おさらい会

2か月に一度の韓国家庭料理のお教室。初めて先生が東京でお教室を持たれた時、ソウル旅行関連で勝手にブックマークしているブロガーさんを通して、その告知は知っていました。

どうしようかな、申し込もうかな?

習ってみたいけど、紹介をしているブロガーさんはみんなオシャレさんな感じで、私みたいなのが行っても平気なのかな?と躊躇しているうちに、3.11の大震災が。
仕事が変則的になり休みの目途もつかなくなったし、自粛とかそういうことではなく、自分にとっては今はそういう時ではない、という気持ちもあって、1回目の申し込みは断念したのでした。

自分の味付けで食べたいものを欲しいだけ食べられる幸せに感謝すること。
その気持ちで2回目からのナカ先生の教室に参加することになって2年がすぎました。

何度もお教室に通い、先生のレシピで作る料理が増えるにつれ、1回目のチャプチェの回に行かなかったことが残念で残念で・・・。

韓国ドラマの台所のシーンではビニールの手袋で混ぜ混ぜしているよく出るメニュー。お教室に通う前によく見ていた「食客」(ドラマ版)の最終回で主人公にGFがもてなす家庭料理(ただし、彼女が作ったかどうかはわからない・・・だってレンジでチンしてたし)として出てきていたので、「これは日本でいうところの肉じゃがみたいなもの?」と想像。本当は手のかかるごちそうなんですって!
以来憧れのメニューでして、日本でですが初めてお店で食べた時には触感を含めとても好きになりました。もちろん、レシピをみながら家でもチャレンジ。が、いかんせん手抜きバンザイ主婦なので、クックパッドほかで「簡単!チャプチェ」とあって、かつ「韓国の人に習った」というもので作っていたのです。でもお店で食べるのとは違う。特に、タンミョンの感じが・・・。

お稽古の時に、また機会があったらメニューにチャプチェをいれてくださーいとお願いしたら、思いがけず機会が巡ってきました!おさらい会のメニューにしてくださったのです!
a0094449_19231981.jpg

いつもと違って、外のキッチンスタジオを使っての夜の講習会。
a0094449_19245342.jpg

先生のデモンストレーションが主です、ってお話だったのですが、実際にはいろいろなことを私たち生徒が体験できるようになっていて勉強になりました。
ナカ先生のお教室に通うようになってから、一度だけ、他の国の料理を完全デモンストレーション式で習ったことがあります。なんか満たされない思いで帰宅しました。だって、見るだけだったらテレビの料理番組と一緒・・・。
お料理って五感をフル活動する行為だなあと思います。手に伝わる温度とか油のにおいとかフライパンや鍋から聞こえてくる音とか、菜箸や木べらに当たる感じとか、目に見えるもの以外の何かがタイミングを教えてくれるんですよね・・・。先生が時々鍋からの音を聞いて次の手順に入るのを、私も家で真似してます(笑)

a0094449_19235826.jpgこの会でも、少しずつお手伝いの機会があって、ああ、こんな感じなんだ~っていうのがいろいろわかったし!
チャプチェの作り方も目から鱗なことでして・・・。


昨日、おさらい会のおさらいをしてみました。
我が家にはソウルから買って帰ってきた特別な(!)タンミョンがあります!
a0094449_19305362.jpg

a0094449_19311194.jpgもう短く切ってあるんですよ~!!
ちょっと前までは長いのしかなくて、チャプチェを作る前にはテレビを見ながら先にタンミョンを短くしておいてから茹でていたのです。この短いのは楽ですよ~!まだ新大久保では見かけていないんですけれど、日本に入れたら買う人がけっこういるんじゃないかしら?

a0094449_19314545.jpg

二人暮らしにはレシピ通りはやや多いかな?という反省点がありましたが、これまでにない満足感!
もちろん反省点もあって、もう少しお水を途中で差したらよかったかな?というところも。先生が茹でてくださったようなトゥルン感が足りなかった・・・。でもでも、味はこういうのが食べたかった!という感じにできました。
家人はあんまりチャプチェが好きじゃないそうなので(ふーんだっ021.gif!)、次は実家でチャレンジしてみようと思います。

ナカ先生、いつも美味しくてまた作りたくなるメニューを教えてくださってありがとうございます!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/17923794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by olive oyle at 2013-06-11 14:00 x
偶然にも昨夜の夕ご飯の一品がチャプチェ(冷凍)でした。おかずが少しさびしかったので冷凍庫にあったのをレンチンして付け合せました。

チャプチェのレシピをググって読んでみましたが、本来は具は一種類ずつ別に火を入れて味をつけていくのですね。まるでわたしが子供のころ(混ぜるだけの具が市販されていないころ)のちらしずしのようです。お写真のは彩りが美しく、具も大振りで食べごたえありそうです。おいしそう!
Commented by eastwind-335 at 2013-06-15 07:19
olive oyleさん、こんにちは。
えええ?冷凍チャプチェがあるのですか?!
自分で作るのもそれほど大変じゃないのですが(一つずつ炒めるのだけど、でもサッとでいいし、何でもいいんですよ)、一度試してみようと思います。
お稽古先で一緒になった方や先生からは「タンミョンはでんぷん質だから、出来上がったチャプチェは冷蔵庫に入れちゃダメよ」と言われたのですが、二人家族(しかも家人は私ほど思い入れなし)にはやや多めで、冷蔵庫に数日いれるのもドキドキでしたが。
たしかにちらしずし(ばらずし)は一つ一つ具を作りましたよね~。一つ一つの作り方を知っておくと、別の物に展開もできるしいいな~と料理を習う都度思います。
by eastwind-335 | 2013-06-10 19:34 | 料理 | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る