ボージョレ―ヌーボーとは知らなかった!

父ちゃん一家の聴戦すらしなかった、やや、仕事に熱心な今週。

完全に朝型の私はお弁当作りは苦ではないのですが、一日がっつり仕事をしたら、夕食を作るのが苦になることもある。本当は今日は、日曜に習った鯖のキムチ煮を作るつもりで、だし汁の準備もしていたのに(昆布を水につけただけでしたけどね)、残業するのも大変なほど朝9時から夕方5時までがっつり仕事したのと、どうしても今日のうちに修理に出したり買っておきたいものとかがあって、駅ビルだのデパートだのを梯子したら、ああ、鯖を買いにデパ地下に降りるのは面倒だなあ~という気持ちに。

家人に電話したら職場を出るところ・・・と。待ち合わせをして、以前から一度行ってみたいと言っておいた「魚金piccolo」にダメ元で寄ってみることにしました。
a0094449_7201635.jpg

7時半にお店に到着。ちょうど二人分の立ち席が空いていたので、そこで食事です。
で、最初に渡されたのが、この紙とメニュー。
a0094449_7202897.jpg

あ、今日からボージョレ―ヌーボだったんだ!

私は深夜まで起きていることなんて無理だし。90年代、バブリーで華やかな生活をしている大学の同級生たちから日本が時差の関係で一番早く飲める国の一つと聞いていても「ふーん」だったわけです。おまけに我が家は飲まない夫婦で、ボージョレーだろうと赤玉ワインだろうと1本を飲み切れないし(笑)、21世紀になっても、何の日でもありませんでした。

ということで、夫婦して、生まれて初めて、解禁の日にボージョレーヌーボのワインをいただきました。
a0094449_7204325.jpg


人気のあるお店なだけに、スターターから初めてメインまで、という並びでお願いしても持ってくるのは出来たものだけ(汗)。
ということで、私たちはボージョレーに合うと勧められたフォアグラのベリーソースからスタートしたのではなく、ボージョレーと魚介類のカルパッチョから始まりました。
a0094449_7235132.jpg

a0094449_724365.jpg

a0094449_7241842.jpg

a0094449_724311.jpg

この時点で家人のボージョレーは空に。「フォアグラと合うんじゃなかったっけ?」といいつつ、2杯目に。私は二口ぐらい残してやはり2杯目に。(もちろん、残りはフォアグラと一緒にいただきましたよ!)
a0094449_7244963.jpgちょっと手持無沙汰の時に撮った写真。小さな厨房で3人のコックさんがテキパキと働いてます。オーダーが挟んである板が面白い!

a0094449_7273829.jpg

2杯目が来たときにフォアグラも来た!写真じゃベリーはどこ?という感じですが、ちゃーんとありました。ゲーム料理の時にはベリーソース添えのモノが多いけれど、フォアグラでもあうのねえ~。
あーおなかがいっぱい!
1時間余りでささっとお店をでました。立ち飲みは1時間ぐらいがちょうどいい。椅子席の人たちはゆっくりしていましたが、二人席がメインなので、人数が多いときにはこのお店はダメですね~。

新橋と言えばこういう感じですが・・・
a0094449_731336.jpg

ところどころにビストロ系のお店ができている様子。通りに漂う焼き鳥の煙が入らないようこのpiccoloも上手く作っていました。

みんなそれぞれ2,3人で来ているようで、それぞれの弾む話声がBGM。活気のある店内なのに特に大声をあげなくても話ができるのは、狭いながらも人がぶつかることはなく立てる空間設定だからかも。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/19026116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2013-11-22 07:42 | 季節モノ | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る