今週のお弁当(wieder) IH:2016.1

IHになってまだまだ不慣れな毎日ですが、日々のごはんはやっぱり作らなくちゃいけません。

一番の違いは、ガスの時は火を充てる場所を自分で決めることができたけど、IHはそれができないこと。
フライパンを振る、鍋を斜めにして火を入れるなどはできません。
フライパンを振ったら、IHのガラス面が傷ついちゃうだろうし、卵焼きを巻こうとフライパンを斜めにすると、速攻点滅が始まる。
ただ、すぐに底を当てたら加熱が再開されるんですけどね。
少ない煮汁に火を入れたいとき、IHの人はどうしてるのかなあ?IHは直径が最低15センチの鍋でなくてはなりません(とほ)。みんなどうやって食事を作ってるのかしら?

と愚痴りたくなりますが、かといって、世の中からIHがなくならない、ということはそれに見合った調理方法があるのかもしれません。とにかく、慣れることが先決。

ということで、1月からはお弁当生活も完全復活。
a0094449_1001543.jpgシャケは家人のお友達の魚卵店で買ったアラをほぐしたもの。卵焼きは出し巻き卵。この日はうまく巻けたけれど、一方味付けは薄くてぼんやりしたものになっちゃった。ひじきと油揚げはさっとゆでて荏胡麻ドレッシング(いただきもの)で和えたもの。ニンジンはいつものごま油と酢で和えたもの。別々に保存してあるけど、お弁当には混ぜていれた。
新年最初のお弁当なので、修理から戻ってきたお弁当箱を使うことに。これは10年選手へ突入しました。

a0094449_1004792.jpg前日、緑のものがなかった、と反省し、ピーマンを買っておきました。ゴボウは甘酒で味付け。家人にはあまり評判がよくなかった。、春巻きと肉団子は前日、急な残業となり、駅ビルの中華料理屋さんで買って帰ったものの残り。ああ、ひき肉料理が食べたい、と残業中、無性に思ったのでした。卵焼きは引き続く出し巻き卵。味は少し強めに。(といっても外見からはわからない)。おいしかった(自分で言うのもナンですけれど・・・)

a0094449_10192.jpg肉じゃが、豚の角煮ともに子の引っ越しで新しくした行平鍋や圧力鍋で作りました~。しかも年末に~。ほうれん草はお雑煮用に買っておいたもの。
私の胃が丈夫でよかった(笑)。経験上作り置きって1週間は保存ができるはずだ、と思います。ちゃんと火をよく通して、よく冷ましてから冷蔵庫にいれたなら。

a0094449_1010839.jpg本当は卵焼きがきっちり作れるはずだったのに、甘みを甘酒でつけたのがいけなかったのか。最初の一巻き目がうまくいかず、急遽、スクランブルエッグ状態に。ああ、乗っけ弁当にしてやるぅ、とご飯も平らに広げておかずのすべてを乗せました。ご飯には海苔とお習字の先生からいただいた醤油ゴマがふりかけてあります。筋子も家人のお友達が経営してる魚卵店で買ったものの残り。あれだけ塩気がきついのだからお弁当箱に入れても大丈夫、っておもいますよ。ええ。

a0094449_1013665.jpgこの日は卵焼きはいつも通りの卵液(つまり甘酒でなく砂糖で)作りました。前のようにフライパンを斜めにするのがむつかしいので、慣れるまでは冒険よりも復習かな?もう卵焼きを作り終えた安堵であとはどうでもよくなり、ほうれん草とベーコンはなんとハサミで切ってフライパンに入れてしまいました(爆)。さらに残ってるものをすべていれました。ポテトサラダは前日これまた残業になって、飛び込んだ駅ビルで買ったもの。






ほぼ毎日がお弁当持参の私。
それが始まったのは2005年ごろから。ビーズ細工を教えてくれるパートさんがいらして、お弁当を持って集まるようになったからです。彼女が辞めてからは、親しい同僚が次々とお子さんのためのお弁当作りが始まり、お弁当仲間みたいなのができるようになりました。

子供がいないのにお弁当が続くのは、単に職場の食堂が「おいしくない」のと、コンビニのお弁当程度だったら私もできるかも、という不遜な思いだけです(爆)。あ、あと、お弁当箱を食後すぐに洗うことができる職場環境だってこと。洗って拭いて台においておけば、無駄に日当たりが良い職場のパントリーで自然光乾燥したも同然(笑)。愛妻弁当組もそうやって奥様の代わりにお弁当箱を洗い、干して帰宅しています。えらいな、お兄さんたち!

さて私がお弁当箱に凝るようになったのは2006年3月頃からです。当時よく見ていたブロガーさんが高校生のお嬢さんのために白木のまげわっぱのお弁当箱を買った、という記事をupされたのが、「まげわっぱのお弁当箱」を知るきっかけになりました。しかし、実際に私がお弁当箱を買う気になったのは、ちょうどそのころ子宮筋腫を腹腔鏡手術で取ることになっていて、術後に何か新しいことを始めたかったからです。

とはいえ、毎週決まった曜日に数時間がとられることはムリな頃だったので、お弁当箱を新しくしたのでした。

それが月曜に使った楕円型のまげわっぱです。

下見を重ねてわかったのは、白木だけでできたわっぱは洗剤を使って洗えないということ。だから、外側がウレタン加工をしてあるもののほうが良いと教えてくれたのが栗久さんのお店の方でした。
術前によく手入れをしておき、術後の初出勤から使い始めました。8年ぐらいたったころでしょうか、汁物をカップで入れていてもなんとなく漏れる感じがする。
いよいよ買い替えかな?なんて思いながら1年ほどだましだまし使っていたのですが、自分が使っているサイズのものをデパートで見つけることができません。もっと小さなものばかり。そして(当然ながら)値上がりしてる!10月半ば、栗久さんのHPを見て修理のお願いを出そうと思っていたら、なんと催事のために銀座にいらっしゃるというではありませんか!
持っていったら、「緩んでるんだろうから直しておきます」とのこと。
以来2か月、すっかり忘れていたころに、栗久さんからお電話があり、修理が済んだので送ります、とのこと。
それが2015年の暮れ。

なんか、一区切りがついた気がしました。IHに向かい合おうって気になったというか・・・。

ということで、再びお弁当の写真をupします。写真をupするようになったら「むちゃくちゃ詰め」は減るかな(笑)。
月曜は普段は別の勤務先へ応援に出ることが多くてお弁当をもっていかないのですが、この日は通常勤務だったので新年早々からのお弁当作りとなりました。来週からは原則週に4回のお弁当作りとなる予定。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/22135017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2016-01-11 10:36 | 料理 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る