vsヘルタ戦を見てます

垣根の垣根の曲がり角、たき火だ、たき火だ、落ち葉焚き♪と歌っているのか、試合開始前からスタンドでたき火をしていたヘルタファン。
ガオラの解説をしてるモリシマは「いやあ、盛り上がってますよね」と言ってましたが、あれは盛り上がってじゃない、ヤンパチな気分のはず、と察しながら、ワタクシは「あーたたち、夜に火を点けたら、おねしょしちゃうわよ」と画面に向かって必死に呼びかけておりました。

いや、ラジオでもあっけなく1点目が入ったと思いましたが(それでも9分ぐらいだったけれど)、なんというのでしょうか、ミュラーが1点目を決めた時のラジオの雰囲気を思い出しました。
「え?あれ?入った?」みたいな感じでしたよ。
リベリ、リベリとわーすか言ってるうちに、ミュラーが決めていたという感じ。
テレビもそうだった。

もうさあ、ヘルタはどうしちゃったわけ?!?!
オットルくんのおっとりぶりは予想通りでしたけれど、ヘルタの他の選手もなんかおっとりしちゃってる・・・。
パスミスはするは、走らないわ、追いつかないわ・・・。
オットルくんはそれなりにテレビに映るけど、いっつも「クルクル」。昔もっていたオルゴールを廻るバレリーナのような感じ。あー、頭で考えてから身体に指示を出すまでの回路が手に取るようにわかるオットルくん。ワンステップ踏んでから方向転換するとか、まるでどんくさい私を見ているような気がします。むむ?足が長すぎるのでしょうか・・・。いや、冗談でなく、ひざ下がとっても長い気がします。

前半41分のオットルくんの惜しいアシスト(結果としてはオフサイドだったしね)も、なんか、ツーステップ横に飛んでからボールに触るような、はっきりいって「ムダ」な動きが否めず・・・。

ラジオでは、プランちゃんが入ってきたとき、すごい声があがっていて、バイヤン側の応援なのかなと思ったわけですが、やっぱり、かなりのバイヤンファンがベルリンに来ていたようですね。
アウェーなのかホームなのかわからない・・・って感じでした。

ラファエルのイエローによってバイヤンがPKを得ることができたのはひょっとしてオットルくんの妙なパスミス?
そしてここでジャンケンポンでFKを蹴るのを決めたわけですね。Sportbildでもバッチリ紹介されていたジャンケン。勝っているチーム視点では「お茶目」でしょうけれど、贔屓無しにみたら、なんか「やーなー感じ」という気がしなくもなく。
a0094449_21343678.jpg

そんなことしたトニクロ、サッカーの神様の鱗3枚抜きのような気がします。バチがあたってEM前に怪我しちゃうんじゃ?いやいや、罰(ばち)は仏教の考え方かな?
勝ってホッとした試合だけど、個人的には非常にイヤなものを見せられた気がします。

勝ったのは本当にうれしいんですけどね・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/14890851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2012-03-19 23:06 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る