みんながんばってる

月曜のイングランドーイタリア戦の興奮冷めやらぬうちに、家を駆けだした私。
というのも、月曜だけは勤務地が異なるのです。2時間以上かかるところにあるために、6時半すぎには家をでなければなりません。
ということで、ピルロのステキPKは実は見逃してしまいました。歯を磨いてました~。

イングランドは押されていた、というサッカー識者のブログやらネット記事を目にしましたけれど、でも、今大会で唯一みんな夢中になったんではないか?と思うのですけれど。どっちとあたっても父ちゃんち、大変だわ・・・と感心しながら見てましたよ、ワタクシは。

そういうわけで早朝の通勤電車はガラ空きで、しっかり座ってメールをチェック。用事がなければ1年以上音信不通になる姉弟なのに、このごろ用事があってメールを彼との間でメールが行ったり来たり。殿様出勤な弟、まだ起きてないかなと思いながら朝7時前にメール。そのときに「イタリアーイングランド戦、見た?すごかったよね!」と興奮気味に朝の挨拶早々にサッカーネタを書いたら、その晩に来た返事に「1週間の始まりだっていうのに、寝ぼけ眼で出勤なんて、上司ににらまれるようなことを・・・。首になるなよ」と。
出来の悪い姉で、小さなころから弟には心配をかけていましたが、まさか、お互いが中年になってまで・・・(笑)。
でも、寝ぼけ眼じゃないから!私、超朝型で、1時間早く起きただけだから!

さてさて、このところ、昔の同級生の活躍を目にすることが増えました。
フツーの小学校を出て、不良がエラい中学校を出て、入学時より卒業時の学力が異常なほど低下することで定評のあった高校を卒業した私。
勉学よりも特技を伸ばすことに長けていた高校の同級生は、在学中からキラリと光るものをもっている人が多かったので、30代終わりぐらいから、とある世界で頭角を現してきた人たちがいても不思議ではなかったのです。実際に女の子にはそういう人たちが数名います。
男子は大学を出てプロスポーツの世界に入った人たちがいて、選手としても地味にがんばっていたけれど、引退したあとどうしたのかなあ~と思っていたら、彼らときたら、ちゃんとSライセンス所有してたんだ!さっすがー!と感心しちゃう同級生が数名いることを知りました。
さらに、作曲家になってるのもいた!それも、ちゃんと業界で受賞しちゃうような!日本語ポップスは疎い私でしたので、先日、彼が作詞作曲したものが去年そこそこの視聴率をあげたドラマの主題歌になった!と知ってびっくり。
さらに、最近で一番びっくりしたのが、小学校4年生の時の同級生が業界紙に出ていたこと!
運動ができて、勉強もそこそこできて、背も高くて(小学校4年生にしては、ですけれど)、みんながすごく憧れていたそうです。小さなころから首から上を見ていなかった私はそういう目で彼をみたことはなかったし、同じクラスで、同じ係をさせられたこともあって、気負わない仲でした。彼はお兄ちゃんがいたので我が家よりも見るテレビ番組が大人で、なーんにも知らない私に「太陽にほえろ」がいかに面白いかを話してくれたのが印象に残ってます。5年生になって近くの私大の付属小学校へ転入しちゃったんです。そんなこともその業界紙にチラと書いてあったのと、容姿があんまり変わってなくて(背もあんまり伸びなかった様子)、すぐに「あー、Nくんだ!」と気が付きました。
数週間の間に5人の最近の活躍がわかってびっくり!

実は、もうすぐ高校の同窓会があります。学年で集まるのって成人式以来じゃないかなあ。その成人式も私は喪中だったので行けず・・・。なので、二十ウン年ぶりで会う人がたくさん。ここのところ、父ちゃん一家の願掛けのために体重増加という犠牲を払っているワタクシ。ダイエットは間に合いそうもありませんし、普段化粧をいないのにいきなり化けてもしかたないし、ということで、在学中と同じく素のまま(中年おばさん)で参上することになりそう、と職場のお兄さんに言ったら「そのままで行くの?」と。「同窓会での再会は、家庭争議になることがあるぐらいなんだぞ。ということは、みんなおしゃれしてくるってことなんだよ」と。
なんで、中高一貫男子校、大学でも女子はクラスに3人しかいなかったと豪語してる独身のお兄さんがそんなコト知ってるわけ?

・・・で、実際のところ、中年の同窓会ってどんな感じなのかしらん・・・。
うちの家人も部署のお兄さんとおんなじような環境で、私の職場の多くは「中高一貫女子/男子」か県立高校でも別学の出身者が多くてアテになりません・・。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/15645460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2012-06-26 21:53 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る