銀座の街角で

今日は、2年ぶりに一時帰国中の知り合い(Aさん)と銀座で会いました。
待ち合わせの連絡がうまくいかず、一時はどうなるかと思ったのですが、無事に再会ができ喜んでいたところ、これまたワタクシの元同僚でこれまた一時帰国中の人(Bさん)が通りかかったのです。

こんなことってあるんですねー。AさんとBさんは面識がないのですが、銀座4丁目の角でなんとなくおしゃべり。

その後、私とAさんは夕食へ。二人とも、久しぶりの外食なので、自分ではめったに作らない揚げ物を食べることに。
Aさんとは、私が旅の最中に礼拝に出たことで(日本じゃ行かないのに、海外に出るとなぜか日曜礼拝に出たくなるワタクシでございます)Aさんの娘さんたちと親しくなり、Aさんが帰国するたびにお会いしています。

さて、本題は、Aさんのことではありません。ユニセフのCMです。

a0094449_2312187.jpg






有楽町マリオンの上には大きなテレビジョンが設置されています。マリオンの地主?である朝日新聞関係のCMが流れることが多いのですが、今日、信号待ちをしながら見上げると、

色黒のジョン・キューザック デコがピッチを走る
ライカールト監督が表情豊かにゲームを追う
バルサの選手がピッチを駆け巡る・・・・

あら?先日のクラブW杯がDVDにでもなるのかしら?と見ていると、それはユニセフの公共CMでした。ユニセフの公式HPによると、都内各地のビジョンで見ることができるようです。バルサはユニセフと業務提携をし、今シーズンから5年間にわたりUnicefと入ったユニフォームを着用。さらに、ユニセフに年間150万ユーロ(約2億2000万円)を基金として拠出(by ワールドサッカープラス)しています。明石家さんまたちが、あるサッカー番組で「企業じゃないですよー、しかも、ユニセフに寄付しているんだから、スポンサーっていってもバルサがユニセフのスポンサーってことなんですよ。すごいイメージアップだよね」と絶賛していました。
後でよく調べると、レアル・マドリードもマンUもユニセフと業務提携をしているそうです。しかし、ユニフォームにその名だけを入れているのはバルサだけとのこと。

ここをクリックするとMore than a club ---(クラブ以上の存在)を見ることができます

ユニセフの活動を広める広告塔には、子供たちの憧れであるスポーツ選手が起用されています。WM06の際には「チームユニセフ」がベッカム・キャプテンの下、結成されました。 メンバー15名の一人には、ヒデこと中田英寿選手も含まれています。

私の周りに立っている人が、あのCMにどの程度気づいたかはわかりませんけれど、私はとても良い気分で駅へ向かいました。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/4945348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anthonberg at 2007-01-07 05:02
さらにBさんと会ったのかと思いました!(笑)
話はAさんでもBさんでもなかったんですね。しかしマリオンのテレビジョンでユニセフのCMが観れるんですか。
なぜベッカムが………。(-_-;;;
私の大好きなトッティ王子もいるんですね!やっぱり彼って男前…♥(≧∇≦)
おっと、話が逸れてしまいました。
トーゴの選手の顔写真見て私のコンゴ出身の友だち(女)に似ていてびっくりしました。男性でもエマニュエルなんですね。(^^;;;
Commented by eastwind-335 at 2007-01-07 11:37
混乱させるような話で、すみません。
もちろん東京に住んでいたら、銀座で知り合いと偶然会うというのは、十分ありえる話ですが、普段は日本にいない二人に会えたので、びっくりしてしまって・・・。
マリオンの大型ビジョンは、けっこう公共CMを流しますよ。ま、今回のユニセフのCMは、信号待ちで見るものとしては、ちょっとわかりにくいかもしれません。私は、バルサのユニフォームのことを知っていましたけれど、セゾンカードのCMでロナウジーニョを知ったような一般の人には、何のことやらということになるでしょう。
ただ、クラブW杯をやったばかりの時期なのだから、正月にかけてTVCMでも放映したら、ユニセフの活動宣伝になってよかったかなあと思います。
by eastwind-335 | 2007-01-05 23:01 | 日常 | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る