はじめてのお散歩

職場を出たのが夜8時。最寄り駅へ向かって歩いていたら、駅のほうから犬を散歩させながらあるいてくるおじいさんが見えました。
犬種はコーギー犬なのかな。でもそこまで足は短くないように思いました。夜道でもその白と茶のやわらかい毛並みはよくわかります。
すれ違うときに、何となくおじいさんがこっちを見ましたし、本当にかわいらしい、生き生きとした表情の子犬でしたので、思わず、「かわいらしい犬ですね」と話しかけていました。気づいたら、その子犬は、しゃがんだ私の膝の上ではしゃいで、私の手をペロンペロンなめていました。
まだ3ヶ月ほどの犬で、これがはじめての散歩だったそうです。おじいさんは多分家に帰りたいのでしょうけれど、子犬は私が肩からかけていたバッグをおもちゃとおもったのか、私がよい遊び相手だと思ってくれたのか、すぐに私のところへ戻ろうとおじいさんを引っ張っていくのです。だから10分ぐらい犬と遊んで、ようやく子犬が飽きたころ、おじいさんに「ごめんください」とお別れを伝えたのでした。

アニマルセラピーの効用が広く知られていますが、私は動物で癒されるタイプです。
不思議なのですが、おちこんでいるときに散歩中の犬がこちらに寄ってくることがあるので、遠慮せず撫でさせてもらいます。そうすると、気になっていたことが「大丈夫。今の悩みは小さいことで、自分で負えないものじゃない」と思えてくるのです。
ある御宅に伺ったときは、そこの飼い犬(外犬)が尻尾を振るので背中をなでてあげていたら、いきなりおなかを見せ始め、飼い主さんに「気に入られたようです。おなか、なでてあげてください」と頼まれたこともあります。飼い主にもおなかをみせない猫が私がなでていたらおなかをみせ、そこのお母様から「ずるーい、東風ちゃん。私なんてほとんどおなかみせてくれないわよ」と言われたこともあります。でも、それらの御宅の方には申し上げませんが、大体、そういうときって、私は一人おちこんでいることが多いのです。友達からだけでなく、その御宅の一員であるペットのみんなにも慰められているんですね。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/5189687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2007-03-02 07:45 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る