ラムたんの隣は誰になるのかしら

バイヤン恒例ドバイキャンプがはじまりまーす。

コリアンダーさんのところに写真がupされていて、なんか、ちょっとさみしくなりました。
だって
だって

ラムたんは今年は一人になるんですよぉ~。
いつもバスでも飛行機でも練習中でも隣にいたオットルくんはいませーん!!!!!

去年からゴメ蔵がそこの席は狙ってましたケドね(爆)。そのゴメ蔵はバカンス先から直行だそうで。

日本語版HPの柱にあるドバイ行の飛行機に乗り込む御一行を映したFCB.tvはログインなしで見られるショートバージョンだったようで、ラムたんが映ってませんでした。「え?え?え?カピテンなのにそんな扱い?」と新年そうそう涙目になった私です。ドイツ本家版からFCB.tvに入って、ロングバージョンを見ても長いこと出てこない。
カピテンってものは孤高よね。
と思ったら、ようやくようやく!!!
私が好きなちょびヒゲなしラムたんだったし。

でもやっぱり、ラムたんの後ろに本当は背高さんなのに1ラム単位状態になっているオットルくんが映りこまないのは本当に寂しいです。

実は昨日、家人から「HDDを整理するように!」と厳命され整理を始めました。大抵はすぐにDVDに落とすのですが、むしろ、2年ぐらい前のものがちょこちょこ残ってまして・・・。畳の下の古新聞状態で、「あら、こんなドラマも録画してあったんだわ」と懐かしく早回し。やっぱりLaw & Order ICはいいなあ。ゴーレン、上手いなあ。カッコいい俳優が出てこないでも台本がよければこんなに良いドラマになるのよね~。日本の刑事ものなんか見られなくなっちゃうわ~とデカい独り言を言いながら早回し、そして削除。
うちの夫も「佳い」というチェ・ガンヒが主役だった、そして私が地味に声が良くていいと絶賛しているイ・ソンギュンが相手役の「my sweet ソウル」(もっと評価されてもいいドラマだと思うのだけど!)も1話だけ残してました。そうそう、この回はすごく好きな回なのでした。盛り上がりの少ないドラマなのですが、それでも地味にポイントになる回がこの回なのです(って一人熱く語ってどうするのか)。
ソンギュンさんの声はいいなーとかブツブツ言っていたその頭上で家人が「EM08がまだ入ってるっていうのがさ・・・」と。EM08のためにテレビ環境を整えたんだったわ、もうこのテレビも4年ちかく我が家にあるのね~と軽く流したヨメに「EM12が始まるまでにEM08をDVDに落としておくように!」と厳命が下りました。でも画像が荒くなっちゃうし。自分のブログを読み返しても、やっぱりEM08は消せない・・・(「消すんじゃなくて、DVDに保存しとけ、って言ってるだけだ!」と家人)。
さらには、「うわ、ポ王子がいるときだよ~!」「うあー、ルカトニだあ」と一人盛り上がってしまうシーズンのバイヤンの試合も残っていたりして。カーンの引退会見もまだHDDにあるんです。でもDVDに移すなんて、カーンには狭すぎる気が(違)。
HDDにはたった3分の番組なんですが、ラムたん特集の録画も。これはちゃんと録画してすぐにタイトルを付けておいたものです。まだ、カピテンとか、そんな話はまーったくなかった時。WM06の大会第一号Torについての彼の思いを語る番組(Sony提供のサッカー番組)に私何度もリピートしちゃいましたよ。
家人が「ああ、君のラムたんだねえ」と。
実は、顔を繰り返し見てるんじゃなくて、繰り返し繰り返し純粋に足元だけを見ていた私。あの時のプレーって本当によかったですよね。あの大会は第一試合が始まるまで中立を決め込んでいた私でしたが、あれでドイツ代表だけを応援しよう、顔と名前を一致させようって決めたぐらいですから。ボールさばき、選手を避けるステップ。「もうもうもう(ため息・・・)。上手すぎる」と家人にどこがいいかを新年から熱く解説!
いまだって、変わらないステップ。
年代別日本代表のみなさーん、イニエスタよりラムたんよ、見習うべきは!
フリンクサーを振り切ってティモのところに飛び込んだあのシーンもよかった。
というように、あの時はゴールを決めたラッキーボーイとして意識して見始めたラムたんでしたが、大会中、1試合、1試合と見続けるうちに、彼がボールをもったら大丈夫、と思いながらドイツの試合を見ていたんだよね~と思い出す私。本当に本当にラムたんの足元はなんであんなに正確なんでしょう。いつみても、彼に対する思いはそこにあるんです。

あれ?孤高のカピテンについて語るはずだったのに・・・。
本当にキャンプの写真がないなんて!!ラムたんは今チームで立場が悪いんでしょうか?27枚もあったSportbildのバイヤンキャンプinドバイの写真にラムたんはたった1枚だけ。
しかも、ボール出しをしてる下級生みたいな・・・。
a0094449_11335148.jpg

ラムたんのほうがロッベンより1歳年上なんですけれどねー。

そんなバイヤンの様子を見てるファン。
すごいですねー。一人なのに熱い!
a0094449_11512261.jpg


さて、オットルくんは、クリスマス前にヘルタTVの取材で、ヘルタバスにのって在独ベトナム人?Minh Khai Phan-Ti女史とベルリン探索へ向かった模様。そういえば、ずいぶん昔、オットルくんがFCB.tvでおねーさまみたいな女性レポーターと仮想デートみたいになってましたよね(遠い目)。
a0094449_11463741.jpg


そんなオットルくん、DFBポカールでのカイザースラウテルン戦でもがんばっていた模様。
a0094449_1150329.jpg

動かないのが特徴のオットル君。後半シーズンもがんばってもらいたいです!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/14315676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2012-01-03 11:51 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る