸して柔らかくなったところにこれをぶちこみ、というのも、ちょいと手をかけていて、美味しいです。ビールが旨い料理ざんす。
Commented by greenagain at 2007-05-20 06:38
↑nyf1403さん、美味しそうです。朝食前だからお腹がなる~!
(ああ、早く台所へ行かねば!父が既に活動を始めている・・・)
東風さん、失礼しました。
Commented by 東風 at 2007-05-20 19:12 x
anthonbergさん、こんにちは。
すいません、最後はうさラムたんネタになってしまって。でも、最初は本当はダテさんネタで終わる予定だったんですよ。それが書く直前に見たFCBtvの「うさラムたんに聞こう」コーナーで、「シュペッツレ」って聞こえたので。最後はそこに収まりました。ふふ。
ザワークラウトって普通付け合せだから、「シュ×××レ」と聞こえたとき、カツレツを意味する「シュニッツェル」だろうと思ったけれど、何度も聞きなおしていたら(単に画面がすぐに止まってしまうから)、シュペッツレとしか聞こえず、えー?!と思っていたのです。でもそういう食事があるようですね。
Commented by 東風 at 2007-05-20 19:18 x
nyfさん、こんにちは。
いやあ、私がnyfさんとお会いした時食べたアレと同じだとしたら、ザワークラウトmit シュペッツレなんてありえなーい、うさラムたん、カツレツって言いたかったのに間違えたのかな、と思っていたのですが、れっきとした家庭料理なんですね。
うーん、キムチとウドンを炒めるようなものかしら(私、ブタ小間が残ったりしたらよく作ります)。しかし、うさラムたんは、Omaが作ったのが好きって言ってましたよ。ママは少年サッカーの仕事で忙しいのでしょうか。それとも、おじいちゃんが食べたことがないものは食べない主義なのでしょうか。
それから、偏食うんぬんのことですが、クッキングブックによると、なんだかコレはだめ、アレはだめなんてものもあるようで、そこを含めての話みたいでした。
Commented by 東風 at 2007-05-20 19:40 x
greenagainさん、こんにちは。
私も朝日新聞でそれを読んだときは、「これでいいのか、自分!」と車内でがっくりきましたよー。でも、つくづく思いました。お母さんがキレイ好きで、子供の時からそういう家で大きくなった、伊達さんはとインタビューで答えていましたが。
私たちは片付けのことより、おいしく手軽なドイツ家庭料理を作るほうに情熱を傾けましょうよ!
Commented by 東風 at 2007-05-20 19:48 x
akberlinさん、こんにちは。
手軽でかつ美味しいドイツ家庭料理を教えてくださってありがとうございました。ザウアークラウト=肉料理の付け合せと思いこみ、うさラムたんを一瞬にせよ疑ったワタクシ、深く反省しています。
うさラムたんの好物がわかるきっかけになった相方さまによろしくお伝えください。相方さまもOmaが作ったのが好きなのでしょうか?
Commented by himekagura at 2007-05-21 10:19 x
ザウアークラウトとシュペッツェレ、って、私にとってもかなり意外な組み合わせです。
でも、あんまり深漬けでないザウアークラウトと、シュペッツェレにベーコンを炒めたとしたら、、かなり美味しそう!!どんなものか一度食べて見たいです~。
おじいちゃんの食べたことのないものは食べない、、って本当にかなり食に関して保守的ですね。日本食は駄目なのかしら?
Commented by eastwind-335 at 2007-05-21 18:56
himekaguraさん、こんにちは
ワタシの日本のおじいちゃんもおばあちゃんも食べたことがないから、と言いたくなりましたが、実際には、ザウアークラウトとシュペッツレは地方色豊かなドイツ料理の一つだったんですよねー。
伊達さん、現役時代さながらの勝負師ぶりを発揮して、クルム氏に上手に日本食を勧めていそうじゃありません?あ、ひょっとしたら、おじいさんやおばあさんに火の通った日本食を体験させてあるかも。
by eastwind-335 | 2007-05-19 10:51 | 日常 | Trackback | Comments(12)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る