だれもかれも心配(追記あり)

負け癖がつき始めたバイヤン・・・。心配になります。
でも、カントクが変わるとそういう時も、HPを読んで「ムカ」とこないのですから、ドイツ語にも血が流れているように思えます(笑)。

今日はラムたんブンデス250試合目ですから、是が非でも買ってもらわねば!

バイヤンも心配ですけれど、出停明けのオットルくん、ヘルタのHPによればスタメンには入れてもらえなかった様子・・・。こちらも心配よ~。

試合まであと1時間ほど。
私はBSで放送中の韓国雑貨を紹介する番組を見ています。母も同じのを見ているはず。手芸好きな母のハートをばっちりつかんでいる最中ではないかな、と思います。出演者は婦人雑誌の韓国特集のコーディネーターとして、また料理研究家としてもよくその名前を見かける崔智恩さん。私も彼女のソウルの美味しいお店を紹介した本『スローフードのソウル案内』を持ってます。
ポジャギ作家さんも白磁作家さんも私にとっては決して初めてではありません。テレビを見ながら「この雑誌で見た」「あの雑誌で取り上げられていた」と家人から「専門図書館でも開くわけ?」とからかわれている雑誌の山からごそごそ引き抜いては確認します。最近では『Kunel』のソウル特集でも紹介されていた建築家でありポジャギ作家であるキム・ドフンさんへの取材のために、番組では電車で1時間ぐらいの郊外にでかけたことが紹介されていました。『Kunel』では韓国の一女性の生き方として彼女が取り上げられていたけれど、案外、有名な人なの?、と思わずにはいられません。

・・・というか、確認した雑誌は崔智恩さんがコーディネートしているものばかりでした。つまり、私にとってはこれまで読んできたものを「音声付で見た」という感じでした。作品や登場する作家さんたちの雰囲気がより立体的になって伝わってきたからよかったけれど。
以前は韓国特集といったら若い方向けで、彼女たちがとっかかりやすい「安い」「美味しい」という飲食店、洋服屋、化粧品がメインだったけれど、「ヨンさま+るるぶ」(!)とは縁はないスタイルの中高年向けの雑誌は「高いけれど、価値のある工芸品」「同世代の主婦が使っている食材」「予約したほうがよい高級店」じゃないと、納得できないですよね。つまり、そういう引出がたくさんあるのが崔さんなのだと思うのです。

この1年、本当に韓国を特集する雑誌が増えました。40代以上も読む雑誌で特にそれを感じます。その分、コーディネーターの引出の多少で左右される感がなきにしもあらず・・・でして。

今月の「スッカラ」でまったくの民間人のお宅の紹介を読んだのですが、初めて感がなし。この中年女性、見たことあるよ~と思い出すと、「え?この人って先月発売だったKunelにも出てた人じゃん!」とでした。これもコーディネータが一緒(というか、コーディネーターのシウトメさまになる方を取材している)。切り口が違うからこれもアリかな?仕方ないかな、と思いました。・・・いくらなんでも、ネタには限界があるしね~。読んで興味をもってもらうには、特徴(インパクト)のある同じ人を取り上げざるを得ないのかな?
でも発売日が2か月そこいらしか違わないとなるところに2度も同じ市井の人がでてくると、正直興ざめ気持ちにも。

あ、私が行ったことのある広蔵市場が。あ、ここ歩いた!と思いながら番組を見ています。
私も次は陶磁器を買いたいけれど、我が家、食器棚小さいから入らないわね。
眠い・・・・。バイヤンの試合、睡眠応援になっちゃうのかしらん。

追記(3月11日)
あんまり眠いので、見終ってお布団に直行したので文章が中途半端になってしまいました。
バイヤンの試合はFCB.Radioを点けっぱなしで睡眠応援状態に・・・。始まる前の「南の星」の繰り返しが睡眠導入をますます促進し、あと5分で試合が始まるというのに寝てしまいました。土曜出勤すると、夜が辛いです・・・。いや、疲れていようといまいと、お布団に入って身体が水平になったら即座に寝入る体質だっていうのが、いけない。
でも音が聞こえれば目が覚めることもあるのですけれど・・・。特に今日はホームの試合だから、実況アナも遠慮しないで声を挙げるし。なのに、長いこと寝入ってしまいました。
ふと目が覚めたらテレビは「1泊2日」でオムテンさんが一番獲得賞金が少なくてがっかりしている場面。そしてラジオの音が聞こえないので、試合終了かな?とあわてて卓上のPCのバイヤンのサイトを見に行くと・・・・、試合途中でアドビのフラッシュが破損したようで、音もライブティッカーも一度切れてしまってました。そうなれば目覚めるはずもなく(笑)。

運が良かったのはまだ70分の時点だったことで、

7-0のバカ勝ち状態
ミュラーに代わってコブタちゃん参上!


というところでした。あー、ラジオでスタジアムの雰囲気を感じたかったよ~。
ヘルツリッヒ wieder kommenでした!コブタちゃん!きゅん子さん、号泣かな?

試合自体は7-1で終了。めでたい、めでたい、という口調のニュースが、勝っただけあってさっさと日本語版にもあがってましたよ(わかりやすい)。

でもねー、なんというか、ムニャムニャな相手に7点(ゴメスがハットトリック!)入れて大騒ぎじゃなくて、勢いのあるチームに勝つまたは引き分けるということが今のバイヤンには必要なのであって・・・。
CLでこの調子、というわけにはいかないでしょうけれど、お願いだから絶対に失点せず(失点の時点でマケも同然だし)、攻撃的にドンドンいってくださーい。
ドンドン行って、といっても、個人でボールを持って行って、自分ひとりじゃダメだとなったら思いだしたように味方にパスするんじゃなくて、個人でボールを持って行きながら考えて味方にゴールを決めやすいボールをだしてくださーい!ロッベンさんへ。
まあ、コブタちゃんとラムたんとでうまくボールを差配するっていうのが、このチームが上手く行くコツだと思うんですけれどね!

そして、本日のオットルくん情報。
ヘルタ崖っぷちなんですよねー。監督とフロントが上手くいってないようで、シーズン途中に交替。さらに新しい監督もクビ。3人目の監督(違う?)は今日の試合にポジションをいじるという大胆なことを!そういうチーム状況で3試合も離れたオットルくん。スタメンからは外され、スタベンスタート。リハビリ(途中出場)もなく・・・。ニーメーヤーは出してもらえてる・・・ってことは、定位置確保に一からやり直しって感じ?
残り試合は少ないので、オットルくん、おっとりしてると、次のスタメンは来シーズンなんてことになりかねません!怪我で離脱じゃなかったのですから、早く使ってもらえるといいけれど、新しい監督、オットルくんのこと評価しているのかなあ・・・・。
そして、試合自体は、後半66分、76分とケルンから二人も赤が出て(なんと二人目はポ王子!スポーツマン精神にのっとってない、という理由で。何があったの?!)ヘルタもKobiashviliが76分に黄色から赤に変わった(スポーツマン精神にのっとってない)とはいえ、1名ほど数的有利になっていたのに、前半36分にケルンのクレメンスが決めたTorをケルンが死守。
つまりヘルタの負け。

ポ王子の一発赤はKobiashviliと揉めたためのよう。ポもEMに向けて調子を上げて行かなくちゃいけないのに、3試合も休むのは・・・・。007.gif

3わ”か+メルテくん、つまり、WM06以来の父ちゃんの実子たちがちゃんとしてなくちゃいけないんだから!頼みますよ~029.gif
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/14836573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2012-03-10 22:34 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る