決勝戦はツナミさんだった

久しぶりにバイヤンのことでブログを書く気がします。
だって、この頃、本当に強すぎて、こっちが熱くなることなく試合が終わってるんだもん。

a0094449_8265048.jpg

昨日はこの1週間では一番マシな一日でして、お部屋をちょっと片付けたりしていたのですが、夜になったら再び変なクシャミが(汗)。
ということで4時に起きるのはやめておき(というのも、月曜日に出勤しなくちゃいけなくなったので)、寝る前にちゃんと予約録画をしておきましたよ!クラブワールドカップ決勝、vsラジャ・カサブランカ!

で、起きたら朝でした。しかも、時計は6時を過ぎている!急いでテレビを点けました。
試合時間的には後半38分。
ノイヤー危うし!というところでした。解説が絶叫という感じでもない。で、なんとなく聞いたことがある声・・・。

つ、都並さんだー!

ノイヤーよくやった、とか、ラムたんがんばって、とかじゃなくて、一瞬15歳ぐらいに戻った気分。

うわあ、うわあ、この声は都並さんだ~!!!

以前も書いたと思いますが、私が高校時代はサッカーの中継は、高校選手権か天皇杯ぐらいで、個人の選手がメディアに取り上げられることは少なかったので、文字メディアからの情報が主体でした。そんなわけで私がツナミさんの声を初めてきいたのは、読売クラブが優勝した時の試合中継後のビールかけの時だったような(その試合だって、生中継じゃなくて、日テレで深夜にこっそり放送してた!)。

その前の75分の状態は全くしりませんが(これから見る)、試合終了までの15分、ややバイヤンの方が疲れが出ているなかで、最後の最後まで「ラジャ・カサブランカ」のFWはイスラム圏サッカーを見せつけましたよね。とにかく、力の残っている者が、前線へ(相手の奥へ)入り込む。

ラジャは希望を意味すると中継アナが語ってましたが、イスラム的な希望ってこういう行為なのかもしれません。いろんな意味で。

バイヤンがこのまま勝つというのが明らかになった時間帯から、中継アナが「これからはブンデスの時代です」と2001年のバイヤンのトヨタカップでの優勝以来、イタリア、プレミア、リーガエスパニョールの時代が続いていたこと、つまりドイツ勢が入り込む余地がヨーロッパになかったと説明がありました。
で、今がブンデスの時代だというのは、この試合の出場権を得たCLの決勝がバイヤンとドルだった、とか、今シーズンのCLの決勝リーグにはブンデス4チームが全部進んだ、からなんですって。
いやまあ、4チーム進んだのは、本当なのですけれど。
でも、だからってブンデスの時代です、って言えるのかなあ?
そんなことを思いながらも、中継アナは偉いな、と思いました。というのも、シャルケとチーム名は言ったものの、そこからウッチーの話にしなかったこと。場をわきまえた人なのかな、とチラっと思いました。

ま、わきまえてないのは、試合が終了した後のスタジオでしょうかねえ。
トルシエもいたそうですが、最後の最後にコメントを言ってましたけど、なんか、言わせただけって感じがしたのは私だけ?
スタジオは試合を見てたんでしょうかね?きっと司会者が両チームの選手から監督までを名前や容姿で茶化し、それを出演者が大うけで笑って聞いてたんじゃなかろうか、と思わなくもなく。
それとも私が見てなかった75分は大したことなかったのかしらん?

さんまのラジャというチーム名の意味に対するコメント、恥ずかしかったなあ。まあ、ああいう人で、ああいうことを言って生計を立ててるんだから仕方ないよね、小ネタしか言えないそういうゲーノージンだから。

そういうスタジオが終わったあとで、現場にカメラを戻す雰囲気に。やった!
決勝ですから優勝セレモニーがあるはずで、最大延長60分と、テレビの番組表にもあったので録画予約も7時半までにしてあって、当然、セレモニーはやるでしょう?その間に決勝のダイジェストを流すでしょう?もうすこしトルシエ節が久しぶりに聞けるかな?ツナミさんたちの総括があるかな?とかなんとか、期待してたんですけど。

あはは(笑)
あはは(涙)
呆れたわ~。

モロッコにいるアイドルが映り、何やら言ってます。
なあに、あの終わり方は?修学旅行のあとに出させる作文の締めくくりのような。
元サッカー少年なんて、この世代は山のようにいる時代なんだけど?もう少しまともなことを言えないのかな。

こういう世界的な組織が運営するスポーツの大会にアイドル起用をするのは絶対に反対!

そしてあっさりと「遠くへ行き~たい」というテーマソングが聞こえてきました。気が抜けたまま、このブログを書いています(笑)
さ、これから、余計に録画した60分を消去しなくちゃ!

追記
あららん、試合直前にもCMをいれちゃって、フォーメーション(スタメン)は10分経たないと出ないのに、自分のところのクルーの名前は最初っからの入れちゃうんだ・・・。生中継された185の国と地域でそんなことやってるの、この日本だけなんじゃ?

ダンテの1点目はダンテらしかったですね。踊るかと思っちゃった(笑)。

前半が終わってトルシエが何か語るらしいとわかり、CMカットにも力が入ったのですが(←手動だから)、4分近くCMが流れて1分強しかない時間枠。その半分はアイドルがしゃべったから、トルシエはその半分だよん(しかも通訳付き)。で、あのアイドルくんは第二外国語がフランス語だったのか、トルシエの話にうなづいてましたが、わかってるんだよね?

後半はバイヤンなりに「大変な時間」もあったようですね。怪我がなく終わったようでよかったよかった。
お、このまま、みんな冬休みに突入でしょうか?クラブにすごいクリスマスプレゼントを届けることになったバイヤン、おめでとう!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/19201149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2013-12-22 08:24 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る