実家にて

実家に帰ったら、イサキの塩焼きが私を待っていてくれました!
絶対に一尾ものが食べたいと思うだろうと、両親もかんがえていたそうです。
(親って本当にありがたいです)

実家に帰ると、私はとたんにテレビっ子になってしまいます。
というのも、テレビの画面は大きいし(我が家のはデスクトップ型パソコンのディスプレーぐらいしかありません)、ケーブルテレビに入っているのでチャンネル数が多いし・・・。

いつもは、ミステリーチャンネル一筋ですが、ちょうど和モノのしかも途中の作品だったので、ザッピングをしていたら、

Jスポーツのチャンネルを見つけました。多くのケーブルには入っていると聞いていましたが、想像するのと実際に見るのは違います。しかも、私が覚えていたあのチャンネルは、確か、ビリヤードとかを延々と流していたはず・・・(私の今回の滞在中にもその手の番組もありましたわ)。

すると、突然、いかにもサッカーソングみたいなものが聞こえてきたので、画面に目を戻すと、「チェルシーTV」と画面にデカデカと書かれている!
チェルシーのみなさんがピッチを走ってます!



JスポーツのチェルシーTVのロゴは、チェルシーの公式HPから入会できるコレ↑(チェルシー公式HPより拝借)とはちょっと違いましたが、放送内容は試合だけではないようです。

期待に胸ドキドキ。
しかし、無情にも、父から「おとーさん、見たいものがあるから」とチャンネル権を奪取されてしまいました。

その横で、「ねえ、ねえ、Jスポーツが入っているなんて知らなかったー!このチャンネルって海外のサッカーの試合を中継してくれるのよー、うらやましいー!」と興奮気味に語る娘。
しかも、「アーセナルTV」なるものもあるのが番組表からわかり、興奮は頂点に!
つい最近までは、クリンシーだの、ドイツチームだの、と言っていたのが、「チェルシー!」と叫ぶ幼児の興奮状態みたいな(ほほほ)娘の状態に、両親もびっくり、でした。
特に、我が家の母親にとって「チェルシー」は

(どちらもRHS公式HPより)この春訪れた、チェルシーフラワーショーであって(右はエリザベス女王です)、



(チェルシー公式HPより)まさか、あの、高級住宅地にサッカー場は想像できないそうです(いや、住宅地のど真ん中にあるわけじゃないのよ、ママ)。


私もケーブルに入ろうかしらと思いましたけれど、テレビばかり見る時間で一日が終わるのも・・・。ニュースなどは、メールを書きながらでも耳に入ってくるので、つけっぱなしでOKですが、サッカーだけは、「いいとこ」を見逃したらそれまでです。
しかし、母親に頼めば(我が家は父の方が機械の細かいことが苦手)DVDに落としてもらえるはずなので、これからはじゃんじゃん送ってもらおう!と思っているところです。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/4687778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anthonberg at 2006-11-15 19:32
お魚堪能出来て良かったですね〜!イサキは地元ではよく食べていたのですか?私は北海道なので故郷の味はやはり鮭とほっけです。地方に寄って違うなと思いました。
エリザベス女王恐いよー。(笑)いくらなんでもその姿は…。
確かにスポーツの中でもフットボールは見逃せませんよね。前に夫の友達とTVで試合を見た時に友達が去った瞬間得点が入ったので『もう一回いなくなれ。そしたら点が入るから!』と言われていました。こういう事って良くあるんですよね、フットボールの時。ケーブルに入るのも良いですが、DVDに録画してもらえるならその方がお得ではないでしょうか?(^^) 一杯頼んで堪能して下さいね。
Commented by 東風@職場 at 2006-11-16 09:25 x
こんにちはー。お返事遅くなりました。
イサキ、よく食べました。でも一番食べるのは、アジですね。
「ほっけ」は、結婚して初めて知った魚でした。ある日、スーパーでほっけとアジの開きが出ていたので、ついつい習慣でアジに手を伸ばしたら、夫が「ボク、ほっけを最近食べてないから、そっちがよい」と言い、初めて食したのです。夫の職場近くにあった定食屋でよく出ていたそうです。
実家では、本命の試合のときにはテレビ中継を見ないようにしているんですよ。というのも、家族そろって見てしまうと、どうも勝てないんです。つまり、日本代表がW杯に連続三回出場できたのは、実は実家の影の努力があったからなんです(っていうのは言い過ぎですね)。
by eastwind-335 | 2006-11-15 06:35 | 日常 | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る