うさラムたん、メンヒェングラッドバッハでの勝ちゲームをおやくそく(追記あり)

*うさラムたんネタのため、ひらがな多用のタイトルになっています*

崖っぷちからずり落ちた(でも4位)バイヤンと、次のシーズンはブンデス2部へずり落ち決定のボルシア・メンヒェングラッドバッハでの試合を前に、うさラムたん、バイヤン公式HPによると、チームメートに「私たちはファンの為に再び良いプレーをしなければならない、試合ではつまらないプレーは許されない。」(相変わらず、ドキドキしてしまう日本語だこと)と言ったそうですよ。

極東のバイヤンファンのブロガーさんたちの中では、「終わった」感が漂う06-07シーズン。公式HPのチーム同様に痛々しい日本語コメントの更新ごとに「日本語とチームの調子は比例する」と考える私は胸が痛くなります。↓のような、へなちょこ脳内翻訳機でなんちゃって翻訳をする私が言うのもなんですが、来季からは、もう少しサッカーのことを、少なくともバイヤンの選手のキャラをわかっている人が訳してくれるとうれしいです。そしたら、絶対に来季は優勝できると思うのですけれども。

a0094449_7533852.jpgHipp, hipp, hurra! Hops, hops, hurra! (フレー、フレー、ぴょんぴょんだ!)

次こそは勝つよ!と一生懸命練習をするうさラムたん(バイヤン公式HPより) 
ボール出しをしているのは誰なのかなあ・・・


うさラムたん公式HPでも、ファンのみんなに誓ってます!
Philipp kennt das Geschäft und weiß genau: "Wenn man bei Bayern verliert, dann wird man zerrissen." Für die letzten drei Spiele verspricht Philipp deshalb: "Wir wollen zeigen, dass wir noch Fußball spielen können. Dass wir nach vorne spielen und einen Gegner dominieren können."

彼はお仕事をわかっているし、バイヤンが負けると、みんな面白がるということを心得てします(kennenとwissenの違いっていうのを、口うるさくゲーテで言われましたが、こういうことだったのか!)。先の3戦での負けに対して「ぼくたちは、まだサッカーをやっているってことを、僕たちは前を目指して試合をするし、対戦チームを支配することができる(勝てる)って、わからせたいんだ。」と約束しました。

Beginnend mit dem Spiel am Samstag. Der FC Bayern muss dafür nach Mönchengladbach reisen. Gegen die Borussia soll nach zwei Niederlagen in Folge endlich wieder gewonnen werden. "Wir müssen zeigen, dass wir besser Fußball spielen können als in den letzten Wochen", sagte Philipp, der dies auch als Verpflichtung gegenüber den Anhängern sieht. "Wir haben genügend Fans, die uns die Daumen drücken."

まずは、土曜のグラッドバッハ戦からです。連続2敗のあとですから、この試合では勝たなければなりません。「ぼくたちは、先週みたいな(ヘナチョコ)試合よりずっといい試合をしなくちゃ。ぼくたちには、僕たちに勝ちだけを望んでいるたくさんのファンがいるんだよ」

Einfach wird die Partie gegen den Absteiger aber nicht, das weiß auch Philipp. "Sie werden gegen uns nochmals alles geben, denn mit einem Sieg gegen den FC Bayern können auch sie ihre Fans etwas versöhnen." Zusätzlich plagen die Münchner vor der Partie gegen die Borussia einige Personalsorgen. "Viele sind verletzt und andere gesperrt", so Philipp, der aber verspricht: "Wir werden das Spiel gegen Gladbach nicht herschenken."

でも、そんなに簡単じゃないことも心得てます。「下位チームは何度もぼくたちに対してなりふり構わずくると思うんだ。っていうのは、バイヤンに勝てば、彼らのファンの何らかの怒りをなだめることができるでしょ。」それだけでなく、バイヤンはボルシア戦を前に、選手の故障問題もあります。「たくさんのおおきなおともだちが怪我したり、(たくさんきいろい紙をもらって)出場停止なんだよね」だからこそ、うさラムたんは誓うのです。「グラッドバッハ戦ではまけないよ!」と。

5月6日追記:
1-1で引き分け。最下位チームに勝ち点1のプレゼントとなりました。
しかも、どうも、うさラムたんがいけないらしいです(ティッカーだけ見ると)。
ひょっとしたら新しいおともだちになるかもしれない、そして同じポジションを争うことになるかもしれない「金髪妖精」のアピール活躍ぶりに自信喪失して、もう穴から出てこないかも・・・。
どなたか、動画をご覧になった方がいらしたら、実際のところをお知らせください(涙)。

うさラムたんには「もう、無理して「勝つ」とか言わなくていいのよ。」といいたいです。チームとして、うさラムたんにコメントを求めないでほしいです。

今、フジテレビでCL特集をやっているのですが、日本の誇る元国際審判である上川さんがゲストで呼ばれています。で、99年に、イラン戦で別の選手に2枚目のイエローを出したら、アリ・カリミに後ろから突き飛ばされ、蹴られ、という「怖い目にあった」体験を話していました。いや、それだけのことです。はい。バイヤンでも、そういう暴れん坊がいるんだなあと、それだけです。
そして、どういうわけか、プレミアリーグの試合を日本テレビでもやってます(今日はマンチェスターダービーの日)。こうなったら、テレ朝にブンデスの試合もやってほしいなあ。ムリかな。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/5533666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 筍母 at 2007-05-05 22:40 x
ラムたんに球出ししてるのはオットルくんだと思います(^^)
私はこの形(奥足を高く持ち上げてのインサイド)でボールをうまく足元におさめるラムたんが可愛くて大好き。受けた足の逆の手がねこにゃんになってるの見ると激しく萌え~~~~でございますよ。
さてそろそろ試合が始まった頃でしょうか。
↑のような動くラムたんが見られなくて残念なんですけど、どこかで文字実況を探して見守ろうっと!
Commented by 東風 at 2007-05-06 08:26 x
筍母さん、こんにちは。
そうかー!オットル君ですね。ふふ。
しかし、この心和む写真とは裏腹に、どうも、どうも・・・。ふへーん。DFBの文字実況を見ながら、「えー?えー?ちょっと、どうしてもう一点が取れないのかしら?」と。
気のせいかラムたんの名前が良く出てきていて・・・。最初は、よしよし、センタリングをあげて、おともだちにボールを出してあげてね、だったのに、最後には「ラムたん!人を見てボールを出してる?」と画面に向って空気椅子状態。
ラムたん、何だかヤバいことになってません?あのう、動画かハイライトをご覧になったら、ご一報をお待ちしております。
Commented by コリアンダー at 2007-05-06 13:45 x
FCB.tvのモヤモヤ動画ハイライトを見ただけですので詳しいことはわかりませんが、特別、ラムたんがやらかした的な映像はありませんでしたよ(^_^)強いて言えば、インスーアにぶっちぎられているシーンで、例によって必死に後ろから追いかけてシュートに間に合わず、でも最後まで食らいついてがむばってタックルしてました。「ブンデスリーガ・ハイライト」見たらもうちょっとちゃんとした感想を書きます。
Commented by 東風 at 2007-05-06 17:38 x
コリアンダーさん、こんにちは。
ラムたん、やらかしてないといいのですが。Klugeが決めるきっかけになったのは、どうもラムたんの49分ごろのセンタリングが「起点」みたいに読めるのです。はあ・・・。前半も、El Fakiriがラムたんの攻撃を止めた、みたいな見出し付きの写真をKickerで見つけて、「サブ組」扱いされた昨日のバイヤンのメンバーの中で、うまく機能しなかったのかな、と。
公式の日本語は、修行状態で、特にウリおじさんのコメント、もう何が何だかわかりません。負けなかったからヨシとする、という意味に意訳して読みました。ブンデスリーガーハイライトのご報告、お待ちしてます。
by eastwind-335 | 2007-05-05 08:00 | バイヤン | Trackback | Comments(4)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る