BGMはむつかしい

ガガガーンなDVDダビング事件。

家人からいつもそんなに録っていていつ見るの?とダビングをからかわれていたので、思い切って、韓国の連続ドラマなどツタヤで借りられるものは1枚でもデータがダメになってしまった場合には見られるものも処分しました。それでもまだ50枚近くのチェックが残ってます!

サッカー(特に12-13トリプレの一つ、DFBポカールの決勝戦)のDVDデータが破壊されていたのは非常にショック。が、家人から、DVDはすぐにケースに入れなくちゃいけない、という当然ながらの指摘があったのと同時に、このDVDデッキがもうダメなのかも、という話も。確かに、昨日も「花よりおじいさん」のダビング早々にフリーズ。電源を引っこ抜くという荒業をとりました。今月これで3回目!DVDをダビング用に変換することができない時もあったりして。
もう6年近いんだもんね。買い替えてもいいのかも・・・。

やれやれなのが、すべてをXPで録画、ダビングをしてあった「花よりおじいさん」は無事だったこと!すぐにしまいましたよん。

このバラエティーが何かの賞をもらったとありましたけど、本当にこれは面白い企画でした。韓国の人は若い人たちは個人手配旅行に出ている人が多いイメージですが、やはりある年齢以上の方にはびっくりでしょうね~。人気があったのはわかります!
人の組み合わせもよかったし。ナPDのセンスの良さ、作家さんの巧さも伝わってくるバラエティーです。実を言うと、このあと、「花よりおねえさん」もあるのですが(ますますMnetの解約が遅くなる。あ、wowowも結局解約せずなのでした)ドジョウは2匹目まででお腹いっぱいになるワタクシ、「お姉さん」でおしまいにしてほしいです(笑)。

ヨーロッパ編は、私はまだ行ったことがないけど両親は体験済のルクセンブルク、スイス。特に父はルクセンブルクは個人旅行でしたので7回分を楽しみそう。
そして、8回目からは台湾編。台湾は自分も行ったところなので「あ、ここ、台北駅だ~」とかあれやこれや・・・と、懐かしく思い出すところが!

単なる2回目の旅行ではなく、今回は、直進!長男が遅れての合流のために、それまで存在感なくいた次男シン・グが引っ張って行かねばならなくなり・・・。その次男の奮闘ぶりも面白くて(笑)。
住所だけでその場所に公共交通機関を使っていかねばならないというのは、普通の旅行者だったら当然のことだけど、俳優たちが、しかも70歳を超えてとなると、ほんと大変だろうなあ~。

で、最新第9話を「録画ができたか」確認するために見たのですが、中正祈念堂のシーンのBGMにびっくり。いやいや、あれ、「ラストエンペラー」のBGMですよん。ラストエンペラーって溥儀のことですよん。
台湾という国の成り立ちと考えると、あれ、いいのかな?と思ったのですが・・・。

あの番組の面白いところは、世代差。
漢字教育をうけてる世代だっていうのがよくわかりました。

おじいさんのかばん持ちであるイソジンは、少女時代のサニーと一緒に台北に行けることになり、過去8回の放送では見られない嬉しそうな表情ばっかり!サニーが「台北に来てもホテルとコンサート会場だけ」という話をしていたことにちょっとかわいそうな気がしました。宿泊先のホステルは韓国でも人気がでそう!
サニーが来たことで、おじいさんたちが独り身の甥を心配するような感じで、イソジンたちを困らせる(笑)。そのあたりもすんごく面白かった。
42歳のイソジンの「自分のほうが年寄だ」発言も。25歳のサニーの行動力、勘の良さにイソジンは、楽をしていると言ってたけど、気の使い方がまた別のことであったからかな?ほんと、疲れてたね・・・。
いやいや、そう考えると、おじいさんたち、若いよね!言いたい放題だからかしらん(笑)。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/19249126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2013-12-29 08:12 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る