結果オーライ

持病のエコー検査をしてもらったら、ややや?なところがあったので、都立病院でMRIを受けて2週間ほど。
先日、半休をとって検査結果を聞いてきました。

いつもお世話になっている主治医は今月はご都合で欠勤。ということで、この日の診察は院長先生でした。
女医だけで経営している婦人科なので、この先生も女性です。
全体にあっさりした病院なのですが、院長先生はあっさり+さばさばな方。

幸いにもMRIもがん検査も血液検査も結果は依然として経過観察。やれやれ。ところで、院長先生は血液検査の結果をみて「どうして◎◎しかオーダーをとってないの!」と看護師さんを注意。職場の血液検査は問題なかったと伝えたものの、先生は「でも所詮職場の健康診断でしょ?ホルモンバランスなどは調べてくれてないはずよ。もう年齢的にもホルモンバランスに注意をしなくちゃね!」と。
ごもっともです。職場の保健婦さんにも確認しましたが、ホルモンバランスまではさすがにね・・・って。
次の診察(この時は主治医にお願いできそう)に検査結果を持って行き、血液検査のオーダーについて相談することになりました。

実は今回のMRIを受けるきっかけになったのは3月診察時のエコー。こんなところに何があるのかしら?みたいな画像が撮れたのです。ですから、非常に心配でした。私の周りには初期の子宮頸がんから無事に生還した人たちもいますが、一方で、尊敬していた先輩も子宮体がんで亡くしました。ご主人が告別の礼拝の時に、検査を必ず受けてほしいとおっしゃったのが印象に残ってます。
自分がもしガンだったら、これからどうしたらいいのだろうか?無事に生還した知人たちは術法もあってか比較的早く社会復帰できてたなあ。手術はすぐにできるのかなあ、筋腫を取った時のように自分の都合に合わせた入院なんかできないだろうなあ、なんてことを考えながら病院へ行ったのです。
検査結果がでる日は、いつもフランス映画「5時から7時までのクレオ」を思い出します。この映画の監督(アニエス・ヴァルダ)が私の好きなジャック・ドゥミーの奥さんだと知った時の衝撃。

おかげさまで、今回は問題がなかった。
でも、いつ、それが悪性になるのかはわからない。予約なしで行くと1時間は待たされることもあるけれどほんの10分足らずの検査で自分で状況を理解できるわけだし、予約をしたらほとんど待ち時間なしだし、先生を信頼して自分のQOLを保ちたい。

ホッとした私が六本木駅に向かってあるいていたら・・。
a0094449_21174014.jpg

あら、ベビーブルーのドアのお店がある!意外な感じ。どんなお店かな?と近づいたら、チーズケーキのお店でした。看板にはパウンドケーキともあったのでそちらも期待したのですが、残念、これは予約注文なんですって。
a0094449_2118965.jpgイートインができるところもあり、ソフトクリームを召し上がってる方もいました。

新国立美術館側って最近小さいカワイイお店が増えている気がします。六本木のイメージとはちょっと違うけど・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/17682611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2013-04-26 21:19 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る