カピテンって書いてもらえないわけは?

昨日夜あたりかな、ラムたんが「悪いのは選手じゃなくてブーメランマークの会社」とSportbildに語ったことは読みました。

今日はスポナビとかでラムたんが書く語りきと出ていたので、おおお、日本のメディアが何でそんなコトまで報道するのかなあ、と思ったのです。

で、さきほど、Yahooのトップページをみたら・・・。
「バイエルンDFナイキに苦言」と。で、言ってるラムたんじゃなくて、ナイキを着たゲッツェでした。

更に「全文」をクリックすると、まだタイトルは「ラームもナイキ社に苦言 「選手に悪意はなかった」」と。
その文章で初めて「バイエルン・ミュンヘンのキャプテンを務めるDF」で始まったのでした。

ひょっとして、日本のメディア的には、ナイキを火祭りに上げようとしているドイツサッカー界っていう感じにしようとしてるのかな?

しかし、ラムたん!「言われたようやった」ってゲッツェたちを擁護するのは、カピテンの仕事として仕方ないのかもしれないけれど、「スポンサーから会見でTシャツを着るように指示されたということだと思う」と推測の中での判断は良くないのでは?ラムたんらしからぬ・・・。
スポンサーのせいにして一件落着にしようとしているんでしょうけれど、ますます「言われたようにしかできない」「自分で考えられない」×呆選手って世間では思われてるような気がするんですけれど。プロになりたての全くのドシロウトっていうんだったらまだしも、もうそういう「若い」っていうのは使えない年齢だと思うんですよね~ゲッツェは怪我して肝心な時に使えない時期が長いけど、一応はなんせ、代表選手なんだし。それにプロ選手としての時間は有限なんだから。一般の社会人の年齢に直したらもう30歳は過ぎてるよ!(笑)

ま、来た早々の人たちを悪く言うわけにいかなかったのかな?。高いお金払ってきてもらったんだし。

この件について歴代OBが口を閉ざしているのも気になります。普段だったら、マテウスあたりが一言余計なコトを言いそうなのに(笑)。カーンあたりがゲッツェにガツンって言ってくれたらいいのにね。でも、この人、カーンにレジェンドを本当に感じてるかどうか・・・028.gif

この人について不安を覚えるのはどうしてなのかな。シーズン終わりには「最初はあまり良い印象でなかったけど・・・」と書けますように。ホント、そうなりますように。じゃないと、チームを応援するのが辛くなる。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/18069723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2013-07-10 21:13 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る