ドイツ文化会館で企画してくれたらいいのになあ

最近、サッカーがらみのドイツ語映画(ドキュメンタリー)が増えています。
まだ最終的なポチを押してませんが、実は熱帯雨林.deの籠には、「Siedesrichter(審判)」「Trainer!(監督)」が入ってます。

今回、バイヤンのトリプレ(3冠)映画„Wembley - Football is coming hoam” が映画館で上映されたそうです。内容はCL決勝のドキュメンタリー。DVDになるそうです!
a0094449_833794.jpg⇒Mia san Champions!という2枚組のDVDの1枚がWembleyみたい(熱帯雨林.deにて絶賛発売中!14.99ユーロ)。


その上映会にゲームカピテン、チームカピテン、そういう美味しいところは必ず出てくるミュラー夫妻ほかほかの写真がSprotbildにupされてました。
a0094449_7552850.jpg

ゲームカピテンの不思議なカッコウには目をそらしてしまった私です。ラムたん、どうしたの?
と思ってクリックすると、「奥さんと一緒」の写真も・・・。うーん。クラウディアさんによってラムたんは幸せそうなのでクラウディアさん、これからもラムたんをしっかりと支えてあげてください、なのですが(言われなくてもしっかりとつかんでそうですが)、このペアルックはえーとえーとえーと・・・。
a0094449_7571311.jpg

私には修行状態で、見ていてヤヤ辛かったです。この格好にそのバッグは・・・。むにゃむにゃむにゃ・・・。
昔はつまらないぐらいシンプルな服しか着てなかったのになあ。どうしちゃったんでしょう、ラムたん・・・と写真を見ていて思いつきました。

さすが、カピテン。こういう時はスポンサーの服を着るのがミア・ザン・ミアだ、とゲームキャプテンは態度で示したんだろう、と。
しかし、それを見習わねばならぬ、そしてせっかくの名誉回復の機会にもなったであろうゲッ×ェは「ぼくは小さなころからバイヤンのファンだったけれども選手としてはこの時はドルトムンターだったので」とか言って欠席してそう。いや、この映画の鑑賞は彼には酷すぎますね!

サッカー映画といえば、WM06の「夏メル」。日本でも上映がされるのではないか、とかなり期待値が高かったのですが、出演者全員のOKがとれなかったとかで断念。

でも、たとえばWM10の時には「3位応援ありがとう!」ということで大使館でお祝いパーティーもあったわけですし・・・ということで、こんな企画があったらいいな~というプレゼンを!

ずばり「Fußball ドキュメンタリー映画特集」
年に一度、ドイツ文化会館で1週間ぐらい、テーマを割と明確にした映画上映会があります。
WM14直前企画、とか銘打って、サッカー関連映画を上映してくれたらいいのになあ・・・。すごく集まると思いますよ。
Trainer!は日本人でもカガヴァ効果でその名が知られたクロッポンが熱く語っているようですよ(笑)。
見たいよね?見たいよね?日本語字幕付きで!

企画してくれないかなあ~。

以下、Sportbildの掲載文章。うん、コブタちゃんは何が似合うかわかってる、ホント。
Bayern-Star Bastian Schweinsteiger (29) hat nach Ansicht von Schauspieler Til Schweiger (49) durchaus auch Filmstar-Qualitäten.
„Schweini ist ein Supertyp und könnt ich mir vorstellen, dass der das hinbekommen würde”, sagte er am Montagabend bei der Premiere des Dokumentarfilms „Wembley - Football is coming hoam” über den Champions-League-Sieg des FC Bayern in der vergangenen Saison. Darin kommentieren vor allem Schweinsteiger und sein Mannschaftskollege Philipp Lahm die Erfolgsgeschichte auf der „Road to Wembley”.

„Philipp Lahm ist ein Weltklasse-Fußballer und scheint ein wahnsinnig netter Kerl zu sein – aber vor der Leinwand würde ich mich dann eher für den Schweini entscheiden”, sagte Schweiger. Auch der Regisseur des Films, René Hiepen, ist ganz begeistert von seinem Protagonisten: „Jeder, der den Film jetzt sieht, wird sehen, dass Bastian Schweinsteiger eigentlich der neue Til Schweiger ist. Hero – gemacht für die Leinwand.”

„Der Film ist eine wunderbare Geschichte mit einem schönen Happy End”, schwärmte Schweinsteiger, gestand aber ein: „Der Rote Teppich ist ungewohnt, wir fühlen uns auf dem grünen Untergrund besser.” Erst durch das verlorene Champions-League-Finale 2012 in München sei aus der Mannschaft eine solch verschworene Einheit geworden, dass der Triumph in London gegen Borussia Dortmund möglich gewesen sei. „Die Mannschaft ist dadurch viel näher zusammengerückt.”

Nach zwei schmucklosen Siegen aus den ersten beiden Bundesligaspielen in der neuen Saison hoffen die Bayern-Kapitäne auf weitere Erfolge. „Wir werden alles versuchen, einen ähnlichen Weg zu gehen wie vergangenen Sommer”, sagte Schweinsteiger. Unter Trainer Pep Guardiola werde „das Schönspielen, das Begeisternde” auch bald kommen, versprach der 29-Jährige. Lahm gab zu: „Wir sind noch nicht da, wo wir hinwollen - das haben die Spiele auch gezeigt. Aber die Mannschaft hat sich weiterentwickelt.”

Der Film „Wembley - Football is coming hoam” erscheint auf DVD und wird in ausgewählten Kinos gezeigt.
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/18397715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2013-08-20 08:03 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る