私の血税はそこに使ってほしくはない

日本イチ、普通に受験をして合格するのが大変な大学が来年度から女子学生の下宿代月々3万円を補助します、という発表をしました。
で、当然のことながら「男子学生だって貧しいんだ!」という抗議の声が50件、象牙の塔に届いたそうです。

地方の女子生徒の親が「一人暮らしの時の治安が心配」と受験を躊躇しているのを受けて、そして女子学生が20パーセントしか在学していないから、女子学生率を上げたいということらしいのですが。

「その20パーセントのうち、本当に下宿を必要とするところから通ってる人がどのくらいいるのか示してほしいよね、っというのが私の同僚(受験生のお子あり)の昨日の第一声でした。彼のお子さんは地方大学の特定の学部を目指しているそうで、同じく下宿するんだどなあー、とのこと。

私なんて「えー、なんで、私のサラリーは上がってないのに、ひと様の子供の下宿代の補助の補助みたいなことをさせられるんだろう?」って思いましたよ。だって、独法化したとはいえ、国立大学なんだから、私の血税の一滴はあの象牙の塔に落とされているわけですしね。

独法化して、色々なグッズを作って売ったりした収益から女子学生に月々3万円の下宿補助、っていうんだったらいいのですけれど、その財源が不透明っていう点が納得いかないし、なんといっても、女子学生の率が・・・っていったって、受験しないから合格しないのか、受験しても合格できないのかでは意味が違う。

あと、男子学生だって生活は大変だっていうけど、象牙の塔のみなさんだけが大変なわけではありません。
常々言われてるところですが、東大生の親の年収が一番高いってデータもあるわけですよね?で、そういう「お金のあるおうちの子」の下宿の世話まで国民がしなくちゃいけないのか?と。
それこそ汲々しているなかで、子供のために教育費をひねり出している、しかし象牙の塔とは全く縁のない学力の現役高校生の親からしたら「そんなお金の使い方があっていいのか?」と言いたくなるでしょうね。

私は、国立大学には「建学の精神」はないので「なんでもあり」で大学上層部はイケシャー体質なんだろうと想像するのですが、ついに「お金で生徒を釣る」大学になったんだなあーって。

寮であろうと、下宿であろうと、自宅であろうと、原則「生きる場所には危険が必ずある」。東京に出てきてほしいんだったら、同窓会でそういうお金を準備すべきであって、国庫のお金ですべきではない。

さて、抗議もでてきたことで、象牙の塔はどういう回答を総長が出すのか?ちょっぴり注目しています。





[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/23368331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 虎ママ at 2016-11-16 21:17 x
こんにちは。
このことに対して、誰からも、どこからも、訴えられない、というのが不思議だにゃぁ、と思います。
女子大生比率を何であげなきゃあかんのですか。そこんとこ説明して欲しいにゃぁ。
Commented by eastwind-335 at 2016-12-06 04:45
虎ママさん、おはようございます。
何か象牙の塔が反応するかと思ったら、大人の対応なのか、それっきりこの話は消えてます。
もともと、この大学は白金に女子寮を持っていたのを、老朽化を理由に閉鎖したんですよね。
東京にある大学は国公立・私立を問わず「地方出身者学生数」が減ったことを危惧しています。その「東京至上主義」があるかぎり、この手のことは続くと思います。
by eastwind-335 | 2016-11-16 07:49 | 日常 | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る