放送したらよかったのにね!

昨日、11時20分にちゃんと目覚め、FCB.Radioにつなぎ、試合が始まるところまではお布団の中で意識がありました。
ゴメスが二人いる日だったんですね!うちの(うちの?)マリオ・ゴメースとあちらのGKであるゴメスと。

そういう説明のあたりまでは記憶があるのですが・・・
いつ試合開始になったのか記憶がなく、
ハーフタイム中の南の星の音も聞こえず、
気が付いたら、まだ中継中・・・・

急いでパソコンを置いてあるテーブルに向かうと(我が家は狭いので居間と私の寝室兼仕事部屋とはつながっていて、音も小さくして十分聞こえるのです)、なーんと80分すぎ。
残り10分ほどはちゃーんと聞きましたよ!

ティッカーを見ると1-0でバイヤンが勝っている。もっと得点差が開くかと思ったのですが(失礼)、なかなかそうは問屋が卸さない状態の様子。
しかも前半にはウサミが出てたみたいだし(驚)。やっぱり中継したらよかったのにねえ、フジ次を軽く恨みました(笑)。
フジ次は、きっと、ぶっちぎりで勝ってるバイヤンとこのままでは二部行きが近いホッフェンハイムの試合は映像としてつまらないだろうと判断して放送しなかったんだろうと思います。
そうなのかな~。そりゃ、今年のバイヤンは去年とは違う感じはするけれど、この日の試合みたいに、勝ったけど圧倒的な強さだった、というわけではない運びになるときだってあるわけですし。
なんせ、日本のメディアが「天才的なのに」と褒めたたえる選手がいるチームだっていうのに。

試合の最後に中継アナが「いや、大変な試合でしたね~」と言ってました。惜しいところもバイヤン側にいくつもあったようですが(アラバが最後決めきれなかった時にも中継アナが非常に悔しがってました)、それを許さなかったってことはホッフェンハイムだってがんばっていたってことのはず。

実は日曜早朝に、ちょこっとだけ、王様マドリとバルサのクラシコ生中継をみたんです。実力が拮抗しているだけあって、なのかもしれないけれど、意外なほど「お団子戦」になっていて、いつものバルサのパスサッカーもなければ、Bチームがスタメンだったらしい王様マドリもなんとなく中途半端。
リーグ戦なんてそういうものじゃないのかなあ。

日本のサッカーをもっと強くしたいとメディアも思っているんだったら、代表選手に呼ばれる選手がいるチームがそのリーグの1位クラブと試合する時ぐらい放送したらいいのにねえ、と思わなくもなく。

ま、バイヤンの試合が放送されないのが悔しいっていうのもあるけれど、真実というか現実を隠しているような感じがして、残念。

コリアンダーさんのブログで、次男が現役引退表明をしていたことを知り、どうにもガッカリしてます。
仕事、ちゃんとできるかな~。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/17404500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2013-03-04 07:35 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る