放蕩息子の帰宅

アディダスの象徴ともいうべきバイヤンの入団記者会見に、ナイキで臨むという「前代未聞」なスタイルで、バイヤンファンをびっくりさせたゲッツェ。

一番最初にその写真を見たときに
「本当にプロ?判断力にかけてる選手を取って大丈夫?」
と呆れたのを今も忘れません。

同じ国のリーグに属するライバルチームから選手を引き抜いた、というバイヤンのやりかたにも疑問を持ちました。「このチームに、毎試合、本当にこの選手が必要なのでしょうか?」と思ったのも。

そんなことぐらいしか「思い出」のないゲッツェがドルトムントに戻ることになりました。まさに放蕩息子の帰宅状態で、ドルは一部の特化しているファンに対しどう対応するのか、私にとってはそこが気になる移籍となっています。

FWは花形のポジションだと思います。どこのチームであれ代表であれ、華のある人を求めます。
でも、見た目の華じゃなく、結果としての華が大切。
ナイキでど派手な登場をしたゲッツェを見て「判断力にかけてるんだな」と思いましたし、それはピッチの上でも間違いなく出てくるな、と不安に思っていました。
彼にはWM14の決勝の値千金のゴールがありますが、それすら、うちの父親は「かわいそうだなあ、これだけしか言われないんだろうなあ」と私に言いました。

これがプレーの武器、という選手の持ち味がプロ選手には必ずあり、その人がボールを持つことで、その持ち味を感じることを期待するのがファンです。
しかし、ファンはこうも感じているのです。その持ち味を封じられても第二の、第三の持ち味があってそこを切り抜けるはずだ、と。
しかし、ゲッツェは20代になっても「10代の時の才能」におぼれ、才能以外のオプションがない、という選手なんだ、と私は割と早くに見切って彼を見ていました。
(私は、この夏に再びブンデスに移籍した日本人選手にも同じ見解をもっています)

私はオプションと書きましたが、それは真の実力と言いたい私です。その地味でも真の実力が見せ付けられると、私たちは「信頼」をします。期待ではなく信頼。プロ選手はそれを日々のプレーによって積み重ねていくことができる人ではないか?と。
凡人や素人は「まぐれ」で済みますが、プロは「恒常」が求められます。

もちろん、彼を活かそうとする環境がないと発揮できないでしょ?水を得た魚っていうじゃない、という知り合いもいますが、バイヤンが、父ちゃん荘が、じゃあ、なぜそうしなかったのか?できなかったのか?と考えたとき、「信頼」が足りなかったんじゃ?と。
個々のプレー能力(走る、蹴る)に対する能力じゃなくて、その人そのものに対する信頼というか・・・。

もう一つ。これは交渉事であり、両者の納得があって完結するわけだから、片側だけを問題視するのはいけないかもしれないけれど、やっぱり、バイヤンはこの3年間を反省してほしい。どうみても「いやがらせ」のような引き抜きをドルトムントからしないでほしい。好きなチームだからこそ、願いたい。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/23026181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2016-07-22 06:01 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る