ソ、ソ、ソクラテスか、プラトンか

何の授業のための暗記だったのでしょうか、サッカー部員だった高校2年生の時のクラスメートが、試験前に、ごろ合わせのように、当時はやっていたウィスキーのCMソングをモジって「♪ソ・ソ・ソクラテスかプラトンか、ア、グリコ、ラ!」って言い出して・・・。

アグリコラってググったんですけれど、古代ローマの元老院議員とか出てるけど、うーん、高2の時はまだ日本史も世界史もやってなかったので(←うちの高校は2年かけて、地理と現代社会を勉強したのです。受験科目は高3までお預けでした・・・)、現代社会かなあ?それとも地理(農業ネタ)だったのかなあ?保健体育じゃないと思うし・・・。

いや、急にそんなことをブログネタにしたかといえば、もとはといえば、バイヤンのムードメーカー。サンバなダンテをTVで見かけた家人が「誰?この人?」と関心を示したからだったのでした。
どんだけ、今シーズンのバイヤンは日本のテレビ界に干されていたのかがわかりますよね・・・。

彼の名前は「ダンテ」だと言った大うけ!
いやいや、詩人のダンテは名前だから、苗字じゃないから!(←大学で『神曲』を読むクラスに出てしまい、足抜け出来ず半年ほど修業をした時に得たネタですが)
あんまりにも「ダンテ」に衝撃を受けた家人に、わたくしは「いやいや、1980年代のセレソンには「ソクラテス」もいたんだってば!」とトリビアを!私はこのネタをWM06前後の「世界のサッカー選手」番組で知ったんですけれどね!しかもこのソクラテスはなんとプロサッカー選手であり医師であったと!
そんな二足のわらじの履き方ってあるんですね~!

・・・ってことで、「ソクラテス」といえば、と件の替え歌を家人に歌ってみたのですが、「わけわからん」と全面的にシールドを張り巡らされ(←スタトレねたですみません)跳ね返されてしまいました。

さて、ダンテ。
「オレさま」か「いい子」しかいないバイヤンにおける超自然児だって、家人がつくづく感心してましたよ!
a0094449_15294841.jpg


Bildには、ロッカールームでの様子やお迎えに来ている「ラムたんのクラウディアさん」の写真とか、土曜の夜のバイヤンの面々の写真が載ってましたね!
が、優勝が決まった翌日にはちゃーんと練習をしていたそうですよ!CLの2nd legもあるから、遊んでいられないですよね!リベリンの誕生パーティーもしばらくお預けみたい・・・。
先日のコブタちゃんのヒールキックを導き出したフランケは、後ろからものすごいスピードで飛び出してきたラムたんのおかげ。ワタクシ、翌日(日曜)も何度もそこを再生しては家人に「すごいよねー。ラムたん、すごいよねー。脚早いよね~、ボールは正確だよね~。地味にいい仕事をするよね~。日本にもこういう選手がいたらいいのにね~」と力説。最初は賛同してくれていた家人からも最後には「あああ、うるさい!」と叱られてしまいました。

a0094449_15525483.jpg練習中の走るスタイルもラムたんそのものです!
・・・あれ?ノイヤー、バテてる?顎あがってるけど?
紺(黒?)にオレンジのラインの入ったジャージに目がだいぶ慣れてきました。ゴメ蔵のオレンジ一色ジャージとか、白地にオレンジのユニはダメだったけど。来シーズンは変わるのかしらん?


[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/17587300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2013-04-08 15:54 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る