ジップロックのコンテナ・・・

私の家の冷蔵庫の中は、「作り置き」のものとか「ちょい残った」ものとかが多く、ジップロックのコンテナが非常に役立っています。
残り物の量によって小さなコンテナに移せばスタッキングができるからです。

スープも、スクリュー式のものを用いて、お弁当にもっていくほどです。

似たようなシール式の容器よりはジップロックの方が好き。一番すきなのはアメリカで買ったラバーメイドですが、日本ではなかなか見当たりません。だから旭化成という国産メーカーのジップロックには本当にお世話になっているのです。

で、小さなコンテナといえば、我が家では250mlぐらいのもの。二人分の小さなおかずなどを納めるのに十分だったし、場合によっては家人に「さー、これをお食べ」とテーブルに乗せて出勤しておくにもちょうどよい量だったし。

で、いま我が家には2つあるのですが、もう少し買い足しておこうと思って数か月。

ない!どのスーパーにもない!
シール式だったらこれでいいじゃないですか、とどこのスーパーも店員さんが言うのですが・・・。

ジップロックは汁漏れが少ないし、なんといっても中身が見える点において、「スタッキングに便利」という点において、洗いやすさにおいて、洗っても傷がつきにくい点においても、レンジにかけるときの安心感においても、絶対的安心があったわけです。
だいたい、スーパーの、レンジをかけるとすぐに形がゆがむ、シールがすぐに緩くなる、または汚くなるシール式容器は・・・私の美意識(←んなもん、あるのかな?と自問したくなるけど・笑)が許せない。

ネットで検索してもみつからない。あー、あきらめるべきなのか。130mlなんてコドモの果物入れじゃないの~とオトナのおばちゃんはスーパーの家庭用品売り場で舌打ちしたくなるのでした。

[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/23487380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2016-12-20 06:34 | 料理 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る