レントな旅(4)イミグレの観察

ロンドンはヒースロー空港には無事に到着したのですが、ここからが長い。
利用者に覚悟を促すピクトグラム(笑)。「ながいながいイミグレのはなし」のはじまりです!
a0094449_11555376.jpg
このときはそんなこと考えず「前もあったかしら?」と呑気にカメラを構えていたのでした。まあ、前回はバスにのらねば、というミッションがあったのですが、今回はホテルに向かうだけなので余裕があったともいえるでしょう。
イミグレはすぐにわかります。もうかなりの列ができていました。というか、まだ前のいくつかの便が終わってないのだろうなという感じ。
今回は、ラジオで聞いたことのあるテンポの英語話者に当たりますように・・・と願いながら順番を待ちます。
で、観察しているうちに気が付いた。
アジア系女性は(それもそこそこ旅の経験がありそうな人には)係員が長く話しかけるのではないだろうか?と。
だって、日本人のビジネスマンはパスポート見せて終わり、みたいな感じだったのに、私より数人前にいた日本人女性には雰囲気良くではあるけれども話しかけが長い。
私は件のビジネスマンのブースに回されることに。ラッキー、さっさと終わるだろうな~と前に進むと・・・。
友好的で、かつ分かりやすい発音ではありましたが、ツッコミ満載の語りかけシャワーを浴びてしまい・・・。

「おはようございます」「おはようございます」
「パスポートを見せてください」「はい」
「どうしてイギリスに来ましたか?」「観光です」
「前はいつイギリスに来ましたか?」「昨夏です」
「どうして来ましたか?」「観光です」
「どこへ行きましたか?」「スウォンジーとロンドンです」
「今回はイギリスで何をするんですか?」・・・え?最初に「サイトシーイングです」って私は答えたよね?と内心で舌打ちしながら「カンタベリーに行こうと思ってます」と予定を答えました。
「カンタベリーだけですか?ロンドンにはいないんですか?」「ロンドンに2泊してからカンタベリーに行き、またロンドンに戻って数日過ごして帰国します」
「ロンドンでは何をするんですか?」・・・またも「サイトシーイング」じゃ許されないよね?「今日は大英図書館に行く予定ですが」
「大英図書館、ですか?」「そうですよ、大英図書館です。見たい本が何冊かあるんです」所蔵番号入りの本のリストをショルダーバッグから取り出す覚悟で答えました。
「イギリスに親戚はいませんか?」「いません」
「あなたは働いていないのですか?」「私の職業は○○で、いまは休暇中です」
そして職業の内容についても2,3尋ねられ・・・。好意的な口調だから許すけど、私の英語力の限界に来てるんですけれども?
「結婚はしていますか?」「はい」
「どうしてご主人が一緒でないのですか?」・・・え?既婚女性は一人旅が許されないのかYO!と思いながら、「かわいそうな私の夫は、いま、日本で労働中です。サー」と答えます。(その時点で、ほぼ12時間後に合流する彼も機内の人になっていたと思うのですが)
係員のおじちゃんときたら、「oh,your pitty daring!」とニタニタしています。
「イギリスにお友達はいますか?」「いません」
「日本人のお友達もいませんか?」「いーまーせん!」
「お友達がいないのに、観光をするんですか?」・・・え?それは、私が友達もいない可哀そうなオバちゃん、ってことでしょうか?とさすがに突っ込み返そうかと思いましたが、そんな英語力はありません。で、オバマ前大統領の退任記者会見をとっさに思い出し、「するんです!できるんです!」答えました。
あちらも「できるんです!I can do it」には驚いたようです。「もちろん、できますよ!楽しんできてください」と言ってスタンプを押してくれました(笑)。
そしてこれにて幕引き。
ちなみに、私の前にいた女性、まだ係員の談笑の相手にさせられていましたよ!そして何段にも蛇行して並ばされている到着客たち・・・。

どうして、さっきの日本人サラリーマンみたいに、サッと解放してくれないのよー!とは思ったものの、ある意味「お約束」のイミグレ儀式。こんなものかな、と思いながら指定されているターンテーブルへ向かいます。
まさに私のスーツケースほか、乗り継ぎの日本人女性たちのスーツケースがまさにターンテーブルから降ろされているところでした。やっぱり「ながいながい」時間だったのかも。
あー、ロスバケになっていなくてよかった!


a0094449_11560852.jpg
前回のオイスターカードに念のためチャージをして(乗り越しの時には精算できないんですってよ!)地下鉄に乗り込みました。まずはアールズコートに予約したホテルへ。そして荷物をおいて、本日の目的、イミグレで大見栄きった「大英図書館」へ向かいます。

[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/23832187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2017-04-22 12:26 | 旅の思い出17受難節のイギリス | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る