レントな旅(3)見よ、あれが「フットボール」の灯だ

この数年、何度かロンドンへは「朝」に到着することができています。いずれも「フランクフルト経由」であったこともあり、頭の中で勝手に空路を描いていたのだな、ということを、この旅行記を書きながら反省することにもなる、そんな体験をこの旅行ですることができました。

これまで、私は、英仏海峡を越えてロンドンに入っている、と思っていました。
しかーし、それが違っていた(とこの記事を書く今になって)わかる写真を私は撮っていたのでした。

ヒースローが近づくにつれ、アナウンスが入り、だんだんと機体は高度を下げ、窓からの風景は家々の屋根が点在する、そして密集する地へと変わっていきます。

今回は窓側だったので(ANAとしての予約だったので、フランクフルトーロンドン間のLHの席指定はできません)その風景を楽しむことができました。

同じ空路を半年ほど前も飛んだはずですが、あの時は窓側じゃなかったので気が付かなかったのでした。

機体の左側に座ればあれが見えるとは!
a0094449_05001107.jpg
このときは「ロンドンだー!」と感激して窓を見ていただけですが、あらあ~と膝においておいた(カバンからだしておいてよかった!)カメラを構えます。

だって、こんな風景が見えたものですから。スポーツモードにしておいてよかった!
a0094449_05001637.jpg
急いでズーム!
しかし、このスタジアムはどこなんでしょう?どこかでこの外観は見た。でも、見た試合のことは思い出せない。
a0094449_05002170.jpg
私はスタジアムの外観と名前が一致するのは、お恥ずかしながら、バイヤンの本拠地である「アリアンツアレーナ」とポカールの決勝の地であるベルリンのオリンピアシュタディオンだけです。

そして、私の頭の中では、これって、ウェンブリー?とチラと思ったりもしたのです。なぜそう思ったか、といえば、私は飛行機は英仏海峡を越えてロンドンに入っていると思い込んでいたのです。つまり、ロンドンに入ってからは、西から東へと向かっているのだろう、と。ウェンブリーはヒースローの西側にあるのは地図でわかっていましたので、ここかな?でももっと新しかったような気がするけれど・・・と。とにかく写真を撮っておいたのでした。

と同時に、帰国日に行われるCLのアーセナル戦のことを思い出しました。あと1日長くいたらパブで見られたかな?そうだったら楽しかったのになあ、という一抹の後悔も心のどこかに覚えながら、着陸のアナウンスに従ってシートベルトを締めたのでした。

さて、今回の旅を終えて1か月以上になります。旅行記を書くためにウェンブリーをググってみて、違うということがはっきりとしました。
こうなると、ここがどこだったのか気になってたまりません。
最初はロンドン近郊のサッカースタジアムを検索。この時点では、自分が「西から東へ移動中の時」という思いこみがあって、巧くヒットしなかったのですが、そのとき、フットボールは二つある、と気づいたのでした。

そう。手も使うフットボール。

もう一つのフットボールの言葉で検索をしてみたところ、ここは、ラグビーの聖地、ロンドン東部のトゥイッケナム・スタジアムとわかりました。ありがとう、グーグル先生!
どうりで見たことがある気がしたはずで、2015年のラグビーワールドカップの会場でもありました。

仕切り直して、検索用語をあれこれ考えていくうちに、自分の頭のなかは整理され、グーグル先生のおかげで(笑)正しい答えと、新しいことを知りました。すべてを覚えているとは思えませんが、いつかまた来るであろうロンドンへの空の朝の風景を前に思い出すこともあるでしょう。次は何が見えてくるのかが楽しみになってきました。


[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/23819590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2017-04-17 06:13 | 旅の思い出17受難節のイギリス | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る