ラムたん、コブタちゃん、ハジメちゃん

あー、どうして今日のシャルケ戦にラムたんが出ていないのか、不安になるワタクシです。
喪黒ババさんは「いやあ、ずっとラムたんは出てましたからね!」と(バイヤン戦初解説?の)秋田さんに言ってましたけど、そういう問題なのでしょうか。

勝って終わった試合だけに、「ラムたんいなくてもラフィーニャでこのチームは機能するじゃん。上等上等。コブタちゃんかトニクロが調子悪いときには愛用しよう」なんてつもりじゃないですよね?ペップ監督?

だって、ラムたんは「ペップの便利屋」じゃなくて、カピテンですから!
本当のゲームキャプテンはコブタちゃんだろうけど、でも、カピテンですから!
さて、今日のコブタちゃん、今日もコイントスのために残った男の子にちゃんと握手をして、励ましの言葉をかけてましたね!だからか、審判団もこの男の子に気を使ってあげていたような。そういうことって昔はラムたんの得意技だったような気がするのですけど・・・。そして、コブタちゃんのそういうところがとっても私は好きです!

日本からのブンデスリーガーはたくさんいるのだから、そういうところを見習って、日本でも代表がエスコートキッズと温かく接してくれるといいのですけどねえ。カピテンハセベあたりからやってくれると、子供たちだって嬉しいと思う!

ということでわかるように、今朝はバイエルンVSシャルケの一部を見たのでした。
見るつもりじゃなかったのですが、昨日から家人が長い出張に出てしまい、私はテレビを点けたまま寝入ってしまったのでした(いつもは家人が親切にも切ってくれる)。で、あの、お下劣なオネーチャンたちがチーズと一緒に登場するシーンに流れる音で目が醒めちゃったのです。あああー。
スタメンにラムたんがいない、という時点で、もうどーでもいい、という気もしましたが、アラバのFKなど、最初から「おー!」という試合展開でしたね!

数シーズン前とは違った意味で「もはや負けられない」状態のバイヤン。中継アナや解説者はこのチームの試合の時には、かなり楽なんではないか?と思わずにいられない感じでした。だって、褒めておけばいいだけなんだもん。
おまけにフジ次的には、今日のシャルケの目玉商品(右SB)は怪我で欠場だから、彼のことを語る必要もないし。

右SBが怪我したと聞いたときは、まあ、あそこはゴリ酒井君とか、ハジメちゃんとかいるから大丈夫!と思っただけですけど、それは私の中で「カピテンハセベがボランチでいる」というのが前提だったのです。

が、そのカピテンハセベ、またまた手術とか?!実は日本代表、危うし!って感じがするのですけど・・・私が心配性なだけかな。
海外のビッククラブで干されている、または入団した時の持ち上げられ方からすると、あららんな報道ばかりが聞こえてくる前二人。そんな彼らをいろんな意味で支えられるのはカピテンハセベだと思うのです。
若い選手たちがアーダコーダとアドバルーンをあげられるのも、カピテンがハセベだから。

もちろん、ハジメちゃんがボランチを勤めることは十分可能だと思うけど。ハジメちゃんは、静かに自分の価値を上げて行っている。
私はハセベーハジメちゃんのブンデスコンビでボランチを組む日が近いかな?とは思っていたのですけど。

ほら、ピチピチ反町ジャパンの2軍キャプテンとして登場した時もそうだったけど、遠慮のある性格のようだし。だから、遠藤とダブルボランチになった時の阿吽はどうなのかな?と。
ザック、そのあたり、ちゃんと考えてるよね?いくら日本人とはいえ、やっぱり阿吽とか以心伝心は時間の共有が必要なんだってこと、ちゃんと、周りの人たちは教えてるよね?

そして、ラムたんが早く右でも左でもいいから本業のSBで仕事をしてほしいと思ってマス。しつこいかもしれないけど、ラムたんはペップの便利屋じゃないから!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/19524607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きゅん子 at 2014-03-02 21:52 x
シュヴァは、ラムたんがバックで構えていてくれるからこそのゲームキャプテンです!(笑)
そうですね~。あまり上手くは言えませんが、確かにラムたんは今便利屋みたいになっちゃってますけど、バイエルンの様にほとんどが代表選手で、CLもPokalも最後の方まで勝ち進み、特にシーズン後半の疲れてくる時期に試合が立て込んでいるチームだと、ラムたんの様に今まですべての試合に出てきた選手であっても、きっと本当は時々休みを入れながらやっていかないと大変なのだと思います。
Commented by きゅん子 at 2014-03-02 21:52 x
そもそもボランチでプレーするようになったのは最初こそその穴埋め的な意味合いもあったのでしょうが、今まであまり試合出場のなかった控えの選手の試合感をある程度維持させ、どういう事態になって誰が欠場・出場することになってもある一定以上のレベルが保てるようにするというのが目的の一つなのではないかと思うのです。
とはいえ、ラムたんの様に一定のポジション(本業)でのプレーに特に秀でた能力を持っている選手は、やっぱりそこでのプレーに集中させてあげたいですよね。
なんというか、本業がどこなのか実際のところよくわかんない選手・・・いや、プランちゃんの事ですけど、彼なんかは、左SB・SH、ボランチからトップ下、時には右SHと、それこそ便利屋としてしか見られていないような使い方をされていましたっけ~(^^;
Commented by eastwind-335 at 2014-03-03 18:50
きゅん子さん、こんにちは。
本当に、バイヤンは代表選手が多すぎで、誰もがきちんとレベルを保っているから外すのが難しいですよね。二人羽織ができちゃいますよん!
そして、どの試合も負けられない状況だけに、選手をローテして一定のレベルを保持してなくてはならない状況になってしまいましたよね。
今年のバイエルンだから言えるゼイタクなのですよね~。

いや、なんか、気になってしまったんです。巧くいえないんだけれども。

プランちゃんもよく応えるなあ、と思ってましたけど、選手ってどういう気持ちなのでしょうね、こういう時って・・・。
by eastwind-335 | 2014-03-02 20:44 | バイヤン | Trackback | Comments(3)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る