えー、あと1年あると思ってた(涙)

ま、この日は来ると思っていたのだけれど。
朝、久しぶりに時間があったのでSportbildを見たら、ラムたんが引退する、SDは引き受けない、と速報が出ていたのでした。

時間があったとは言え、ブログを書く余裕はなくて、そして職場でもサッカー話をできる人とすれ違わなかったので、「また噂だったりしてね」と思ったのですが、今帰宅をして、日本語媒体でも何社もが出しているので、やっぱりそうなんだーと。

まだお疲れ様というには、十分やっていけると思うのだけど。自分のなかのカレンダーにちゃんと丸をつけていたんでしょうね。この前の試合は、どういうわけか、足が芝に取られるところが多かったように思えるラムたん。私が思う以上にラムたんの体は悲鳴を上げているのかもしれませんね。
私としては、ホッとしたのはSDは引き受けないという点。ウリおぢさんは「SDになってほしい」といろいろ考えがあるようですけどね。まだ本当にそれは若い。若すぎる。もっといろんな世界を見てきてほしい。かといって、FIFA大学院なんかに進学、っていうのはねー。でも行きそうな気がする。経営とか勉強したそうだし。
個人的には監督資格をとってほしいんですけどねー。バラックみたいに解説者になるのではなく、後進の指導をしてほしいんだけど。でも人を動かすより、人のために先を見据えるほうが巧いのかも。まさか子供チームの監督でイイって思ってないだろうし。

ということで、日本のテレビで見られるのは、えーっとあと15試合ぐらいでしょうか?現地でドイツのピッチに立つラムたんを見ることは叶わなくなりました。仕事の都合で休める月と休めない月のある私。しかも月曜日だけは絶対に出勤しないといけない、という勤務形態なのです。あー、3月も家人に引っ付いてロンドンに行く予定にしたのだけど、やっぱり自分の勘を信じて3月末に休暇を取ってサッカーを見たらよかったな。

だからこそ、次の夏休みには高いお金を払ってでも、ドイツでラムたんが試合に出ているところを見よう!と思って、ミュンヘンアウトのチケットを取ったのだけど・・・。ま、いい。パリからフランクフルトへ入る日を替えたっていいんだし(電車で移動するから)。

いやいや、8月にミュンヘンでラムたんが練習をしているところを見ることができたんだから、それでヨシとしよう。

もう決まったことだから、ラムたんには有終の美を飾ってほしい。
怪我をしないで、いいところばっかりの思い出になる、ラムたんのファンの間で「本当にいいシーズンだった」といつまでも振り返ることができる、そんな試合ばかりになりますように。

追記:家人に「ラムたん、選手引退しちゃうんだって」とつぶやいたら「いいじゃないか、誰だって年を取るんだ。いい指導者になるじゃないの?いや、いい宗教家になるかもよ」ですって。どうも家人はラムたんはドイツのハセベのように思っているのではないか?と(笑)。私もそう思ってたけどね。同じウサギつながりだし(爆)。
それにしても、家人が私と同じように「指導者になったらいい」と思っていてくれていたのを知って、嬉しいな。

[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/23611578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きゅん子 at 2017-02-08 23:49 x
東風さ~~ん!
最近ほとんどPCを開かずサッカーニュースを追うこともあまりなくて、ラムたんのこと、実はさっき知ったのです。
真っ先にここに来ました。
もちろんこの日が来ることは私だってわかっていたのですけど、同じようにもう一年はあると思っていたのです。
ホント、指導者になってくれたら嬉しいですね。解説者はちょっとヤだ(^^;
一試合でも多くラムたんが試合に出られる様に、PokalもCLも決勝まで進んでくれること願ってます。
Commented by eastwind-335 at 2017-02-09 07:46
きゅん子さーん!
がしっ!
いつか来る日とは思ってましたけど、えー、今シーズンでか!と自分の読みの甘さにガックシしてます。先月のバイヤンの会でもちらちら「今シーズンで終わりにするんじゃ?」という声が出ていたのですが。
解説者としては「早口すぎ」でたぶん採用されないと思います(笑)。先を見てチームを作るという点においてはSDはありかな、と思いますが、ドイツサッカーのエリートコース(環境)しかしらないラムたん。その時々の巧い選手としかやっていないはずですから、本当の苦労を経験してからにしてほしいです。日本のダメダメJリーガーと一緒にプレーしてみるとか(爆)。日本のメチャクチャ監督の下でプレーするとか(笑)。ポ王子の話が消えかかっている今、ラムたんに「極東での体験はこれからのサッカー人生において山椒のようなスパイスになる」とかいって話を付けられるコーディネータはいないのでしょうか!
そして、イビちゃんたちには一日も長い現役生活を!と願っています。世界のどこであれ、テレビで見ることができないとしても、ピッチに立っていてくれるって嬉しいですもん。
by eastwind-335 | 2017-02-08 19:36 | バイヤン | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る