うさラムたん、こうつうあんぜんをうったえるポスターになる

*うさラムたんネタのため、ひらがな多用のタイトルとなっています*

日本でも春の交通安全週間がありますが、ドイツでは若者の交通違反、とりわけスピード違反が増え、死傷者数が増えていることが問題になり、キャンペーンHast du die Groesse?-Fahr mit Verantwortung- うーん、日本語だとどう直すのでしょうか。ースゴっ、て思っている?責任をもって走ろうよーというところでしょうか。

4月21日付けのZDFのHeuteでもこのことが取り上げられていました(。そこに幟がでていて、その一つが、なんとなく、うさラムたんに似ているのです。
しかし、正直言って
  
a0094449_1975232.jpg
  シ ョ ボ い ・・・ 嘘 く さ い・・・

a0094449_1912459.jpg女子二人に比べると、どうにもこうにもショボい。あごの梅干状態は何?!何?!。いや、いつものうさラムたんはこんな顔しないし・・・。最近、うさラムたんもドイツの男子に髪型とか真似されるようになったのかなー、なんて思っていたのです。コピーをググったものの特にヒットせず、うさラムたんの公式HPにも全く載ってないし・・・きっとこれは、ドイツの若手お笑いタレントだ、と信じて就寝。







akberlinさんが、「アドカードにGroenemeyerとラムたんのがあったので」と送ってくださったものが週末届いていました(マンションの郵便受けを覗かずにいたので、気付いたのは今朝だったのですが・・・)。

a0094449_19184417.jpgこんなかわいい、まるで数ヵ月後のクヌートのような封筒に入って、出てきたものは・・・


a0094449_19194691.jpgインタビュー雑誌に出たらしい、HerbieことGroenemeyerと


a0094449_19204137.jpg



うさラムたん
うさラムたん
うさラムたん
でした。

ホ ン モ ノ 確 定

Raser bekommen, so viel respekt
このラムたんの困ったもんだ(見ている私の方が困ります)、という顔と、指でちょっとの寸法を意味するような格好から、「スピードだしたら、みんながスゲエって思うじゃん?」という人に反語的にnoを言いたいということでしょう。

akberlinさん、日本では絶対に紹介されない、うさラムたんの表情のカードを送ってくださってありがとうございます。

このカードが送られてきたおかげで、いろんなことがわかってきました。
この仕事、ドイツの国土交通省のお仕事なんです。
2007年にアウトバーンほかで見ることができる看板にうさラムたんが登場というわけなのです。
関連HPはこちら(目下、ラムたんの写真をクリックすると別の女性の看板が高速沿いにかかっているのがわかるようになっています。またPDFもあるようですが、これが重いのか、まだきちんと仕上がっていないのか、とにかくフリーズしやすいのでご注意)
看板だと、うさラムたんのフレーズは「Raser sind so cool」(スピード狂ってそんなにイケてる?)みたいですね。

無免許スピード違反の経験があるコブタちゃん(@療養中)とか、自分の車を酔っ払った先輩に運転させて練習場に向ったオナガオコジョことヤン・シュラウドラフ、注意されたら肘ウチか後ろ足キックをしそうなポ王子には絶対に廻ってこない仕事ですね。
いまや、ドイツの青少年のロールモデルはうさラムたんなのでしょうか。
お姉さん、確か、警察で交通取締りをしているんですよね。サッカー選手にならなかったらお姉ちゃんと一緒に警官になったかも、なんていうぐらいですから、AudiのS4を乗るにしてもそりゃあ、安全運転でしょう・・・。

しかし、このなんともいえない顔、ちょっと疲れもあるようだし・・・こんな仕事を引き受けてないで、試合に向けて体を休めて欲しいと、ラムたんの代理人にちょっと檄を飛ばしたい気分の私です。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/5472282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 筍母 at 2007-04-24 00:02 x
あっはっはっは、残念!ホンモノだったんですね~
なんてビミョーな表情なんだぁ!!選んだ人はきっとバイヤン好きじゃないんでしょう(^^;)
ドイツの人の安全運転の定義がよくわからないので、どんだけ飛ばすとスピード狂認定されるのか???ですが、4リッターカーに乗ってて時速60キロとかは有り得んロッベンだと思いま~す!

Commented by nyf1403 at 2007-04-24 02:27 x
確かに、ポやシュ達には絶対オファーがこないお仕事ですね。ラムたんなら、若者の模範となりうる、とお国のお墨付き?
そして、きちんとドイツ車にのっているんですね、でも、BMWじゃないのね。いいのか?あ、AudiもIngolstadtだからバイエルン?
Commented by akberlin at 2007-04-24 02:46
東風さん的に「・・・なぜここまでして・・・ラムたん?」なキャンペーン
でしょうか。ドイツでも地味ですよ。あれは幻だったのか、と思うくらい
このポストカードのあと、ポスターも駅貼り広告もなんにも見ません・・・。
Commented by 東風 at 2007-04-24 05:18 x
筍母さん、こんにちは。
今回のお仕事を通じて、ラムたんには、作り出せる表情が少ないことが判明しました。ひょっとして、自分も4リッターカー所有者として、心のそこでは「飛ばしたーい」とおもっているのに、こんな仕事引き受けちゃって、どうしよ、と思っているのかなとこちらがウガってみたくなるような表情ですよー。しかもバイヤンのあの試合がこのあと(結果だけですが)報道されたわけで・・・。
いま、wikiったところ、普通乗用車だと速度無制限のところだと推奨は時速130キロが標準。制限のところは100キロ、これとは別にschnell Strasseというカテゴリーの道があり、これは最大120キロの制限のある道のようです。市街地内は50キロ制限、それ以外は100キロというのがお約束みたいですね。
私は免許は持っているのですが、乗らなくなって10年。その前もほとんど乗ってないに等しい状態だったのでピンと来ないのですが、筍母さんだとどういうことになるかがお分かりかと思います。
Commented by eastwind-335 at 2007-04-24 06:55
nyfさん、こんにちは。
筍母さんのブログで、バイヤンのトップチームの選手にはスポンサーであるAudiから車が提供されていると紹介されているんですよ。Stuttgartだとベンツなのでしょうか。それともシュヴァーベらしく、堅実なチームが車は受け取らないのかな・・・。
国としては、ポ王子やコブタちゃんにはお任せできない仕事ですが、彼ら二人だったら、一発撮りOK、という顔を苦労なく作り出せそうな気がします。ラムたんは担当者泣かせだったと思いますよ。
代表選手の中でも「無傷・無菌」のラムたん、こういう公共広告のお仕事がピッタリなように思いますが、ドイツには他にいないのでしょうかねえ。今の日本代表にこういうお仕事をできる選手、いるかなあ・・と考えてしまいます。
カードをもっているぬいぐるみはお会いした時に連れて行っていただいたシュタイフで悩んでいたのと同じものです。結局、フランクフルトで最初に「日本へ行きたいです」と心に訴えてきたクマを連れて帰りました。
Commented by eastwind-335 at 2007-04-24 07:01
akberlinさん、こんにちは。
今回の謎が解けたのは、akberlinさんの下さったカードのおかげです!
DVRのサイトによると、どうも22日ぐらいから全国展開となるみたいなので、次にアウトバーンを走ったら、あちこちでラムたんの顔を見ることができるかもしれません。私だったら、この看板(の不出来)に動揺して、逆に事故りそうな気がします。
目下の心配は、ラムたんのこの顔にさらにいたずら書きをされて、見るも無残なドイツ代表選手になってしまったら・・・と。
ところで、このジェスチャー、ドイツでは意味があるのでしょうか?そして何度考えてもdie Groesseの意味がピンと来ないんですよ。若者言葉なのかしらん。
Commented by 筍母 at 2007-04-24 20:39 x
東風さん、ドイツの制限速度を調べてくださってありがとうです!
道路の形態にもよりますけど、無制限コースの推奨130キロっていうのはすっごく走りやすそう!制限あっても100キロ、ということはきっと車専用道路なんでしょうね。
我が家の方はとってもイナカなのでドイツと似たような状況だったりします(^^;)
市街地ではスピード出さないように気をつけていますが、人の歩いてない夜の山道や高速なんかでは無線受信機をひたすら信用してぶっ飛ばす悪い母さんです。えヘっラムたんに怒られちゃう~♪
Commented by eastwind-335 at 2007-04-25 08:18
筍母さんこんにちは。
どうか、安全運転を!ラムたんのあのビミョウな顔で怒られませんように。

私も免許をとって5,6年、「地元の街限定免許」と同級生に陰口をたたかれつつも、月に一度ぐらい買い物のために両親を乗せていた時期もありました(遠い目)。仮免中には「いつかアウトバーンを走ってみたいんです!」と勇気を出して教習所教官に告げたことがあったのですが、「いや、アンタの場合はあの街のせっまい道を上手く曲がれるかの方が先で、ドイツのまっすぐな道なんて大したことない。それ以前だ!」と叱られていたのでした(汗)。どうも、私には二輪車(自転車)のほうが向いているようです。
Commented by まい-mai- at 2007-04-26 07:45 x
アウトバーン、実際ものすごいスピードで走ってる車がいっぱいいます。
追い越されるだけでこっちがビビるようなのもいます。
しかも私は助手席でビビってます(爆
あのスピードだと、看板はまったく目に入らないものと思われます<意味ないじゃん

しかし・・・本当に”ビミョー”な表情ですねぇ・・・。
Commented by 東風 at 2007-04-26 11:51 x
まいさん、こんにちは。
ドイツのアウトバーン体験は数回ありますが、ホントにすごいスピードでした。お気持ち、お察しします。
ラムたんの看板、アウトバーンには意味なしかもしれませんね。Schnell Strasseあたりに置くのかなあ。もしご覧になることがあったら、是非ご一報を!
Commented by akberlin at 2007-04-27 00:58
アウトバーン、160キロくらいは当たり前、みたいですから・・・。
120キロで走っている車を平気で追い越していきますからね・・・。
すごい世界です・・・。
Commented by 東風 at 2007-04-28 05:47 x
akberlinさん、こんにちは。
お返事遅くなって、すみません。
えーっと、160キロで走るってことは、ドイツだとそんなことはなさそうですが、「キンコン・キンコン」と車内でベルが合唱している状態になるのでしょうか。80キロでも「は、早い」と思う私には、想像を絶する状態です。
Commented by まい-mai- at 2007-05-02 06:24 x
発見しましたよー。
でも、証拠写真が・・・_| ̄|○
記事書いてトラバしたんですが、会員専用なんですね(残念
記事にリンクも貼らせていただいたのでご報告しておきます。
Commented by eastwind-335 at 2007-05-02 06:50
まいさん、おはようございます。
早速伺いました。あの、あの看板をご覧になったんですねー。うらやましい。ご主人、飛ばしていらしたんでしょうね。そりゃあ写真は無理な気が。そして、撮れてもビミョウが倍増するだけかも・・・。リンクありがとうございます。もう出勤直前なので、帰ってから、まいさんのところにいけるよう文中リンクを貼った文章をさきほどUPしたラムたん関係記事のところに追記しますね。
by eastwind-335 | 2007-04-23 19:52 | バイヤン | Trackback | Comments(14)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る