いつ新しい靴をはいていこう?

バーゲンも、各デパート一斉じゃなくなって2年目?3年目?
今年も後期が始まり、伊勢丹が来週水曜から、でした。
春先、あんまり買わなかったから、バーゲンで・・・と、結構楽しみにしていたのですが、結局、前半戦でTシャツ地のワンピース1着、白いブラウスを1枚、オレンジの麻のセーターを1枚、そしてなぜか靴を2足。

靴を2足って・・・(汗)。

この2年、靴は買わず、あるものを大事に履いてきましたが、4年ぐらい前に買ったものはさすがにつま先のほうがダメになってきました。基本長靴である雨の日に、先方に出かける用事がある(つまり長靴では伺いにくい)時向けになりました。
ということで、この夏に靴を買うのは想定済だったのです。
a0094449_813911.jpg職場のアルバイトさんたちからウェッジのヒールの靴が流行ってる、と教えられて・・・。前からみるのと横からみるのではイメージが違うのが気に入りました。

a0094449_833100.jpgこれは秋冬に合わせようかな、と思ってます。黒に少し茶が混ざったような色合いなのです。
でも、飾りがついている分、傷みやすそうかな?。


ふつうは1足しか買わないのに、どうしたんだろう、私。しかも同じメーカーのもの。まあ、買った店はそれぞれ違うから。うん。(え?)

で、特に夏の靴はさっそく履いていきたいのですが、帰り際のゲリラ雷雨が怖くて・・・。自分にとっては安くない靴ですので、長く楽しみたい。毎朝、天気予報のお兄さんやお姉さんが「関東地方は夕方から雷雨の恐れもあります」と言われると、しまっちゃう(笑)。そんなことしてると翌年デビューになっちゃうかなあ。
この靴に合う白いスカート(白いレース地のスカートも今年の流行だ、とオシャレアルバイトさんたちから教えてもらいました)が欲しいなあ~と思い少し探していたのですが、ふと気が付きました。
スカート1枚分の予算って、ロンドンの1泊分以上じゃん!って。(私、何か買う時の上限っていうのが緩めながらもきっちりあるのです)

この夏のおでかけ。
準備の時点でけっこうお金がかかってマス。
「お仕事」とはいっても、職場にとって公的な意味合いが少ないためかなり私費負担があります。それに、終わってすぐに帰国するのではなく、そのまま休暇をつなげることにしたので、ますます「自腹宿泊費」なる物が発生します。

ロンドンは「お仕事先」への前泊、自分の休暇先への前泊という意味合いなのです。どちらへの移動手段も自分としては「お初」なものばかり。特に前者はなんだかんだ言って「お仕事」ですので2泊の滞在中のストレスを小さくしておきたい。なるべく「駅」に近いところ、なるべく「地方空港への移動」が楽なところをチェックしてしまう。だから割高感がどうしてもつきまとう。
写真とかを見てちょっといいかな~と思うとトリップアドバイザーのホテル評を見ると「狭い」「サービスが悪い」などの書き込みが多かったりして。で、よく見ると、その手の書き込みは日本人ばっかりでありました。
この手の駅前のって、歴史的には「旅籠」。今風に言えば、「ビジネスホテル」的なところなんだと思うのだけど。だから狭いのも当然。でも観光で来て(しかもカップルで!)狭かったりしたらがっかりでしょうね。広さが欲しかったら、世界チェーンホテルにしておいたほうが無難ですよね(どこの国でも)。

よくわからないのが、B&Bのはずなのに朝食は別料金って表示があったりするところ。
B&Bってベッドと朝食、じゃなくなったわけ?そういう意味では、ドイツのホテルも変わりましたよね~。朝食なしってホテルが増えました。アパートメントホテルじゃなくてふつうのホテルなのに。朝食が付くとなんかすごく高いホテルになっちゃいがち。パンとハムとゆで卵とジュースかコーヒーでいいんだけどなあ。

そんなこんなでまだ予約していないのです!ブログ書く暇あったらさっさと予約すれば?と自分でも思うのですが・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/18076119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2013-07-12 06:46 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る