あたらしい先生、よろしくお願いします

結婚が決まってすぐにお世話になり始めたので、18年近くお世話になった婦人科の先生が、ご都合で退職されることになったのが3月。2月の検診の際にその話を伺って、ああ、この日がついに来ちゃった・・・と。

先生も本当はもう数年は医師を続けるご予定だったそうですが、数年前に受けた外科手術の結果がはかばかしくなく、通勤が大変になってしまって・・・と。
「東風さんとは長いお付き合いでしたね~」と先生がしみじみおっしゃったのが胸にぐっときてしまいました。
ブライダルチェックでこの先生と知り合ったときに、長くお世話になる先生なんだな~と思ったのを今も覚えています。このクリニックへ行くことになったのは、まさに偶然でした。女医さんにお世話になりたいと最初にブライダル雑誌を見て向かった病院は「保険外治療」しかしないところ。受付のおばさんが保健証を出す私に、病院の種類を説明してくれ、加えて、「あなた、まだ若いんだから、この坂を下がったところにある保険治療をしてくれるクリニックにしなさいよ」と勧めてくれたのでした。時間的余裕が少なかったので、その足で坂をおり、時間ぎりぎりに飛び込んで、そして今日にいたる、なのです。

先生が退職後は仕事と身体の兼ね合いが悪く、なかなか予約を取れなかったのですが、今年は夏は長く東京を離れるので、その前に検診をうけ現状を知っておかねば・・・と一昨日久しぶりにクリニックへ行きました。

新しい先生は、お辞めになった先生から「東風さんには〇〇先生がいいと思うわ」とご紹介をうけていた先生。お互いに初めてなので、と既往症や今の仕事の状況、日々の生活ほかをいろいろ丁寧に質問されました。
診察も気を使ってくれるのがよくわかり、ああ、これからはこの先生が私の先生なんだ、とか、いい先生を紹介してくださったなあ、と一人で感動。
次の予約の話を終えて部屋を出る時に「今後ともどうぞよろしくお願いします」とスッと言葉が出ていました。

さてさて、婦人科だけでなく、実は歯医者さんも新しい先生になりました。
歯医者さんはなんと高3の時からのお付き合い。途中、就職・結婚してしばらくは土曜日でないと通えないことが続き、二人の先生に診てもらいましたが、とくに今の我が家の近くの歯科医院の治療は「私には合わなかった」。
そのため、結局、これまた10余年、毎年海辺の街にあるその歯医者に通っていたわけです。退職後の父までこの先生のところにお世話になるようになって。しかし、一昨年、「病院をたたむ」とおっしゃって自分の大学の後輩に丸ごと譲ってしまったのでした。そのことは父から聞いていたので、この先生じゃないんだったら海辺の街の歯科医院へ行く必要はないな、と思い始めていました。
私はそれこそ父の体質を受け継ぎ、歯垢が付きやすい。夏休みに海外に行くときにはクリーニングに行っていたのですが、2度ほど職場最寄り駅近くの歯医者さんにお世話になったことがありました。
去年、詰め物が取れたのでお世話になり、1年以上たっていたので、そろそろクリーニングを兼ねて虫歯チェックに行かなくちゃ、と思っていたわけです。今年は8月に長く東京を離れるので治療が中途半端になってしまうといけないし、と思って、昨日予約。虫歯があるかも、と思ったのですが、幸い虫歯はなく、歯周病治療もまだ不要とのこと。
歯医者さんは虫歯治療を受けてみないと、本当の良しあしはわからないと思いますが、仕事帰りや仕事の途中で抜けても大丈夫な距離にある病院として、ここにお世話になるつもりで、もう少し頻繁に(半年に1度ぐらいは?)クリーニングに行こうと思います。

新しい先生方、どうぞよろしくお願いします!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/22991720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2016-07-13 05:53 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る