いよいよ私にもやってきた?

1週間以上、右腕の脇の始まりから上腕部裏側がなんとなく痛い。
疲れると痛みが出るのです。いつもずっと痛いわけではないのだけど。突然「うーすっきりしない痛さだわ」って感じがやってくる。

土曜夕方にスポーツマッサージに行って一瞬良くなった気がしたのに、なんかまだすっきりしない。マッサージではリンパが詰まってます、と言われたのだけど…。

加えて、夏風邪をひいてしまいました。マッサージの最中「冷房が強いなあ」と思ったのですが、そのときに引いたのかな?いやいや、その数日前の夜に知り合いとの会食(楽しくもあり、やや仕事がらみでもあったので心底楽しめずでもあり)の帰りから喉の右側に違和感があったので、風邪の「種」は持っていたのかもしれませんが。

日曜から夜は風邪薬を飲んでいたので、朝はまあ普通なのですが、夕方になると鼻声っぽくなったり。
一昨日は午後にはなーんとなく熱っぽいような気がするけれど、気温のせいなのかしら?等々思いながら夜は知り合いが企画したスペイン料理の夕べに参加。レストランのシェフに実演してもらい、食事をする、という会でした。パエリアの作り方を見ていたところ急に汗が顔から吹き出し・・・。

朝の通勤時も急ぎ足になると電車に乗ったとたんに顔からダーっと汗が出るのは、気温差からかな?と思っていたのだけど、今回は私だけ。

ついに私にも「更年期障害」がはっきりとわかる形で来たのかしら?
腕が痛いのも、汗が出るのもそのせいかも?

以前にも書いたように、私自身は、女性の身体が経年とともに変化することを「止めたい」と思うことはありません。人類が始まって以来、女性はそうやって生きてきたのだから。ただ、経産婦ではない私は、経験できなかったことゆえに自分の身体が休めていない部分もあるだろう、ということは強く自覚しています。幸いにも痛みやだるさに強いから生活に困っていないだけで、声を挙げずに私の身体が仕事を続けられるようにギリギリいっぱいがんばってくれているとしたら・・・と思うことも。

風邪もひきにくい体質だけど、引いたら声がでなくなるタイプだし、一見大事にならなかったとしてもそのために身体のどこかが非常に無理をしていたりしたら・・・と。

うちの母は専業主婦でしたが、50歳を過ぎたころに急に両腕が肩より上にあがらなくなってしまい(いわゆる50肩)、毎朝私は母の着替えを手伝ってから出勤していました。
母が今でも「あの時は東風ちゃんがいたから助かったけれど、あなたは一人でそれに対応しなくちゃいけないのよね」というときがあります。ええ、うちの家人は私が出勤のために家を離れるころはまだ就寝中なもんで・・・。

父に「どんな仕事であれ、一生働く女性でいなさい」と言われているし、大した仕事をしているわけではありませんが私もそれは本当に全うして人生を終えたいと思うので、身体の不調とうまくつきあっていかなくちゃ。
風邪もひいたことだし、腕のこともあるので、早めに病院に行ってみようと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/23013735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2016-07-21 06:23 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る