桜は桜でも・・・

実は私は桜についていえば、満開のころではなく、咲き始めのころでもなく、散り際でもなく、堅いつぼみが目につき始める2月の頃が一番形としては好きなのです。誰に気付かれることもなくエネルギーを静かに溜めている感じがして、なんだか反省させられたり、自分も頑張ろうと思ったり。

さて、職場への往復の途中に立派な桜の木があるおかげで、毎年、花見にでかけずにすんでいます。
朝は人通りがまだ少ないので、こころゆくまで桜を堪能できます。
毎年のことですので覚悟してるとはいえ、連日の残業(普段、残業があまり発生しない職場だけに、身体に堪える・・・)にへとへとになって自宅最寄り駅に到着すると、駅前では夜桜が待っている。桜の木の下での宴会は禁止されているけれど、通りの店からの「新人歓迎会」なのか「いつもの飲み」なのかは不明ながらも、明るい酔っ払いの声が聞こえるだけで、世間でいう「花見」はできた気がします。
今年は、引っ越しをして初めての春です。この10数年、春に同じ道を歩くことはありました。しかし、歩く方向も歩く時間も違っていたので、目にするもの、気づくことが違う。
歩道橋を歩いているとき、八重桜のように濃いピンクの夜桜があったのでびっくりしたら、それは信号の「赤」が当たっているからだと気づいた夜もありました。

昨日の本降りの朝は、枝の先で散らずにがんばっている桜の花に励まされ、残業でへとへとになって自宅最寄り駅に着いた夜10時ちかくには、夜空を雪のようにひらひら舞う桜の花びらの中で、おそろいの塾配給バッグを背に、これまたクルクルと舞う小学生たちの歓声になぐさめられ。枝についていても、散っても桜には役割があるんだなあ、気づきます。

「へー、疲れた」な毎日ですが、そんな桜の百態ともいえる様子に気付けたことが、この春の「残業手当」じゃなかろうか?と思います。

ソメイヨシノよりも先に満開になった職場の枝垂れ桜。建物の出入り口とは反対にあること、職場にも立派なソメイヨシノがあるために皆の目はそちらにいきがち。より濃い色の花びらなのに人目につかない、というところもお気に入りです。
a0094449_526135.jpg

a0094449_5264244.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/22694537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2016-04-08 08:02 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る