いそがしいからこそお弁当

この2週間、出勤すれば残業という毎日。
先週は想定してあったのですが、今週は予想外残業ばかり。
おまけに後輩チャンたちのチューターとしての山場でもあり、自分のこと、他人のことでぐるんぐるん。

「とよたぷれぜんつふぃふぁくらぶわーるどかっぷかいさいちゅう」だってコトすっかり忘れちゃってた。

イニエスタの銀座線参上写真を見た時、マジで「いいなー、楽しそうで」と思いました。
ま、私だって2週間前は京都の休日だったんですけどね。

その時の御土産であった京人参、小海老ちゃん(小海老芋)、結局、今週の月曜に煮物となりました。味付けはレシピ通りにしたところ、家人から「味は普通だけど、食材の味がよく伝わって美味しい」という褒められてるんだかなんだかわかりにくいお言葉を。私としては小海老ちゃんがうまく炊けたのが嬉しかったです。

月曜にまとめ調理するつもりで色々な野菜を買ってしまい、少し焦ってます。週末は芋三昧となりそうです。獲りたてとろろ芋なんかもあって、傷みませんように、と毎朝心配しながら袋を覗きます。
一方、1週間で食べきるつもりで作り置きしておいた小さなおかず(たとえば蕪の葉を炒め煮したものなど)を、私が気づかぬうちに家人が食べきってしまい、帰宅して軽く食べたいと思って、もしくはお弁当を作ろうと早朝に冷蔵庫を開けると「やや?、ココにいれておいたアレは?」と唖然とすることも。057.gif
そこから慌てておかずを作り出すので、お弁当のために遅刻ギリギリになることもあります(汗)。ファンデーションをつけないで、本末転倒と反省しながら職場に滑り込むときも。お弁当仲間には結構そういう人がいて、部署が違う方は上司から「お弁当なんか作るヒマあるのか」と言われたそうです。
a0094449_750965.jpg

うちなんて、家人の強い希望だからおにぎりだけ持たせているのですが、弁当箱に詰め込まれたおかずの一部(特に卵焼きとかね)が自分のためだけに調理されたものだとわかると「よくもそんな手間をかけて」なんて言われることもあります。卵焼きなんて簡単なのに。
特に、お子サマたちの定期試験が終わってお弁当から解放される働くママたちが増えるこの時期。
子ナシ弁当組はツラいよ。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/14182032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2011-12-16 22:35 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る