マイルで親子旅行ができるといいな

久しぶりに無料航空券を出してもらうことにしました。

といっても、私がチミチミ貯めているマイルですので、ドドーンとヨーロッパへ!なんてほどではありません。
最初はeクーポンにしてしまおうかと思ったのです(本日までだったら、12000マイルが18000円相当に充てられるので)。でも、ソウル行きも9月だったら、まだ今でも無料航空券でも空席がある様子。最初は以前から約束していた母の分だけ頼むつもりでしたが、そうなると父が可哀想。父は(いまのところ)この夏はどこも行かない、というので、じゃあ、親子で一緒の日に行けることを願って、3人分発券してもらいました。

両親は家人をそっちのけで良いのか気を揉んでいましたが、いいんです。彼は「ソウルはもういい」と言ってますので013.gif(怒)。それに家人とは夏に現地集合現地解散旅行を別途計画中037.gif(笑)。

で、昨日の母の一言
「あのね、東風ちゃん、わかっていると思いますけれど、ホテルはね・・・」
うわー、1泊で私の4泊分ぐらいの予算のホテルの名前を挙げてきます。
そこからチムジルバンに行くことは可能なのか・・・。近くにチムジルバンあるのかしら?それから、やっぱりハッピーサンデー(1泊2日)も心ゆくまで観たいなあ・・・。バカ笑いしている姿を両親には見られたくないので、どうしようというのが目下の悩みです。

いや、希望通りに有休がとれるのか?!そこが一番の問題です。

さて、両親と私、似たモノ親子で、ただぶらぶらウィンドショッピングをすることができないのです。母は江南のオシャレな通りを歩きたい、とソウル旅行を扱う旅行番組を見るたびに電話をいれてきますが、人疲れするというか・・・体質として無理だと思います。まして、父なんか一緒だったりしたら・・・。どこかのカフェに放置しておくのも一つだけれど(笑)、父はそういうところでは落ち着かないハズ。
なので、イベントをいれておかねば!
もし両親と一緒に行けたら、父とは北岳山の城壁めぐりをしたいし、母とは何か一日教室に行ってみるのもいいかな、と思ってます。となると、ちょっと長い滞在にしておかなくちゃね。外国人バスで全州旅行っていうのもいいかな?京東市場は外せないし。個人的にはいつもの利用駅ではなく、もう一駅向こうから歩いてみたいと思ってまして、これもまた、両親抜きでとりあえず下見が必要かな。

そういえば、昨日の夕方の民放のニュースで、日本人狙いの韓国人女性スリの逮捕が報道されてました。南大門市場での彼女たちの犯行の様子が紹介されていました。韓国は、取り調べ中の犯人への直接インタビューが可能。みんな上着を頭から被って答えてますね。犯人は「円高で日本人は現金をもっているから」と説明してました。で、狙われていたのが斜め掛けバッグを後ろに回していた日本人女性。

一緒に見ていた家人が「あー、これは狙われちゃうよねえ」と。日本だって暮れのアメ横は要注意なのに、年中アメ横状態だろうと想像できる(初ソウル以来、行く機会に恵まれないのです)南大門市場でそれはないでしょう・・・。
しかし、いつ私だって同じ被害に遭うかわかりませんので、気をつけなくては、と思いました。いや、どこの国でもそうですけれど。だから、ブログの旅行記に載せているように、私はどの国でも同じバッグにしています。小脇でばっちり押さえられるショルダーです。
あとは、やっぱりお金を持たないことなのかな、持っていないように見せるというか・・・。
手を伸ばされて財布とわからないものにしてます。
a0094449_9145537.jpg小さなファスナーのついた袋を後輩がかかわっているボランティアグループのバザーで買ってるので、それを使うことが多いかな。右のが後輩のところで買ったもの。小銭入れに使ってます。海外の小銭は重たいけれどこれは地がしっかりしているので大丈夫。革製のものはカナリア諸島で見つけたもの。カードをいれておきます。

a0094449_9213481.jpgこれはお札入れかつレシート入れ。どこの国のお札も折ることなくスムーズに収まる(大きすぎることもなく!)ので便利。帰国後、レシートの整理をすると(単に捨てるだけですが)その間から小さく折りたたんだお札が出てくる、マジックな(え?)袋です037.gif。なので、レシートも一枚ずつチェックして捨てるようにしてます(当然?)

治安が悪い国の場合にはジップロックの時もあります。恥ずかしゅうない、恥ずかしゅうない・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/14956327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2012-03-31 07:58 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る