私は狸は苦手です

先日参加した習字の講習会で「あなたのおつかいの筆、ちょっと高級すぎるわね」とアドバイスを頂きました。
そしてそのことを(熟考の上)先生に相談したところ、先生はさっそく講習会を担当された先生にご連絡くださり、講習会で一般的なアドバイスとしてなさったらしい(もう会場の雰囲気に呑まれて、自分自身に向けられた注意しか頭に残ってない・・・008.gif)筆をお取り寄せくださったのでした。

違う段階にありますがやはり同じ団体の試験をうける他の生徒さんたちもそれを利用。すると「うわー、書きやすい~」と。その指導のさなかも私の背中に向かって「東風さんのおかげ~」という声が飛んでくるのですけれど、
で、本来、使いこなさなければならない私が「そんなに書きやすいかな」と。ええーっと昨日書いた作品はほとんど先生も「OK」とおっしゃっていただけず・・・・。

道具じゃなくて、本来の私の実力のせいだ、とつくづく思いました・・・。講習会中、筆の使い方が悪いとどの先生からも言われたワタクシ、いまや筆の動かし方ばかりが気になって「字」になっちゃない・・・。試験合格の道は本当に長く険しく危険な感じがします。

a0094449_1584637.jpg左はこれまで使ってきた筆。羊の毛でできてます。右は新しい筆で白狸の毛でできたもの。お値段もびっくりですよ!私の筆が高級すぎるといっても、その高級な筆の1.5倍ぐらいのお値段。
昨日使用後に洗ったのものの毛に墨が染みていて灰色になってしまいました。使う前はもっと白っぽい感じでした。羊のほうは使用前は本当に真っ白なんですよ!今は黒羊の毛みたいになってますが・・・。


a0094449_159231.jpg先週ご相談をした折に、先生からは「かなの人はいずれは今まで使っていた筆で作品を作らなくちゃいけないから、最初から慣れてもらった方がいいと思っていたのだけれど・・・」というお話があったのでした。これまで私の先輩生徒さんたちはみんなこの筆で問題なく試験に合格していたわけで、そしてご高齢の先生におつかいにお出かけいただき・・・と昨日はお稽古先でも家事をしながらも、そのことを思い出すたびに涙目状態。

実は、私は何をしても羊なので(動物占いでも、干支でも)、狸は向いてないんだと思うんです・・・。でも、先生がこの天候不順の中でお買いものに行ってくださったのですから、使いこなさなくちゃ・・・。
そして一刻も早く私らしく習字が楽しめる羊ちゃんに戻りたいです。待っていてね、羊ちゃん!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/15421334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2012-05-27 15:16 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る