我輩はdie Zeitを買った、まだ読んでにゃい

我輩、anthonbergさんからのお頼みごとを引き続き引き受けておりますのにゃ。
anthonbergさんからの猫バトン、犬の写真をはったら届いたのにゃー。

「時間があるときにー」という言葉に甘えましたニャ。書くことは決めていたけれど、海辺の街からおかあたんがお泊りにきたから、パソコンを開けにゃかったのにゃ。

先々週、虎にゃんのママことnyfさんから、我輩が大好きにゃ「ヘルベルト・グルーネメイヤー」というおじさんロッカーが、nyf家御用達のdie Zeitというドイツの週刊新聞に載っているニャんとおしえてもらいましたにゃ。







新しいCDを出すということで、メディア露出度がUPされているようだにゃん。知り合いからも雑誌の表紙ににゃったものやCDを送られてきましたにゃー。
早速、ガイコク語の新聞を扱っている丸善という本屋さんへお電話して「お取り扱いは、ありますにゃん?」ときいてみたのにゃん。
すると、その号がドイツから日本に届くのに1週間近くかかるかにゃあ、と店員さんからのお返事だったのにゃん。

おかしいにゃあ、日本とフランクフルトには1日2回は飛行機が飛んでいくのににゃー。どうしてこんなに時間がかかるのにゃー?

届くといわれた日に丸善に寄ったら、ちゃんと届いていたのだけれど、にゃ、にゃんと!3.2ユーロなのに1340円もするのにゃ。
我輩、計算は苦手にゃので、おうちへ帰って計算機をつかってみたのにゃん。1Euroを160円としても576円じゃにゃいの!
ドイツでは次の号が出る頃に届いて、お値段約3倍だにゃんて、我輩、よくわからにゃい。
ガイコクにすんでいる我輩のブログおともだちが言っていることってこういうことだったんにゃー。

何はともあれ、先週木曜に丸善でお支払いをして、我輩のものににゃりましたのにゃ。
記事はFeuilletonという別刷ににゃっていたにゃ。意味がわからにゃいので辞書を引いたら、「学芸・文化欄」とありましたにゃ。フランス語だそうですにゃ。一つお勉強ににゃりましたにゃあ。
こんなに待った新聞にゃのに、まだ記事はタイトルしか読んでいにゃいのですにゃ。
Wo er ist, ist Hoffungというタイトル、日本語でどうにゃおしたらいいのかわからニャいけれど、「彼のいるところは希望」と直訳してもよいかにゃ?この殺伐とした世のにゃかで、かすかにゃ希望でも見出していこうとするようにおもえますにゃ。

我輩、最近、ドイツの映画を立て続けに3本ほど見て、重い日々のにゃかで、人々は細い一筋の光から希望を見出すんだにゃと実感したばかりにゃのです。
彼の新しいCDからシングルカットされたLied 1-Stück Vom Himmel(天国の一片)PVはこちらですにゃ。

あんまり辛すぎて、混沌としたにゃかへ入り込んでしまい、感じたり見えたりすることができにゃい時ってあるけれど、一筋の光はいつも我輩の足元に差し込んでいるんですにゃ。職場のおねえさんが、冬でも鳥はニャいているのに、自分が閉じていると全く聞こえにゃくにゃるにゃーと、この前、つくづく語ってくれたのにゃ。ほんとだにゃ。

で、にゃんだか重たい終わり方ににゃってしまったにゃー。


このバトンは他の人に、どんどんまわっているようにゃので、我輩のところはこれで打ち止めにいたしますにゃ。
あら、アタクシ書いてもよろしくてよ、という方がいらしたにゃら、どうぞよろしくにゃー。次の条件で書くことににゃっていますのにゃ。
●これが回ってきたら次の日記は全て『にゃ』『にゃー』『にゃん』等を語尾につけにゃくてはにゃらにゃい
●な、ぬ、も、にゃ、にゅ、にする
●一人称は『我輩』
●日記の内容は普段かくような当たり触りのにゃい内容で構わにゃい
●日記の最後に五人!回す人を書くのを忘れにゃいこと
●一度回答済みの人でも回ってきたら何度でもやること

[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/5230691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nyf1403 at 2007-03-13 16:18 x
こにゃにゃちは〜。
あの記事を書いた人、相当、彼にいれこんでいませんでしたか?あの号のdie Zeitは盛りだくさんでしたよにゃ。
でも次回からは、切り取って、またはコピーして送るからニャ。あまりにも高過ぎよん。にゃにゃん。
Commented by himekagura at 2007-03-14 10:21 x
高いですね~、Die Zeit!いくらユーロ高にしても、高すぎます。
まあ、航空便も高いので、しょうがないのかもしれませんが、、。
これじゃあ、買う人はほとんどいないですよね。
Commented by eastwind-335 at 2007-03-14 18:04
nyfさん、こにゃにゃちはー。斜め読みですが、すごく褒めた記事だなと思いました。写真もよいですよねー。
日本ではあまり知られていないけれど、彼にはいい曲があるんですよねー。私、WM06アンセムを歌うことになったから、NHKのドイツ語講座で取り上げてもらえるかなと思ったけれど、ダメでしたね。ま、若者にはTokioHotel、教養のある方々にはドイツリートというお約束があるようです。
Commented by eastwind-335 at 2007-03-14 18:08
himekaguraさん、こにゃにゃちはー。丸善で思わず「間違いじゃありませんこと?」と尋ねたくなりました。ドイツの雑誌や新聞は、読む人が少ないから、本当に高いですよね。以前はder Spiegelには学生用という月遅れの廉価版があったのですが、それもなくなってしまいました。全てはベルリンの壁が崩れたのちの数年だけのおとぎ話だったんですねえ。
Commented by akberlin at 2007-03-14 18:51
ヘァベァト・グルーネマイァ(と、私には聞こえる)、一昨日のベックマンと
いうドイツ版「徹子の部屋」みたいなインタビュー番組に出てました。
もっともインタビュアーも男性でしたが・・・。彼はボッフムというアルバムを出して有名になりましたが、実はゲッティンゲン生まれだそうです。
(ボッフム育ち。)今はロンドン在住なんですってね。

ドイツ語といえばTOKIOホテルかドイツリート・・・頷けます〜。
英語やフランス語のようなクールとかオシャレな言語というのと
争うことも出来ず、昨今はステキなイタリア語にも負けてるとか・・・。
おカタいイメージだからですかねぇ。
Commented by eastwind-335 at 2007-03-14 21:58
akberlinさん、こんにちは。そう、本当はヘァベァト・グルーネマイァですよね。でないと、ドイツでは通じませんよねー。Bochum、いい歌ですよー。Bochum,ich komme aus Dir.のフレーズを聞くたびに「Dirかあ、そうよね、Dirよね」と一人、心の中で感動する私です。
ドイツ語、大学でも履修者がガクーンと減っているそうで、クラス縮小が多いとか。このままテレビやラジオ講座から消えてしまいませんように!と思っています。最近はサッカーネタなどで、がんばっているんですけれど。お笑い芸人に元サッカー部(それも高校選手権出場経験あり)って言う人が結構いるんですよ。だから生徒役としても都合がよかったようです。
Commented by バート at 2007-03-19 02:05 x
コメントありがとうございます!
そしてバトン消化も・・・(笑)

しかし、ものすごく長い記事でのバトン消化ですね。
大変だったでしょう?(笑)
しかもタイトルまで・・・、参りました。
こちらこそ、今後とも宜しくお願いします!!
by eastwind-335 | 2007-03-13 06:27 | 日常 | Trackback | Comments(7)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る