同じ名前はせいぜい二人まで・・・

私の名前は全くいないわけではないけれど、学年に二人いるかいないか、って感じ。
愛称は苗字からついてます。
個人的にはあまり名前を呼ばれることがありません。家人にも愛称(←よく言えば。もっと平たく言えば呼び名)をつけられてるしね。

語学学校で一緒になったクラスメートに見せてもらった高校のクラス写真。
3人だか4人だかマリアと言う名前がついてた。
名前を呼び合う西欧文化圏において同じ名前が何人もいるのってどうなんでしょう?彼女に尋ねたら、マリア1、マリア2、マリア3って先生は呼んでた、とか。
話をするときは一対一というか、その人の顔を見て話すから、別に同じ名前が何人いてもねえ・・・と。

今日、残業でヘトヘトになっているところに、サッカーファンのおぢさんが「おい、東風、ゲッツエっていうのがバイヤンに行くんだってよ」と。ネットニュースでチェックしたらしい。私は「はあ?ウソでしょう?だいたい、明後日レアルとCLのここ一番の試合をするっていうのに、そんなニュースを出す?出す?」と。
ほぼ決まりなのか?とにかくドルトムントが、つまりクラブ側の発表だっていうので、嘘じゃないよね。

・・・っていうか、彼がバイヤンに向いているのか私にはわかりません。
これまで、何人の選手がそうやって自分の選手生命を縮めそうになったことか・・・。
でもゲッツエはバイエルンは憧れのクラブだって言ってるそうだ、とおぢさん。

良い選手だろうと思うけれど、正直言ってバイヤンでも同じ状況でいられるのか、私には想像ができません。ポ王子みたいに「いつでも戻っておいで」という、ホビットに例えれば、フロドにとってのビルボ・バギンズのような、そんな人がいるの?
さそりんもシュラウドラフもバイヤンに来てよかったと思ってるかな?

帰宅して記事を読んでいたらコメント欄に「3人のマリオ!?」というものがあって、思わず大うけ。
私にとってはマリオといえばゴメスですけどね!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/17671168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2013-04-23 21:52 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る