最期までよろしくね

物騒なタイトルにしましたが、私はいたって元気(のはず)です。
いや、IHのマンションを借りることになり、17年の月日を共にした鍋との別れが続き、新しい鍋を物色しながら思ったことだったのでした。

もし6時に職場を上がることができる日があれば、職場最寄駅にあるデパートの支店と新宿伊勢丹をはじめとする新宿のデパートの家庭用品売り場をグルっと1周して帰宅しています。
IHの物はガスでも使えるので、今回買うお鍋は、今後どういう家に引っ越そうとも使えるもの、となります。
だから、テケトーな気分で買うわけにもいかず、慎重になります。その時に必ず思うのが「最期まで一緒に時を過ごす道具を選んでいるんだ」ってことなのです。

IHを使ってる先輩(料理上手だけど、普段は自炊をしない)は「レミパン1つで何でもできるのに!」とおっしゃってましたけれど。レミパン、買い替えに後ろめたい気持ちがなくてよい、気持ち良い価格帯のお鍋ですし、チャチャチャなものを作るワタクシとしては、うってつけなのかな?しかし、ティファールのフライパン同様、コーティングが剥げちゃいそうな気がする。
あと、私にとってはレミパンってなんか大きくて圧倒されるんですけれど(笑)。

ということで、ステンレス製の鍋を物色中。
個人的にはガラス蓋の鍋がいいので、たぶんフィスラーから選ぶかな?伊勢丹はフィスラーに特注を出しているそうで、まず、特注の圧力鍋を買いました。
昨日も土曜出勤だったので帰りに伊勢丹に寄り特注の鍋の話を伺いました。重さ、形、大きさともども、色々考えてるなあと思う。
しかし、ブランド名に捉われることなく、日本製のものも見てみたいとも思う。
ところが、伊勢丹は外国ブランドばかり(レミパンもない)。それなりのお値段のもので、良品だっていうのはわかるけど、個人的には日本製も応援したい。

そろそろいい加減お料理もしたくなってきたので(笑)、一両日中に決心しなくちゃね。

今回の引っ越しで、約16年の間に、なんだかんだと色んなものを買ったりもらったりしたんだなあとびっくり。
塩なんて、日常の調味に使う日本製の塩のほか、棚の中からネパールの岩塩が3種類(現地のヒトに持たされた)、対馬の塩(もらった)、ドイツの塩(もらった)、韓国の塩(もらった)が出てきてびっくり!どうやって使うんだろう・・・これこそ一生かかっても使えないかも?
ソルトミルを楽天で買うぞ!
ワタシの旅の思い出である蜂蜜。靴を買ったときについてくるハコ(紙箱なのに丈夫!)に3箱ですよぉ。いい加減、食べて行かなくちゃ(もったいないけど)。

反省に近い思いでいる一方、そういうものを買った旅を思い出すと、ついつい手が止まってしまったり(笑)。なかなか片付けられません(とほ)。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/21899858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2015-12-06 09:40 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る