久しぶりにテレビで見た(加筆あり)

うぉー うぉうぉー うぉーお うぉー うぉー

なんか、ひらがなでかくと間抜けな感じですが、ドイツのサッカー場でよく聞かれるチャントです。
久しぶりにバイヤンの試合を見ました。DFBポカール。対ドルトムント。
日本語の解説付きで!

半日遅れだけどね!中継録画ってものですけれどね!

結果を知って見るのはルール違反かもしれませんが、でも、仕方ない。生中継しないんだもん、ガオラさんが。
リーグ1位と2位、この数年のライバルチーム同士の試合だっていうのに、日本人選手が出るからって、えーっと、えーっと(以下自己規制)。

今日は定時に上がれるはずだったのに、急に会議が入ってしまい・・・。自宅に戻れたのは9時過ぎ。もう数分試合が始まってしまっていました。
幸いだったのは家人がいないこと。ご飯も出来合いのものを食べればいいし。

あー、ラムたんが転ばされた!!!とヒヤっとしたのですが、このラムたんの献身プレーがロッベンの1点に!
ラムたんは地味に一生懸命仕事をしていて、なんか、以前のラムたんのように思えました。
久しぶりに見ると、本当に彼が献身的な選手だってことがわかりますよね(強引)。
パスを出すテンポもほかの選手と違って素早いしボールの切れもいいですよね。そしてよく走り、正確なクロスをあげ・・・。日本人サイドバック選手たちよ、見習うべきはラムたんだよん。

クロッポンのひげ面も久しぶりでした。今年は辛いところだと思います。カガヴァがいなくなったら手のひらを返したように試合も日本であんまり中継されなくなっちゃって・・・。去年までのドルの若さイケイケの面が消え、「大人」なバイヤンの試合運びにアタフタしてる子供たちのような気がしました。それぐらいバイヤンの調子がよいのか、ドルが不調すぎるのか?

ドルのGkはすごかった!ほかのチームのGKはない堅守っぷり。バイヤンの面々が最後決めきれないシーンが多かったとしたら、彼の存在があったからと思います。ドルの前のほうは、うーん、一本調子というか、わーっときても最後が悪くてありゃりゃ?みたいな。カガヴァみたいなパスを出せる選手がいなくなったのが原因なのかな?GK前も守備がごちゃごちゃしていて、そのゴチャゴチャにバイヤンの面々が巻き込まれてシュートが決まらず、って言う感じにも見えました。

とかなんとかツラツラ思いましたが、試合は面白かったです。勝ったからというのもあるけれど、私の好きな時のラムたんのプレーを見たという気分になれたからかも?顔をボールのほうにむけながら走っていく独特な雰囲気。ラムたんの職人技のようなプレーにウキウキ。

相手の動きを考えた想像性のあるパスって大切!ファンタスティックな創造性のあるパス以上にね!ラムたんの一つ先を考えたパスは地味だけど正確で、こういう仕事を私もしたいと思いました。

ところで、勇退するベネディクト16世、隠遁生活に入るんだそうですが、そうであってもバイヤンの会員でいるのかしらん?日銀総裁とローマ教皇とどっちが先に「コンクラーベ(根競べ)」を終えるのか、ちょっと興味津々です。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/17388010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2013-02-28 22:08 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る