ああ、もっと言葉数をすくなくしてもらえないでしょうか?

朝、目覚めたらフジ次でフライブルク戦の再放送をしていました。ちょうど、前半ハイライトのところでした。
中継アナ・解説者の声をきいて、勝ち試合だというのに朝から暗い気分に。ああ、録画にしておいてよかったー。私は、DVDに収めるためにCMカットなどを手動で行ってます。あのオネエチャンのシーンをカットするのも面倒だというのに、そのあとはチンタオの声でいっぱいな120分に編集しなくちゃいけないなんて、かなりこの試合は修行になりそう。後半68分までは音声カットで、そのあとは3倍速を使って作業しなくちゃ。

ところで、ラムたんは、天輪(時計のムーブメントの一つ 一定のリズムを作り出す)なんだなあ、と思うこの頃です。
どんなに一つ一つの部品が良くても(材料も作りも性能も)、フェイスの部分がカッコよくても、ここのバランスが肝心。たぶん、父ちゃん一家だったらビア保父の企画で時計を作る修行にも行かされたのでわかってると思うけど。

そんなラムたんが特段不調でもないのに途中交代できるのが、今のバイヤンなのでしょう。
ちっ、なんでゲッツェと交替なわけ?と思いましたけどね!

中継のチンタオ並に「ウザったい(←私からすると、ですけどね)」プレーをしていたシャキリ(長島さんの「ハットトリックはしようと思ってはできない、周りがお膳立てして3点目になる」という解説に大きくうなづいたワタクシです)と、コブタちゃんが交替になったのは納得できましたけれど、ゲッツェのためにラムたんなの?と。

まあ、ペップはもうラムたんがいなくてもこの試合は大丈夫と踏んだからでしょうけれどね。水曜のCLの方が大変だし、英国週間2週目になるとツライだろうし。
とはいえ、温存とは、本当に巧い言い方だよね。

私はカピテンの温存はなかろうよ、と思います。カピテンなんだもん。相手チームにも失礼じゃん、と。ここで替えてもいいのは、ミュラーあたりなのでは?と思うのですけど。ま、ペップはそうは思わなかったってことだよね。ミュラーが悪かった、わけでなく、直近に見たプレーではシャキリがミュラーの意図を掴み切れなかったというプレーだったから(最後のミュラーのジャンプがなかったら、ピサロのゴールだって決まらなかっただろうし)。

この時点で、オノマトペ満載、うるさいうるさい「中継」という名の解説をする局アナと、解説としては悪くない時もあるけれど、妙にはしゃいでいる(ロッベンの利き足でない方でのドリブル&シュートに「僕の方がうまいです」と言ってみたり)テレ朝の解説者と変わらない音量の解説者、興奮度合のMax状態な二人に疲れてしまい、消音をして、新聞を読みながら時折画面に目を向けると・・・。
ブイテン兄の帰還!
a0094449_8391854.jpg

WMもあるし、ブイテン兄には、本当に本当にがんばってもらいたいです!チーム愛のある選手がピッチに立っているのを見るのは、気持ちがいいです!
(上の写真、「バレンタインデーに、って日本からいくつもチョコが届いてさ~。日本は3月14日にお返しをしなくちゃいけないんだってさ、どーしよ?」とコブタちゃんがブイテン兄に困惑気味に見せてる感じがしなくもない・・・)
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/19470550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2014-02-16 08:48 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る