せっかくだったのに・・・

昨晩、高校1年生の時の女子会がありました。
年長のアルバイトさんが「一度クラス会があると続くわよ」と教えてくれたけれど、ホントだった。

女性同士で食事をする機会はそこそこありますが、「女子会」と銘打ったものは行ったことがないので、すごく緊張した私。

7月の学年会で久しぶりにあったのだけれど、みんなで「キャー、元気~」というだけで終わってしまって。どの学年の時もクラスメートの雰囲気は良かったのですが、1年の時はみんなで好きなことを書きあうノートを共有するほどでした。
飾らない時代に仲良くなっただけに、いつまでたっても「飾れない」。
そして、まーったく思考回路は変わってなかった、という成長の見えない、いや老化が訪れない私たちだということがよくわかりました。

初めての書き込みの最初の一行って人柄を表すよね、という声が聴こえ、何事かと思いきや、廻していたノートを見てた人たちの声。出席した一人一人、ほんとほんと、29年前からちーっとも変わってないかも・・・ってコトが多くて。
自分では記憶なしだけど、「サッカーってワクワクするスポーツだと思いませんか?」だった。私は口を開けばサッカー雑誌で得た日本リーグやら代表の話をしていたそうです。サッカー部の身近なカッコいい先輩にはときめかず、地味に上手い大学生選手に心惹かれる渋い高校生だったのでした(と自己弁護)。
一生卒業できないなあ、これは・・・(汗)。

「まさか、サッカー中継を見るからとかいう理由で帰るんじゃないでしょうね?」と突っ込まれながら(日曜朝から用事があるからなのに・・・)、家に帰ると、ちょうどバイヤン戦が始まる頃。
今日もダメだろうなあと思いながら、FCBラジオをつけると・・・いきなり「南の星」!
先週までの、あの音声ナシ状態だったのは、どういうことだったのかしらん。
あまりに嬉しくて、思わず一緒に歌ってしまいました。そういうわけで、前半はテレビを消音し聴戦!女子会でグイグイ飲んだ1合の日本酒がハーフタイムにいい感じに回ってきて、ちょっと横になり・・・。ふと目が覚めたら、ゴールが決まる直前。
うわー。ヤな展開。ラムたんは今日はベンチにいるんですけれど、それ自体がミス采配なんじゃ?と試合の最初から言っていた私。だって、ダービーなんだもん。下田アナたちも点差が開かない、ホームチームがファンに押されて頑張ることが多いと言われてる、と説明したので、我が意を得たり、って気分だったりもして(笑)。

ラムたんたちが出たようですが(その時には気絶してました)、うーん・・・。
(朝、CMカットのために見直したら、スゴい刈り上げちゃん状態にびっくり!)
マガトが見に来たのが運の尽きだったんじゃ?

さて、家人が久しぶりに一緒に視戦。マンヅキッチの日本風発音(マンジュキッチ)に「え?饅頭?」と。そしてベンチにいる選手たちの顔をみながら「ねえねえ。犬がいるよ!」と。
ハピ・マルティネスのことでした。時々みかけるボケーっとした犬に似てるんだそうです。

聴戦してた時間のことに限りますが、清武のこと、よく「Gefaehrlich」とよく言ってました。敵ながらあっぱれなんでしょうね。
一方。フジ次は仕方ないんだろうけれど、キヨタケイチバンって感じでした。応援メッセージもまずは「キヨタケ」ありき。なんか、考えちゃうな~。
まあ、バイヤンのこともよくわかってたし、ニュルンベルクなんて3年前に比べたら選手ひとりひとりのこともちゃーんと調べてあって、隔世の感あり、ですよ。オットルくんがいたときのニュルンベルクなんて(遠い目)。

そして、今朝チェックしたら、オットル君のアウグスブルク・・・・ヤバイ、ヤバすぎます。まさか、マガトなんか呼ばないよね?よね?
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/16817265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by raquel_2006 at 2012-11-22 02:47
東風さん、高校1年生のころからすごいサッカー少女だったのですね!でも自分では覚えてないけど「こんなこといってたよ」とうん十年後に言われることって、ありますね~。

私は中学校のころはプロ野球&高校野球の熱狂的なファン、高校生でサッカーに転向、今はどちらもほとんど見ない大人になってしまいました。
Commented at 2012-11-22 02:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eastwind-335 at 2012-11-25 14:31
raquelさん、こんにちは!
今も高校野球、プロ野球と人気がありますが、20世紀のころのそれとは違う感じがしますね!
高校一年生どころか、小学校3年生の時からサッカー少女だったのです。二つ下の弟がサッカーを初めたからです。そういう意味で、弟にはきっと死ぬまで頭があがりません。
私もこのノートがとっても好きだったのですが、自分の知らない世界が、ノートの中にはあって、いつも新しい発見がありました。
あの頃、大学サッカー選手とかアマチュア(まだプロ化されてなかった)サッカー選手に夢中になっても「変人扱い」されずにいたのは、一時にせよサッカーが強い学校だったから、ということもあるのですが、相手の趣味を受け入れる、許容量のある同級生たちだったから、だとも思います。
Commented by eastwind-335 at 2012-11-25 15:18
鍵コメさん、こんにちは。
ブログ、拝見しました。日本では「流行している」ことだけが報道されているような気がするのですが(ラジオだと違うかな?)、とっても興味深い現象ですよね~。
登録のことは、エキブロのシステムが若干変わったときに慌ただしくしていたので、よくわかっていない部分についてはそのままにしてありました。しばらくお時間をください。

ドイツ旅行、実はまだまだ続きます。自分でも、写真をブログ用に整理しながら「自分で計画したとはいえ、なんとも強行軍だったなあ」とびっくりしています。特にベルリンはそうそう簡単に行けない「首都」ですので、頑張りすぎた感も・・・。
いつも、次はゆっくり回りたい、なのですけれど、実際に行くとよくばりバーサンのようになってます。これは来年は改めたいところです。
by eastwind-335 | 2012-11-18 17:00 | バイヤン | Trackback | Comments(4)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る