優勝していた

大耳は決勝に進めなかったので手に届きませんでしたが、大皿はリーグ優勝でもらいました。
あとは小耳を貰うだけ、なのですが、たぶん、そうは問屋が卸さないというのが22日のドイツカップ決勝となるのではないでせうか?

リーグ4連覇というのはブンデス史上初めてということで、バイエルン市場(爆)では記念品があれやらこれやら。
これは4連覇の4とforeverの音をかけた世界向け記念品。U2(you too)型ですね(笑)。
a0094449_1753271.jpg


こちらは、バイエリッシュを母語にしている人向け。ドイツ連邦ってこういうことだな、とつくづく思います。
a0094449_1756163.gif

4は4だ!ってふふふ。星4つじゃなくてマイスター4つ。まるでベルニの手のような。
ああ、1年前にベルニと写真をとったりサインしてもらったことを思い出しました。

最後までドルがお尻かじり虫(古っ)状態でしたけど、ハセベが大活躍したフランクフルトにドルが負けた時点で優勝決定!という独り勝ちとはいいがたい終わり方でした。いや、やっぱり、リーグっていうのはそうじゃなくてはね。


バイヤンのHPには4連覇の思い出写真集が掲載されていました。
a0094449_1892212.jpgブイテン兄!コブタちゃん!

a0094449_1895464.jpgダンテ!

a0094449_18102227.jpg有終の美!トリプレの年でしたね~

a0094449_18174194.jpg「線路は続くよ、どこまでも」を元歌にして「マイスターは続くよぉ、どこまでも~」なんて歌っていたのかもしれません(違)。


そのあとこんな感じで2回リーグで優勝したのでした(省略)。
a0094449_18193349.jpgコブタちゃん!

a0094449_1820324.jpg
このラムたんとコブタちゃんが並ぶ写真を見たときは、まさか「白い靴、履いてた、コブタちゃん。チウリップに連れられて行っちゃーたぁ」よろしくマンUに移籍するとは思わなかった。


そして2015-16シーズン。ポスター、ちと許せないんですけど。そりゃ、ええ、ミュラーがラムたんの次の次ぐらいには代表でもクラブでもキャプテンになるんでしょうけれど、現役カピテンが画面の端っこってどーいうことなのか?!かろうじて腕のカピテンマークでこのシーズンのカピテンだった、ってわかるんじゃ?
a0094449_18262575.jpg

さて、先週の土曜日の試合の後はこんな感じだったようです。フジ次も、どうせ「録画中継」なんだったら最後のそこまで流してくれたらよかったのになあ。
a0094449_18295614.jpgブンデス一番、連覇は4回、3時のおやつはベルリンで~♪とフンバしながら飛んでいる写真にもかかわらず、脳内では某カステラ会社のCMソングがエンドレスで流れてくる(汗)。

a0094449_18353551.jpgこうだ!と振付確認中。

a0094449_18364293.jpgノイヤーみたいに体がでかい人こそ手をきちんと伸ばさなくては!

a0094449_18373780.jpgFCB18でーす(嘘)。

a0094449_1845918.jpgラムたんはレヴァンドフスキーと仲良しなのか?

a0094449_18461124.jpg
ペップに(いいように)踊らされてきた選手たち。お疲れ様でした~(まだ2試合残ってるけどね)。


いや、悪気はないのですが、どうもペップのパフォーマンスというか外観が私には合わなかった。あのピチピチした格好も(40代なんだから、そんな若者みたいな恰好しなくても)、バルサの栄光という後光でバイヤンを動かそうとしている様子も。ペップがすごい、というよりも、やっぱりバイヤンの選手たちがそれなりによかったんだろうな、と思いました。ペップが選手の状態を良くしていたってことよ、というのが正論でしょうけれど、「お気に君」になれないと、ああいう扱いになっちゃうんだなあ、っていうのをしみじみ感じたし。ヒッツおじいちゃんとかユップおじいちゃんの時は、とりあえず、カントクとして誰にでも声をかけていたように思うのだけど、ペップは気に入った選手にだけドイツ語で話しかけていたんじゃないか?なーんて思うことがありました。先日のタスキ君の交代の時のあの態度なんて、カントクとしていかがなものか?と。
ま、ペップは名選手だし、名将の一人なのでしょうけれど、私からすると本当のレジェンドに思えないのはなぜなんでしょう?もちろん、まだ若いからこれからレジェンドになるのかもしれないけれど、「選手の質が保証されている」クラブでしか監督をやっていない人なんだよね、と。育ててるんじゃなくて調教してるって感じがするのです。たとえばブレーメンなんかで監督やってみて、それなりの成績を上げたんだったら私も褒めてつかわそう(エラソー)。あはは、ブレーメンじゃフリンクサーが両腕のお絵かきを見せながらガチで待ってるかな?
a0094449_1942359.jpgいつの日か出版されるであろうラムたんの「2冊目」に彼のコトは何と書かれることでしょうーか?(笑)


さてさて、ブンデスは今年も多くの日本人選手が属しました。おかげで、日本でも生中継がたくさんあったわけですが・・・。
知り合いの知り合いのお子さんであるゴリ酒井君たち3人も日本人がいるハノーファ96はついに降格。
キヨタケ君の評価は頭一つ抜けてるようですが、そうなるとハンブルクに残るのかしら?だし、ゴリくんはどうなるのかしら?ってことのほうが心配。ゴリくんは大器晩成型というか、何事も人の倍時間がかかりそうだ、というのは知り合いがしてくれた「小さなヒロくん」の話の話から感じるところでして・・・。かといって、ブンデスで恥かしがり屋のゴリくんをほしいというチームがあるかしら?

ということで、私はゴリくんの去就が気になるこの頃です。
リーグの残り1試合はそんなハノーファーとの試合。
同じ酒井つながりでゴートクのいるハンブルクは降格の心配はないのですが、オリッチは契約がこれで終わってしまう。オリッチ、最後の試合も出てくれるといいなあ。オリッチがどこへいくのか、きゅん子さんがブログで書いていましたが、大丈夫、オットルくんみたいなことにはならないから。
ああー、そんなオットルくんは今シーズンも、ネットショップのお仕事だけだったのでしょうか?オットル君どうしてるのかな?早くコーチの資格を取りなさいって、言ってあげたいなあ。

ところで、うちのおかーさんは「ハセベはまだ日本に帰ってこないのかしら?」と申しております。残留決定なのかな?ニコちゃん監督のもと、ハセベは重宝されている様子。ハセベは絶対にブンデス向きと思っていましたが、スゴイことですよねえ。たぶん、日本ではもう満足できないと思う。だから最後までドイツで頑張ってほしいです。そうそう、本当に引退と決まったら、「心を整える」をドイツ語版で出せたらいいのにねえ。Zen路線で絶対に売れると思う。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/22793493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2016-05-09 19:35 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る