たった1ミリのことだけど

金曜日、土曜日、日曜日と、お財布の口が開きっぱなしの3日間でした。私としては、金曜夕刻から昨日までだけがGWですので(もちろん、旗日はお休みですけれど)、ちょっと早めにGWの報告を(世間はまだ終わってない・・・)。

金曜夜、定時に上がれたので、新しい墨を買いに、利用路線を途中下車。
前回使っていた墨は色もまた硯との当たり方も良い感じだったので、同じものが欲しかったのですが、残念、もうありませんでした。
で、新しい墨を買ったのですが・・・。土曜のお稽古で墨をする時になーんとなく引っかかるものがあり気になります。墨と硯の相性というのは難しくて、硯が傷むこともあり、ちょっとした賭け事のような時もあります。
a0094449_9445497.jpgお稽古の最後に、墨の先についた墨汁を半紙で拭ったら(筆をしごくためにどうしても墨汁がつきます)、ポキンと折れてしまいました。


やだわ~、試験前にそんなことって・・・007.gif。先生が水をたっぷりつけて応急処置をしてくださったのです。バンドエイド代わりにセロテープ。5月に今度受けるクラス用の講習会に行くためもあって新調したのに・・・。あーあ(お恥ずかし)。

同じ金曜日には、新しい「トラベラーズノート」のカスタマイズ用品を伊東屋に買いに行きました。

知らなかったのですが、伊東屋とメーカーのミドリがコラボで1階入り口に特設売り場を作っていたのでした。いつもは3階か4階に上がらなくちゃいけないので、助かりました。

メーカーから派遣された社員さんが商品を手に取る私に話しかけてきました。
トラベラーズノート、本当に使いやすくて、お気に入りなのですが(ストックを切らさないほど)、残念ながら、一つだけ言いたいことがあったので、思い切って言っちゃいました(笑)。

「1ミリ足りないの~」
と。トラベラーズノートはA5サイズを基本にしたものです。なので、ノートの長い辺がA4の短い辺に相当するはずなのですが・・・・。
ほんの、ほんのすこーしなのですが、はみ出してしまいます。

社員さんは全否定で「そんなことありませんよ」というので、「いやいや、そんなことあるんですよ」と実際に商品にA4の紙を当ててもらいました。
ほら、ね?厚地の表紙は確かにA4を貼っても大丈夫だけど、A4の短い線を合わせると、あ~ら不思議、1ミリほどノートの紙は短いのです。
「あ、ホントだ」と社員さんもびっくり。
トラベラーズノートのHPを見ると判りますが、この会社は利用者とのコミュニケーションを非常に大切にしてます。利用者は自分のカスタマイズを紹介しながら、商品に対してのコメントも残すことがあります。でも、これまでA4の紙についてはコメントがなかったように思います。そんなこと気にするのは私だけなのかも。
規格内にピッチリ収まらない良さこそが製作者の意図でしょうから。
ただ、美しいもの「そのもの」を残したい時のために、あと1ミリあったら・・・なのです。日本の美術館のフライヤーもいまやA4サイズの時代。定形外のものを受け止める鷹揚さと共に、定型は定型のままで収まるようなことができる、そういうフレキシブルなノートなんて、そうそうないかな(笑)。
ほんと、あと1ミリのことなんですけれどね~。

カスタマイズ用品、今回たくさん出ましたけれど、自分が使う時のことを考えて考えて考え抜いて買いました。
a0094449_9504194.jpgロールシール2種類と、シール式のカードホルダーです。お店カードなどをいれるのにちょうどよい様子。マチがないから1枚ぐらいでしょうけれどね・・・。


金曜のお買いものはまだあります。
私の職場では、同僚が間に立ってくれるおかげで、年に一度、授産施設で製作される商品を購入することができる機会があります。
a0094449_1015361.jpg昨年も買った髪留め。これはファッションビルなどでも扱いがあります。古着をほどき、リボン状にしたものをボンボンにするのだそうです。

a0094449_1035166.jpgそれから「ジャムを買ってください」と仲介者さんじきじきに売り込みをしたリンゴジャム。

a0094449_1043049.jpg洗顔石鹸。泥が入っていて汚れが良く落ちるそうです。余計なものが入ってません。

そして、今年の新製品なのかな?スウェーデン刺繍の技法で作った「通帳ケース」。
a0094449_1052822.jpg

a0094449_1055152.jpg色合いがきれいですよね~。作業所の人たちがそれぞれ自分で色を決めて差し込んでいったそうです。だから同じ物はほとんどありません。これまで銀行でもらったビニール袋(変色し汚くなっていた・・・008.gif)に数行の通帳をまとめていれていたのですが、これに入れ替えます。


昨日は昨年は3.11の影響で中止になった学校時代の同窓会。
地味な会なのですが、年齢層の広い、そして、ボランティアグループのみなさんたちのブースがたくさん出る会。活動に直接参加できない人たちはこういう時にお買いもので貢献します。
後輩チャンが関係しているNGO団体では、少数民族の手工芸を活かした旅行用財布代わりのポーチを買うのがお約束。今年はモン族の刺繍入りのポーチを。
a0094449_10305269.jpg

モン族は文字を持たない民族だったそうで、視覚的には全て絵で意思疎通をしていたそうです。
a0094449_10311697.jpg刺繍も少し変わっていて立体感の出るものなのです。ブキッチョーズの筆頭な私には思いつかない技術です。
ラオスにも白兎っているのね・・・

ブースには、美味しい手作りお菓子やパン、ジャムなどが並びます。
a0094449_10495612.jpg
毎年クッキーを楽しみにしていた作業所、今年はその団体が持っている牧場のチーズが出ている時間にお買いものができました(人気商品のため、あっという間に売り切れちゃいます)。
a0094449_10503425.jpgクッキーは動物型のものです。コブタちゃん、アヒルちゃん・・・と。型抜きクッキーが苦手な私。いつも感心していただいてます。甘さも控えめ。

a0094449_10511918.jpgもうお亡くなりになった名物先生のレシピに忠実に焼かれたフルーツケーキ。このレシピが知りたければ、グループに入りなさい、と先輩から誘われているところです(笑)。

a0094449_10515467.jpg毎年、おいしいパンを焼いてくるお父さんのお店では、プリンとスイートポテトを。


お手伝いしたブースは新品バザー。素敵なものがたくさん出ていたのですが、あっという間に売り切れ。売り子は商品を買ってはいけませんので(参加者に楽しんでもらうため)、いつの年にかめぐり合わせがあるといいなあと思ってます。

この帰りに伊勢丹でコンシーラーと雨の日用パンプスも買っちゃったし。月曜だけは仕事場が代わり、置き靴をすることができないので、長靴通勤はできません。エナメル質のメタリックグレーという、普段の私だったら選ばない色です。甲は出てしまうから、まあ、濡れちゃうんですけれど、長靴で仕事、というところではないので、まあ、いいかな。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/15155293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by takanao32 at 2012-05-01 12:18
1ミリにこだわりたい!分かります!!!
美しくないですよね〜

モン族の刺繍もかわいいですね。
フランス刺繍とも違う立体感が素敵です〜
Commented by eastwind-335 at 2012-05-03 08:28
takanaoさん、おはようございます。
そうなんです。大雑把なくせに、お気に入りのものについてはこだわってしまう私としては、1ミリがどうしても・・。でも、良いノートなので1ミリに目を瞑ってしまうのです。

モン族の刺繍は絵本にもなっているそうですよ。立体感が独特でしょう?日本でデザインさせているのかと思ったら、彼らのオリジナルなのだそうです。絵心のある民族のようです。
by eastwind-335 | 2012-04-30 10:59 | 日常 | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る