1点で良いから、とり返して!

先週も終わりの日、ブンデスの師匠が職場にやってきました。

それはお仕事関係での打ち合わせでしたので、私自身はいらしてることすら知らなかったのですが、打ち合わせが終わったとかで、ちょっと寄ってくださりました。
ちょうど、朝、フジテレビで録画中継してたCLのレアル戦を見たばかり。大盛り上がりの15分でした。
実はCL直前のクラシコをwowowで再放送中だったのをお炊事片手に見ていたワタクシ。動きのよいレアルに包丁を握ったまま「うーん、今度は難しいよね」と思いましたよ。

CLの準決勝としてのレアル戦というよりも、なんだか私にはこのカードはWM14の「ドイツvsポルトガル」前哨戦と思えるのです。
クリロナ1人でポルトガルと言っちゃいけないのかもしれないけど、でも、彼を止められない父ちゃん's Jungeたちという構図が目の前に広がっています。
(前試合では得点を決めたのはベンゼマでしたが)
Kicker(日本語版)によれば、レアル戦1st leg敗戦後にミュラーが「レアル戦にむけ、僕たちにはみんなのサポートが必要だよ。クラブ全体、そしてメディアからもね。僕たちはドイツ人なんだから。」と言ったそうですが、私は彼とは違った意味で「ドイツ」の括りでこのクラブチームを見ないわけにはいかないよね、と思うのです。
ミュラーは「火曜日で成功を収められなかったなら、君たちは僕をどんなに書き下ろして構わないよ。」と言ったそうですが、はいはい、そうなりそうですよorz・・・。
(火曜日で、は、「火曜日に」、書き下ろす、じゃなくて「こき下ろす」、じゃないのかな?Kicker日本語部隊さん!)

私は師匠に今の状況で2年連続で3冠なんてことはありえない!もしそうだったら、ブンデスでもあんな負け方とかありえないでしょう・・・と。カウンターに弱い、とまるで父ちゃんちのような試合を見てる感も。

今朝、起きたら前半が終わっていてレアルが3点入れていた。もう絶望的、といわんばかりのライブティッカーをを読みました。せめて1点は返してほしい!

a0094449_6171999.jpg


そんな願いもむなしく、くー、今日の試合も89分にダメ出しの4点目を入れられた!しかもクリロナに!
あああ、WM14がどういうわけか盛り上がりに欠けている状態で、父ちゃん一家の半分がいるクラブがクリロナにやられた・・・となると(汗)。

正直、ラムたんたちは疲れ切っていると思う。いや、今シーズンは良く頑張りました。新しいカントクが来るとインフルエンザ予防接種を打った後に大風邪をひくようなバイヤンが、なんだかんだ言ってリーグ優勝をしたんですから。パスを回して回してというスタイルは体力を使うよね~。

私は個人的にはカップはドルがとってもおかしくないと思ってマス。クロッポンのクラブ愛の熱さに、ドキドキです。

さて、前回のブレーメン戦で久しぶりにラムたんのフランケ炸裂!でしたけど、ああいう、二つ先のプレーを見越したボールをラムたんは封印していたのか、封印させられていたのか、とにかく、今シーズンは本当になかったなあ。
ラムたんは確かにペップの言ったことを、スイスイスイっとやることができる選手ですが、それよりも彼のすごいところは2つ先のことを瞬時に考えてボールが出せること。

「ラムたんの二つ先を考えたフランケを出せないペップのパターンは、読まれたらおしまいだと思う」と師匠に言ったら大うけ。ペップがパスにこだわると言うんだったら、こう言ってやりたい。「クロスは超高度なパス!」と。

昨晩、アメトークはWM14直前スペシャルとなっていて、結構考えさせられる内容でした。どんな選手が選出されるといいか、ということ。その選出理由をサッカー通のお笑いタレントが熱く語る番組。みんな本当にサッカーを愛してるだけでなく、ちゃんと見てるよね、と。
しかし、私が「変だよね、この選出理由」とテレビの前で箸を振り回し始めました。
(我が家ではサッカー関連の番組で私が箸を回し始めると、こんなことじゃいかーん!と私が言い始める合図になってしまいました)

どの選手も「突破力がある」「ドリブルがすごい」ってことばっかり理由になっていて。いや、FWはボールを待ってればいい、という時代じゃないんですけどね!もちろん日本チームは得点力不足だし、点を獲らなくちゃもちろん勝てないのがサッカーなのでFWが心強いというのだったら、そりゃまあ、いいけどね!
でも、どうするのかしら、DFがうまいチームと当たったら。Jリーグの中では突破できても、海外のクラブとやったら負けちゃうって、どういうことかなあ、って。
私は家人に宣言しました。「DFのクロスの精度が悪い限りは、このザックジャパンは浮かばれない」と。世界的動向としてSBが前にドドドーっと走りこんでくるのですから、ナガトモたちの動きは世の習いに適合してるとは思います。
しっかーし!
前に走ろうと、ちみちみとつなぐパスサッカーになろうとも、相手ががっちり押さえたら点は取れないのでアール!
むしろ、クロスによって一瞬にして空間を変えることができるのだ、ということをもっともっと日本は意識しないとダメだと思う。クロスっていうのは「ロングボール」じゃないんだよ!

遠藤が機能できなかったら?それこそ彼を封じ込めれば、カガヴアにもホンダにはもちろん、FWにもボールは行きません!クロスをもらわなくてもこぼれ球に動物のように食らいつくオカザキの存在は本当に貴重だよね。でも普通は、クロスが必要。

チミチミパスサッカーになっているFCBにも言ってやりたいわ!
パスサッカーはもちろんスゴいことです。でもね、空間を変えなくちゃ、単調なサッカーになってしまうのでは?読まれるサッカーじゃなくて読むサッカーをしてほしい。

Kopf hoch!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/19733921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2014-04-30 06:14 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る