違う物を買うはずだったのに(爆)

この数年、多くは夏になると一度限りですが金属アレルギーを起こします。
職場のパートさんに手先の器用な人がいて、Tシャツや夏のワンピースに合わせるために作ってもらったビーズと天然石の長めのネックレスが数本あるのですが、鎖と留め具がメッキ部分が首元にこすれて腫れてしまうのです。ほんのちょっと首に触れたとしても腫れる時がある。腫れない時の方が多いので、腫れたり痒くなるのは疲れている証拠だろうなと思うようになりました。
(冬でもインドで買ったピアス←台座の素材は不明、で被れたことがある)
皮膚に当たらなければよいので、少し着用の仕方を気を付ければよいだけではあるものの、本来合わせたかったものとではなくなるのでちょっぴり残念。
(作ってくれるパートさん自体、皮膚が弱くて、首に触れるのはだめだから、冬にタートルネックなどに合わせていると伺い、ちょっと安心)。

きちんとしたアレルギーチェックはしなかったのですが、3度目の夏に、お医者様に、皮膚に触れるものはメッキではなくホンモノにしてください、と言われました。
なので、首回り用の短めのものを買いたいときには本当に慎重になります。

私が欲しいのは、Law & Orderの検事補役の女優さんがつけていたような、色石でできているネックレス。
ほんとなんでもない形なのですが、素敵なのです!いや、付けている女優さんがステキだからだと思いますけれど。服の色とリンクした色石(それも大きすぎず小さすぎず)を繋いだシンプルなもの。日本だとAgeteみたいなブランドにありそうなのだけど、いつ見てもない。残念。

ところが、昨日、閉店時間近くの伊勢丹をフラフラ歩いていたら(職場でかなりプンプンしちゃうことがあったので気分転換)、探していたデザインものを見つけた!と思ったのです。
お店の人が鎖部分の素材を調べてくれたのですが、残念!メッキでした。
そのままお店の人に勧められるままに、チェーンは10金の養殖真珠やら色石の一粒ネックレスを試してみることに。
華奢なものを勧められましたが、もう中年というよりは正直老年になっても使える物を、という年齢だし、自分でも「ああ、私ったらいぢわるばあさんな発想だな」と思うこの頃(昨日もその発想からプンプンしちゃったわけで)、甘い感じのものは自分を偽る気がして、「違うなあ」と付けては外していました。そして自分から「コレつけてみたいんですけれど」と言って気になっていた物を見せてもらいました。

うん。これだったら、あれに合わせよう、これの時につけよう、と色々想像ができる。ということで同じ色石で対応しているピアスも購入。
本当は5階へ鍋を購入しに来たはずでしたが(爆)、この日は時間切れ、4階で足はストップ。

また明日来なくちゃ・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/21936065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2015-12-17 04:38 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る