脇の下をくぐるひとたち

この数日の間に不思議なことがあったので、ちょっと書いておこうと思います。
通勤電車では、私が乗り込む朝の時間帯は車内の座席の間の通路までたどり着くことができず、いつも出入り口前の空間に押し込められています。個人的には老若男女問わず仁王立ちでスマホを覗くのをやめてくれれば、もう一歩ずつ奥へ詰めてもらえるはずで(だって、座席前の通路の真ん中ってたいていエアポケット状態で空いているでしょう!)、こんなもみくしゃにされることもないはずなのに・・・と思うのです。電車の作りもひどいんだけど(人間を貨物扱いしてる!)、乗り込む人たちも「わたしファースト」だから。

さてさて、仕事の都合で午後の電車で訪問先へ移動するときも、たいていの場合は座れません。

私は、つり革を握って立っている前に座っている人が下車しようとするときには、つり革を手放して、とか、つり革を握っているにしても身体を片側に寄せて、「目の前の人が立ち上がって、つり革を握っている人たちの間から通路に出る」ことができるようにしようとします。

ところがですよ!この間、遭遇した人はちがった!立ち上がるやいなや、つり革と私の腕の間にできる空間を潜り抜けて行こうとする。だから、肘とかがその人の頭にぶつかることがある。

片花道を通り過ぎたい人がいる、と気づいたのは、私の前に座っているご夫婦が降りる時でした。実は私も同じ駅で降りるつもりで、もう少ししたら右手で握っているつり革を離して乗降口へ移動しようと思っていました。すると、走行中だったけれど私の前に座っていた男性がおもむろに立ち上がり、私の左側から降りようとした。ま、それはわからないわけでもない。すると、私の斜め前に座っていた奥さんが、彼女の前はすっかり空いていたのに、つり革と私の腕でできあがった片花道の下を通り通路に出よう
としたのでした。
私は人のわきの下なんか通りたいと思う人はいない、と思っていたし(少なくとも私は嫌だ)、男性に道を作るために身体を半身返していたときだったので、お隣の奥さんの動きまで読めなかった。半身を返すというのは、通路側に身体を向けることになるから、男性が通り抜けたと同時に身体をもとに戻しました。すると、その奥さんに「ちょっと通りたいんだけど!」と有楽町の超高い食パンの入った紙袋(焼きたてなので封がされていない)を盾のようにして(そうすればみんながぶつからないとでも思っている様子)私に腕(脇)を挙げろ、といわんばかりのジェスチャー(顎揚げ)をしたのでした。
私も降りますから、って言いたくなったんですけれどねー。勝手にダイブして「ファールだ」と言われたような気分(笑)。

で、自分だけがそういう体験にあったのかな、と思っていたら、私が座っていた電車(下りゆえに座りたい放題)でも案外「片花道」を通ろうとする人がいるのを発見。立ってる人は本当に迷惑そうな顔をしてました。そりゃそうだ。片手には書類カバン、片手はつり革+スマホだから(笑)。しかも立ち上がって2歩歩けば空いている通路に出られるっていうのに。

最近、車内の扉そばのシール状の商品広告は各社制汗剤を扱うことが増えています。それを見るたびに、片花道通り抜けの人々を思い出し、夏になったらそういう動きをする人は少しは減るのかな、とか、こういう人は欧米に行ってもするのかな?ノックダウンされませんように、と思ったりしています。

片花道とでもいうべきなのか、人のわきの下を潜り抜けようとする人の心理はいかに?!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/23826951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2017-04-20 06:38 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る