ネパールつながり

急に寒くなる前にクリーニング屋さんから、預けておいた冬物を引き取っておいてよかったです。
うちの職場には、私とエレベータが一緒になるたびに、「天気の不満」をいう男性の先輩がいます。同じ部署じゃないのでよかったけど、私は冬に向かえば寒くなるのが当然だと思っているので、可愛げのない返事をしています。だって、1か月前は「暑くて腹が立つ」って言われたのに、先日は「こんな寒くておかしい」ですって(その日文化の日ながら私は休日出勤でした)。待って!11月になって夜に雨が降ったら、翌日は当然寒いに決まってるじゃん!という思いでいっぱい。そんなこという先輩のほうがおかしいです、と言いそうになりました(怒)。そして、この数日の風のないあたたかな日に彼に会うことはない(笑)。

ちなみに、ジェントルマンとあだ名されているイギリス留学経験のある役員も、あいさつ代わりに天気の話を振ってきますが、単に「いい天気だね」とか「雲が厚いね」とか「寒いね」とか「暑いね」とかですよ。

冬の小物も引き出しにしまいました。新しいアルバイトさんがストール上手で、そのことを褒めたら、「まだまだ下手で、一生懸命特訓中なんです」とのこと。特訓中、だなんてステキな表現だわ、とますます感心しちゃいました。

さて、昨冬は、伊勢丹でネパールの女性たちが編んだというニットの帽子を買いました。偶然通りがかって見つけた期間限定コーナーで、でした。家人がドイツに長期出張だった年の冬、私も半月ほど過ごしたときによく見かけた形の帽子でした。耳から三つ編みの毛糸が垂れているタイプです。

手袋はいろいろ持っていますが、昨年は、ユニクロで買った、中がフリースのミトンが寒い寒いソウルでは役立ちました。

ということで、もう手袋は買わないつもりだったのだけど、ついつい、昨日、People Tree扱いの、ネパールの女性たちが編んだ、というミトンをみつけてしまって、色合いも、去年の帽子に似通ってるようだし、ってことで買いました。
a0094449_21134088.jpg
実は、この冬、カトマンズに行けるかも、という淡い期待もあったのです。しかし諸事情から来年以降に延期となってしまい・・・。だから、ネパールから届いたと言われたら、もうこれは私が買わねば!という気持ちに。
a0094449_21134507.jpg
そんな、二つとない手作りの手袋、さっそく使い始めました。裏が貼ってないから風が吹いて手のひらに風を感じることもなくはないのだけれど・・・。

さて気温が落ち着いたので、クリームを顔の手入れに加えるようになりました。
クリームはあまりに暑すぎて溶けて緩くなった夏以来、この数年は夏が来る前にクリームを使い切り、オイルに切り替えています。ようやく変質しない気温となりましたので、久しぶりに伊勢丹1階へ。
(みなさん、夏はクリームは冷蔵庫にでも入れるのでしょうか?)

こうやって冬を迎えていくんですね~。

[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/23350352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tejisekki at 2016-11-11 21:25
手編みの手袋、色がいいですねー。
どうしても冬の上着って暗い色が多いから
こんな綺麗な色の手袋つけたくなりますね^^

実家の父母と娘が電話すると必ず天気の話題を出すので
ジジババと話すときは韓国の天気の情報を教えないと!と娘は思っているらしく
電話の前に、「今日の天気どうやったけ?」と必ず確認します。
挨拶のあとに天気の話をよくするのって
日本独特の文化なんだなーと娘を通して感じ
なんか複雑な・・・不思議な気持ちになりました。

夏の間のクリーム・・・考えたことありませんでした。
最近の暑さだと、変質しちゃいますよね。
来年はちゃんと冷蔵保管しないと^^;
Commented by eastwind-335 at 2016-11-17 02:24
tejiさん、おはようございます!
何度かコメント欄に書き込みをしたのですが、送信できず、お返事遅くなりました。すみません。
偶然、似た色合いの手袋と出会ってしまいました!今年は、いくつかのお店で「ネパール産なんです」というニットの帽子や手袋を見かけています。地震後の援助の一つなのかもしれません。
私も広島にいた祖父と電話をするときには、よく天気を聞かれました。祖父は広島に暮らしていたので、私が住む場所の天気の予想までしてくれて(笑)。天気が西から変わっていくことをさりげなく教えてくれたのは祖父だったように思います。
特に、冬になると祖父が「そっちは寒いだろう」と言っていたのを思い出します。何度かの違い(のはず)ですが、今思うと、知識ではなく「話から地域の特徴を理解する」きっかけを作ってくれていたような。とはいえ、お正月に帰省した時には曇天が続き非常に寒く、「おじいちゃん、いつもこっちはあったかいって言ってたのに」と内心思うこともありました(笑)。
by eastwind-335 | 2016-11-08 21:16 | 季節モノ | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る