アロンソ!と中継アナが叫ぶ

する予定ではなかったのですが、目覚めて「あ、そうだ、CLの予選だわ」と。
久しぶりに聴戦をしています。目覚めて、といっても、朝5時だったので、すでにマンCが1点リード、ベナーティアが赤紙をもらった後のこと。

ま、消化試合になってしまっても、構わないわけよね、バイヤン的には・・・と思いながら、他のことをしつつFCBラジオを流しっぱなし。

わたしはついつい「シャビ・アロンソ」とフルネームで呼ぶのですけれど、ラジオでは中継アナが「アロンソ」とだけでも言うんだ、って久しぶりの聴戦で知りました、というか気づきました。なんか、フルネームで呼ぶことで彼をアイデンティファイしてたので(シャビはもう一人いるし、アロンソとだけだとなんか「出稼ぎとしてのスーパー感(え?)」が足りない感じが)。

そして、なんか、良い感じ?と思ったら
「アロンソ!決めた!ゴール!誕生日ゴールだ!」(もっと細かく色々言ってましたけどね)とアナウンサーが興奮して、ゴール(というかFKらしいけど)、を決めたことが分かりました。

33歳になったそうですよ!おめでとうございまーす!ラムたんがいない間も、ü30として、世界のサッカー界のトレンド(30歳過ぎてもスタメン!)を引っ張ってほしいです。
スポーツ選手(サッカーに限らず)が30代を迎えるのは難しい職種の一つだと思うのですが、若手中心でいく、というチーム事情がなければ「ベテラン」という括りにならなくなりました。年齢は、あくまでも、実際のことであって、その選手の形容詞ではないんだなあ、って。

おっ?2-1に。レヴァンドフスキーが決めた。
a0094449_661060.jpg

久しぶりの聴戦。仕事をしながらだから、それだけを聞くわけにはいかないけれど(笑)。もう、PCの前にいられない時間帯になりましたから、試合結果は職場についてからPCで確認になりそう。
つまり、このあとの45分+αは、9時以降に知ることになります。ああ、今日締切の書類がなかったら、もっと集中して聞くんだけれどなあ~。BGMとしては、聞き流せないコトが多すぎる!

それが聴戦の楽しみですね!

そして、目下はハーフタイムでFCBラジオからは音楽が流れるだけなのですが、
やっぱり、もう南の星は流さないんだな、FCBでは。
あーあ、残念。正直言って、ワタクシ、このBGMは嫌い。
まるで、小学校の時の「踏み台昇降」のために流れる音楽みたいだから。
退屈!
楽しさがないっていうのかな。機械的な感じ。破たんなし。ま、ペップの試合みたいな、っていうかね。一応細かいリズムを刻んだりすることもあるんだけれど、メトロノームでテンポを採って、少しでもずれたら怒られそうな曲の構成(笑)。オットルくんなんか、ぜったいに微妙にズレてしまうだろうな、って感じ。
誰が、この曲を作ったんだろう?
っていうか、誰がこれがハーフタイムのバイヤンを象徴する曲として最適って思ったのかしら?

ワタクシとしては、「今こそ、辛いときだって、どんな時だってそばにいる!」ってメンバー事情な気がするんですけれど(コブタちゃんは帰ってきたけどね!)、チーム事情としては「勝ってますけど、それが?」って感じなのね。もうファンに「悪いが、こういう感じだけど、応援たのむ!」って感じじゃないんですよね。

ワタクシは案外「浪花節」なオンナなのかもしれません。

あ、一昨日、「youはなにしにニッポンへ」という来日バラエティを見ていて、家人と私、二人で反応してしまうシーンがありました。
ドイツから岡山空港(滅多に外国人が降りないらしい)にやってきたYou(外国人)を取材している中で、ドイツからやってきた、ニホンゴが離せないおばさんの世話をすることになったテレビクルー。おばさんが初めて会うらしい日本人に電話をかけてほしい、自分の携帯は日本では使えないからあなたので・・・というところから始まり、オバちゃんパワーにクルーが親切に対応するんですけど。クルーが「で、お名前は?」といったら
「〇〇・バラックよ」と(〇〇のところは忘れた)。

バラック!?

家人は「へえ、そういう名前があるんだな」ぐらいでしたが(家人は少数民族としての彼、にやや感心があるらしい)、私は「やっだー、長男と同じ苗字なのに、この人ったら平気「〇〇・バラックさん」って記号のように復唱しちゃって。なんでこの人、ピンと来ないのかしら?」とかなり興奮気味(笑)。
家人から「えーっと、この苗字でそこまで盛り上がれるのは、キミとそのお友達だけでしょう?」と冷静なツッコミが(汗)。

そのおばさん、長男と違って、赤目の金髪の人でした。だから親戚とかじゃないと思うんだけど、微妙な「ジャラジャラ」感というか、化粧と服の組み合わせが、というか・・・。ざっくばらんな感じでした(笑)。
ま、まさか遠くの親戚じゃないよね。ホントにあのディレクターに気づいてもらいたかった(笑)。

それがきっかけになって、家人は、「あのさー、長男って、いま何して食べてるのかなあ?」って。給与所得者の哀しい性。仕事しないと食べられないと思う夫婦ならではの会話でした。でも、ホント、どうしてるのかしら?どこにいるのかな?
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/20430356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2014-11-26 06:06 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る